戦術

打った方向に自分自身で、プレッシャーをかける方法

目次

良いショットを打って、すぐに安心してしまう人。

これ、結構多いですよね。

男性の方で、自分のショットに酔ってしまっている人は、たくさんいます。

これに気付けないと、試合で上のステージには進めない。

だって、相手にプレッシャーがかかっていないんですから。

 

打った方向に自分自身で、プレッシャーをかける方法

 


 

1.ネットプレーの基本、です

自分が打ったボールに、自分で詰めていく。

プレッシャーをかけていくことは、特にネットプレーでは大事になります。

打って終わり、になっていたら、そのボールがどんなに良いボールでもダメ。

テニスは、相手コートには入れませんがネットに近付くことは出来る。

自分が打ったボールの方向、に向かっていくだけで、次に相手は返し辛くなる。

この基本、大事ですよ。

 

2.自分が打つコース、は自分で分かる

打った方向に詰める、ことは出来ます。

なぜなら、自分で打つコースを決めているから。

右に打つ、と分かっているのは打つことが出来るアナタ自身、だけです。

だからこそ、誰よりも早い出足でその打つ方向へ詰めていくことが出来る。

自分が打ったボールに、味方のパートナーがプレッシャーをかけてくれると思ったら大間違い。

どんどん、自分自身で、自分が打ったボールにプレッシャーをかけていかないと。

人任せ、ではポイントは取れません。

 

3.ダブルスで使えるパターン例

ダブルスで使えるパターン、確認してみましょう。

一旦は攻めていても、カウンターを喰らってそこからまた挽回していく例、です。

まずリターンから相手を攻めて・・・。

沈めてポーチ!理想的な展開!

でも、相手に拾われてロブでカウンターを喰らってしまうことに。

何とか返すも、相手前衛に捕まります。

甘い返球を、相手の足下に打ってチャージをかける!ここからが、今回のテーマです。

しっかりと打った方向に詰めるから、相手もプレッシャーを感じてくれる。

相手が避けようとしてサイドアウト!打った後の動きで取ったポイント、ですね。


YouTube公式チャンネルに、登録お願いします



4.ボレー自体も、リラックス出来る

私がこれを推奨するのは、何よりリラックス出来るから。

前に詰めよう、と意識出来ればそのボレー自体も、精度が上がります。

一発で決めよう、という意識は無くなるし、「詰めて決めれば良いんだ」と思えますからね。

ネットプレーで一番しんどいのは、「このボールで決めないといけない」と思うこと。

それって驕り、です。

相手が構えていればそう簡単には一発で決まらない、それがダブルスですから。

 

5.打った後の動作、こそテニスの実力

如実に反映される、真の部分。

打った後の構え、動作、ポジショニングは、テニスでは嘘がありません。

その人の実力、なんですよね。

例えその前のボレーが入らなくても、入った後の動作がしっかり出来ているのか。

前に詰めて、プレッシャーをかけているかどうか。

これは、アナタ自身常に自分に問いかけてみて下さい。

 

打ったボールに、自分で責任を持つということ。

打ったボールに、更にパワーを与えていくということです。

打って終わり、な人がなんと多いことか・・・試合では、すぐにその隙を突かれます。

ぜひ、練習から意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    試合に勝つためには、やることが多い・・・?むしろ逆だと私は思います

    試合に勝つために、何をすべきなのか・・・。このサイトでも、何だ…

  2. 戦術

    テニスが上手い人のトスは、何が違うのか?

    サーブのトスが安定しない、そもそもどこが悪いのか分からない・・・という…

  3. テニス

    戦術

    「自分は何を強化して来たのか?」を、試合前に再確認しよう

    いつもT-PRESSを読んで頂き、ありがとう御座います。改めま…

  4. テニス メンタル

    戦術

    「挽回っ!」という言葉だけ出す癖、負け癖への第一歩

    テニスの試合会場でよく聞く言葉。ダブルスの試合で、ペアと一番掛…

  5. テニス メンタル

    戦術

    試合で自分が不利になったときに、本気で頑張れる人は少ない

    だからこそ、なんです。チャンスは実は、試合の終盤にある。…

  6. 戦術

    持っているショットを、マネジメントするのがテニス選手

    テニスの試合、1セット待ちなら30分から1時間くらい。だいたい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    何かを変えることは、過去の自分を否定することとは違う
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに近付けば近付くだけ、動作がシンプルでコンパクトになる
  3. テニス 練習

    その他

    テニス部に一枚、「小さなホワイトボード」を用意して部活を始めてみよう
  4. メンタル

    人生にもテニスにも、最善というものは無い
  5. テニス ストローク

    戦術

    初心者の方でも5分で覚えられる、テニスの試合で大切な序盤の戦い方
PAGE TOP