テニススクール

意味があると感じられることしか、人は記憶に残らない

これはテニス以外でも、そうですよね。

人の成長って、こういう背景がないとなかなか無い。

強烈に変わる、そのきっかけはいつも「その人の記憶に刻まれるかどうか?」にかかっていると思います。

意味があると本人が感じれば、記憶に残るし行動も変わる。

でも感じなければ、記憶に残らないから何も変わらない。

例えば、テニススクールがその際たるものじゃないですか?

先週のことを忘れている、のが普通

毎週のようにスクールに通う。

そんな方は読者のみなさんの中にも多いと思います。

私もコーチ時代そんな方を受け入れてきましたし、もちろん通ったこともあります。

ですが、実際はどうでしょうか。

学校という名前は付いてますが、まぁ先週言われたことも忘れてますよね。

コーチ自身も、忘れてるかもしれません。

理由は簡単、「そこに意味がある」と感じられないからです。

意味があることだ、必要なんだと思えば、人は記憶することができる。

そうじゃなければ、そんなに記憶力は働かないですよね。

例えばボレーが入らなくてアドバイスを受けても、本人がそれを本当に「必要なことだ!」と感じなければ来週も何も変わらない。

そしてその次の週も、その次の週も…。

という感じが、普通だと思います。

コーチに求められることは?

コーチ目線で考えると、どうでしょうか。

テニススクールの生徒さんが上達していくこと、それを目指すのが本来の姿ですが実際には難しい。

色々な目的の方もいれば、意欲の差もある。

でも、私が大事だと思うのは「この練習、技術が必要なんだな」と生徒さん自身に自覚させることだと思います。

それこそ、「意味のあることなんだ」と気付いてもらう。

そして記憶に刻んでもらって、自分の中でテーマにしてしっかり意識して練習する。

よくあるミスマッチは、「何で変えなきゃいけないのか?」を生徒さん側が理解していない、納得していないケース。

これを減らしていくには、まずコーチ自身が「その人がどんなテニスをしたくて、何を求めてテニススクールに通っているのか?」を考える必要があります。

とても難しい仕事です、実際には。

でもここを乗り越えないと、ずっとミスマッチのままで上達しない、アドバイスしてもしても変わらない…という感じが続いてしまうんですよね。

テニスの価値を上げていく為に

「そんな難しいことは考えず、ただボールを打っていたいだけ…」という人もいますよね。

それも楽しい、テニスのやり方の一つです。

でも、やっぱり上手くなりたいじゃないですか。

出来なかったことが出来るようになる、人ととのつながりが増える、試合にも挑戦していける。

こういう段階に入っていける方を増やしていくことが、テニス界の発展にもなるはずです。

今回このテーマで書きたいと思ったのは、やっぱりテニススクールの多くの方が漠然と悩み、コーチも悩み、悶々としているような雰囲気を感じるから。

人の記憶に一切残らないようなテニスレッスン、やっぱり寂しいじゃないですか。

でも最高の指導があれば良いかといえば、そうじゃない。

いかに本人が「これが必要なんだな」と納得して、記憶に刻んで日々のテーマとして持てるか。

自分で考えられるようになり、それで上達出来れば本当に自立したテニスプレイヤーになれる。

こういう道筋を立てていくことが、やっぱりテニスの醍醐味ですよね。

テニススクールは、まだまだ面白くなる!

そんな企画を、これからもT-PRESSでは発信していきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス テニスボール

    テニススクール

    強くなりたいなら、テニススクールを居場所にしてはいけない

    テニススクールで、テニスを頑張るみなさん。ちょっとだけ持って欲…

  2. テニス センス

    テニススクール

    省かれた言葉を、見つけ出せ

    何となく、アドバイスの理解が遅い…。もし、ご自身でそう感じて…

  3. テニス サイト
  4. テニス メンタル

    テニススクール

    スクールなのに自分で考えなくて良い、それが日本のテニススクール

    それが、普通だと思ってしまう。これが、一番私は危険なことだと思…

  5. テニス メンタル

    テニススクール

    「誰かから指導されている」というレールを、外れる覚悟を持とう

    テニスは誰かから、習うもの。もちろん、最初はそれで良いと思いま…

  6. テニススクール

    西葛西でのプロ選手のレッスンで感じたこと

    先日、コナミスポーツ西葛西でのプロテニス選手のイベントにご参加頂いた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの深さは、ネットのどの高さを通すかで調整しよう
  2. テニス ミス

    ストローク

    テニスの試合で、「相手をストロークで左右に振り回したい!」にこだわっていると、結…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブが入ったときには、「コートの内側に1歩」入って攻撃態勢を整えよう…
  4. テニス スライス

    ストローク

    チャンスと思ってスピンやフラットで打ち込むの、スライスに変えてみない?
  5. その他

    アナタの部活に、「悪いプレーをしっかり指摘出来る」人はいるだろうか?
PAGE TOP