テニス テニスボール

テニススクール

強くなりたいなら、テニススクールを居場所にしてはいけない

テニススクールで、テニスを頑張るみなさん。

ちょっとだけ持って欲しい意識、として今回はまとめてみたいと思います。

厳しいようですが、これこそ生徒であるみなさんと向き合う優しさ、でしょう。

試合に出て勝ちたいのであれば、こういう視点は大事です。

 

強くなりたいなら、テニススクールを居場所にしてはいけない

 


 

1.緊張感、はそこにあるか?

テニススクール、もちろん楽しいのは第一。

でも、試合に出ているみなさんなら、もう気付いているでしょう。

緊張感のある練習、が出来ないと、試合では厳しい。

ただ気持ち良く打つ、ミスしても何のプレッシャーも無い、そんな環境で打っているボールは、なかなか試合では入らない。

緊張感、を上手く持って練習が出来るかどうか、が大事。

テニススクールの所属しているクラスが、「居心地の良い居場所」になっていては、上達は難しいと思います。

 

2.仲間を倒す意気込み、をスクールにも持ち込もう

私は、自分がコーチとして担当していたクラスでは、どんどん競争してもらっていました。

生徒さん同士でも、競ってもらう。

少し、緊張感が高まるくらいで、ちょうど良い。

こういう雰囲気を、嫌がる方も多いと思いますので、一概に決めるのは難しいかと思いますが。

仲間の中で、勝った負けた、が無いと試合で勝つのも難しくなる。

試合と練習が、かけ離れてしまうので、当然ですね。

レッスンの中でも、一緒に練習する仲間を倒すくらいの意気込み、で挑まないと。

ただダラダラとラリーだけ、になってしまいますよ。

 

3.テニススクールは、卒業していくもの

これも、賛否両論、あると思います。

私は、テニススクールも学校として、どこかで卒業していく場所、だと思っています。

自分の実力が付けば、クラスが上がっていく。

そして上級クラスの中でも、ある程度の時期を過ごしたら、卒業していく。

そしてまた新しい環境で、チャレンジしていく。

ビジネスとしては長く居続けてもらった方が良いのかもしれないですけど、やっぱりそれは本人の為にならない。

マンネリ化した関係、に未来は無いですからね。

卒業してもらう、させる為に頑張るという視点が、テニススクールにも必要だと私は思います。

 

居心地が良い居場所、私だって欲しいです。

でも、それってテニス以外のところで求めていく方が良いと思うんですよね。

テニスにおいては、自分の中で厳しさを求めていく。

テニススクールも、そういう場であって欲しい。

だって、その方が本気になれて楽しい、ですから。

私はそう考えながら、これからもテニススクールでテニスを頑張るみなさんを、応援し続けていきます。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス ガット

    テニススクール

    「張るガットはコーチにお任せで」は、卒業していきましょう

    ふと、先日テニススクールでの一コマが気になりました。ある程度テ…

  2. テニススクール

    テニススクールの中級クラス、を目指すなら必要な要素5つ

    テニススクールで、初球クラスから中級クラスへのステップアップを目指すみ…

  3. テニス メンタル
  4. テニス 練習

    テニススクール

    テニスを習って上達しやすい人、しにくい人の違い

    テニススクールや、プライベートレッスンでも。定期的にテニスを…

  5. テニススクール

    コーチの意見と自分の意見、迷ったときは・・・?

    テニススクールやプライベートで、コーチからテニスを教わっているみなさん…

  6. テニス 上達

    テニススクール

    コーチが楽しまないで、どうやって生徒がテニスを楽しむ?

    私がアルバイトコーチの頃には、よくこう言われたものです。「もっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    ストロークでショートクロスが上手く打てない人は、「自分の背中の方向に打球を飛ばす…
  2. フットワーク

    一番試合が多いオムニコート、の戦い方ってどうですか?
  3. その他

    相手の声に、惑わされるな
  4. 戦術

    相手から時間を奪う、その打ち方は?
  5. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが入って、「安心する一瞬の隙」を無くしていこう
PAGE TOP