ストローク

「フォアハンドストロークに悩み始めたら、一人前」だからこそ、身体全体を使った打ち方に!

目次

「フォアハンドストロークに悩み始めたら一人前」

そういう言葉を聞いた事がある。

 

「フォアハンドストロークに悩み始めたら、一人前」だからこそ、身体全体を使った打ち方に!

 


 

バックハンドよりもボールをラケットに当てやすく、ボレーよりもストロークの方がラリーとしては優しいので、まだ体全体をスムーズに使えない初心者にとって、右手一本(左利きは左手)で器用に当てて返球出来るフォアハンドストロークは皆最初、頼りになるショットと思っただろうね。

でもこの「右手一本で返球できる」という楽チンな条件が逆に落とし穴になり、ある程度は器用に返球出来るが、ショットの成長は他のショットに比べて少ない場合がある。

バックハンドやボレーなんかがどんどん出来るようになって、ショットの質が成長し始めてきたのに、フォアハンドストロークは最初に手だけで誤魔化して返球する事を覚えてしまったから、どうしても手先で器用に返すことしか出来ないのだ。

そういう「返球出来るが誤魔化してしまう」、というフォアハンドストロークで悩んでいる人は大抵、ショットの準備が遅いのと、体の向きが正面向き過ぎていることが多い

最初に右手一本だけで返球してたから、どうしても右手しかボール来た時に反応してくれない。

その分どうしても体の向きが正面気味になりやすくて、しっかりスウィングのフォアハンドストロークになりにくい。

しっかり振れないと当然回転もかけ辛くてアウトも増える。

正面向きだと横振りになるから、左右のコントロールも定まりにくいしネットもしやすい

すると余計にラケットが振れなくなる。

そういう不安が積み重なると、「ボールをよく見なきゃ」と思って、バウンドするまでジッと見てから準備してしまう癖が付き、結局準備の遅いフォームが固まってしまうのだ。

重要な事は「体全体を使う」ということである。
 



 

体全体とは、まず足!

オープンスタンスとクローズスタンスで異なるが、軸となる足でしっかり地面を踏んで蹴り上げることを覚えよう。

足を使おうとすると準備も早くなるし、身体の向きも作りやすいので左右へ打ち分けるコントロールも楽になる。

しかも上に蹴り上げるからラケットもしっかり持ち上がり、スムーズに回転を掛けられるし、ネットにも引っ掛かりにくくなる。

テニスって最初「ミスしないように」って思って、手打ちのショットを覚えやすい。

そうなると段々上達して来た時、その器用な手打ちショットから脱却しなきゃいけなくなる。

フォアハンドストロークは特にそれがあるから、皆も常に体全体、特に足を使った打ち方を意識して練習しておこう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    力強くストロークを打ちたいなら、横向きキープでボールを押すタイミングを作ろう!

    力強いストロークで、試合をリードしていきたい、押していきたい。…

  2. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合こそ、「ロブの技術には精度」が求められる、その理由とは?

    シングルスの試合、強い選手の特徴って、どんな部分が目立ちますか?…

  3. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく

    「これからトレーニングを頑張ります!」そう言ってきた高校生の選…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの逆クロスストロークは、「しっかり振り切る」から試合で使える武器になる!

    ストロークにおけるアナタの武器、何ですか?私は昔から、フォアハ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    試合で必要な「相手バックハンドに高く弾むスピン」に対応する為に、必要な4つのポイント

    ストロークのラリー戦で、厄介なこと。人それぞれでしょうが、誰で…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    一昔前に流行った、「肘からテイクバックするフォアハンド」は、華やかなようで難しい打ち方です

    現代テニスで変わった点の一つに、フォアハンドストロークがあります。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    「足元のボレー」を磨けば、もっと前にチャージできる
  2. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークのラリー戦、基本は「フォアハンドのグリップ」でしっかり構えよう
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で勝ちたいなら、「リターンの前衛の選手」は大きな声でセルフジャッジ…
  4. ストローク

    テニスの試合で、「スライス回転がしっかりかかったボレー」を返球する為に、必要なス…
  5. テニス メンタル

    ストローク

    ベースラインにいて、「相手がネットに出て来ると力が入ってしまう・・・」人が意識し…
PAGE TOP