テニス 練習

テニススクール

テニススクールで上達が早い人は、他人のアドバイスも自分のこととして聞いている

目次

テニススクールで頑張っている社会人、学生の皆さん、読者の方の中でも多いと思います。

高いお金を払っていくのに、なぜかあまり上達しない・・・と悩んでいる人は、ちょっとこういう意識を持ってみると変わります。

テニスは、人と対戦する競技。

だからこそ、なんでも人に興味を持って、自分のこととして考えてみるって大事です。

 

テニススクールで上達が早い人は、他人のアドバイスも自分のこととして聞いている

 


 

1.90分で300球くらいしか打てない、それがテニススクール

最初にウォーミングアップして球出し、ラリー、試合形式・・・。

この流れで、ほぼ90分くらいの時間がテニススクールの基本レッスンですよね。

打てるボールの数は、ほぼ300球前後。

この中で上達していく、しかも自分自身がアドバイスをもらえるのは3分くらいのコーチとのラリーだけ。

まず、現実的に考えてみましょう。

90分をフルに活用するには、「コーチが他人に与えるアドバイス」にヒントがあるはずです。

 

2.レベルが同じくらいなら、テニスの課題も近しいはず

同じクラスでレッスンを受けているのであれば、ほぼ自分と他人の課題は近しいはず。

共通するアドバイスは、多い。

だからこそ、アナタはラリー中のちょっとしたボール拾いの時間や待ち時間に、コーチの他の人へのアドバイスに聞き耳を立てることが大事です。

きっと、コーチも人によって接し方を変えたり、同じアドバイスでも言い方を変えているはず。

「あ、この人にはこういう言い方なんだ」とか、気付くことが大事なんです。

何より、きっとアナタにも必要なアドバイスがその場でなされているはずです。

聞き逃すなんて・・・もったいないですよ。

 

3.同じクラスの仲間を観察してゲーム形式で勝つ、ことが試合への一番の近道

まず、同じクラスの仲間に絶対に負けない。

この意識、ラスト数分のゲーム形式でも大事です。

その為には、コーチがどういう感じで接しているのかを見ておくのは大事。

きっと試合で、「この生徒さんはこんな感じだから、ここが苦手なんだな・・・」というのも分かりますよね。

人に興味関心を持って、テニスのラリーが出来るようになると一気に上達します。

ぜひ、周りの人からまずは着目してみて下さい。

きっと、勝てるはずですから。

 

テニススクールの是非、色々あると思います。

でも大事なのは、どんな場所でも自分次第、フル活用していけるかどうかです。

コーチがイマイチ、生徒がいけてない・・・なんて考える暇があれば、他人のアドバイスを聞いて自分のものにしちゃいましょう。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. ラジオ番組、始めました!
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技

    テニスの試合で使える技、必ずしも練習で習得できるとは限らない。…

  2. テニス シングルス

    テニススクール

    「趣味としてスクールでテニス」も良いけど、部活で頑張りたいその理由について

    今日は初めて、西部ドームに野球観戦に行ってきました。埼玉県にあ…

  3. テニス メンタル

    テニススクール

    「誰かから指導されている」というレールを、外れる覚悟を持とう

    テニスは誰かから、習うもの。もちろん、最初はそれで良いと思いま…

  4. テニス メンタル

    テニススクール

    テニスコーチに教わっている人は、コーチの本音を引き出そう

    今回、アンケートにご協力頂いた方の中で、約1/4はテニススクールでテニ…

  5. テニス メンタル
  6. テニス メンタル

    テニススクール

    どんなに凄い技術や経歴を持っていても、全てのテニスコーチは「信頼」から始まる

    4月から新しい仕事、テニスコーチとして働き始めた方もいるでしょう。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝つには、「サービング・フォー・ザ・セット」を乗り越えないといけな…
  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニスの素振りは、高い打点で行うことが大事
  3. リターン

    サーブ&ボレーが得意な相手には、「慌てず足元へのディンクショットとロブ」…
  4. 日々の雑記

    知るということは、自ら動くということ
  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、これが必須の黄金パターン
PAGE TOP