テニス メンタル

メンタル

周りに同調を求めても、良いことは無い

最近、私自身が感じること。

T-PRESSの活動も早5年以上になりますが、これをすごく大事にしています。

もちろん、多くの人から賛同は得たいし、評価されたいですよ。

でも、それを求めて何になるのか。

結局、どこにでもあるような記事や動画しか作れないと思うんです。

周りが必要としているであろうことを、後はもう、自分の感性で自分勝手に作って良い。

万人が良いと思えることなんて、何の価値もないですから。

とにかく日本人は「同調」が大好き

違いを作らない、認めない

もちろん、テニス界だけの話ではありません。

日常生活からずっと、こんな感じですよね。

周りと違うことを、基本は良しとしない。

時代は変わった、表現の自由と言っても、結局は周りと同じじゃないと気持ち悪い。

周りと違うことを認めない、みんなが同じ意見になる方が素晴らしい、と考える。

いや、全然こっちの方が危ないと私は思いますけどね。

「人と違うこと」を認めない文化って、私は日本中のいたるところで見られる現象だと思います。

例えば、電車内での携帯電話

数日前に、電車に乗っていてこんなことがありました。

かなり空いている電車だったんですけど、電車内で普通の音量で通話している男性がいて、それをすごく叱責している男性もいて。

まぁ個人的にはマナー違反ではあるけど、でも空いてる電車だし、そもそも人が会話しているくらいの音量だから…良いのでは?とも感じました。

でも、許せないんでしょうね、きっと。

周りと違うことをしている、という他人が。

マナー違反と言えばそうですけど、別に誰かに迷惑をかけている訳じゃないのに。

でも、日本でこれはNGになってしまう。

周りと同じことをする、それが求められる空気がありますから。

陰口だって、同調文化

「私はAさんが嫌いです、だからアナタも、Aさんを嫌いになって欲しい」

こういう会話、陰口って基本はこの形ですよね。

知らず知らずのうちに、周りに自分への同調を求めていく。

そうしないと落ち着かない人、多いじゃないですか。

私だって、陰口を言うことはあります。

でも、他人が自分と同調しなくても、そこは気にしない。

そうしないと、ずっと終わらないですからね。

みなさんも、ちょっとだけ胸に手を当てて考えてみて欲しいんです。

なぜなら、こういう会話で全て自分自身の性格や、テニスまでも形成されていくから。

私は、そう考えています。

他人に期待しない、自分に期待する

ずっとその方が、楽

試合でも、そうだと思います。

対戦相手のミスを期待する、パートナーのナイスショットを期待する…のって、疲れないですか?

そして、責任転嫁の要因になりがち。

周りに同調を求めないようになると、自然と主体性が生まれて「期待する」ことが少なくなるんです。

自分自身には、期待しますけどね。

他人がどうとか、周りがどうとか、そういう余計な考えをシャットダウン出来る。

こういう人は、テニスの試合でも自分の世界を持っているから強いんです。

操作出来るのは、自分だけ

結局、他人は変えられない。

同調してもらったとしても、本心かどうかは分からないですしね。

一時の安らぎなんて、幻想です。

結局、操作出来るのは自分自身。

これをしっかり持っていれば、同調なんて求めなくて良い。

自然と、共感してくれる人がいれば、寄り添えば良いだけの話。

周りに同調を求めている自分に気付いて、テニスから変えてみる。

自分に期待して、日々の練習を頑張ってみる。

これだけで、必ず強くなれます。

T-PRESSは、同調を求めません

どんな意見があっても良いし、それに対する反論があっても良い。

T-PRESSから発信していることは、常に賛否両論。

テニスがより良くなる、試合に強くなる為の議論のきっかけやヒントになれれば、充分なんです。

ですから、これからも私自身の言葉で、率直に書かせて頂きます。

私なりに、読者のみなさんをイメージしながら。

これからも。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    なぜテニスプレーヤーは、スランプに陥るのか?を考えてみる

    真剣にテニスに取り組む人ほど、スランプという問題は付いて回る。…

  2. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの試合で格上選手を相手にするとき、中盤に感じる「満足感」は最大の敵になる

    ちょっと、イメージしてみて下さい。大事なテニスの大会、目標にし…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    試合の後には反省だけでなく、「ポイントが獲れたパターン」も客観的に確認して次につなげましょう

    試合後に、皆さんの話を聞いていると反省の弁が多い。すごく意識高…

  4. テニス ダブルス

    メンタル

    「絶体絶命の場面」をしっかり乗り切れるテニス選手は、頭の中でこう考えている

    テニスの試合の中では、絶体絶命のピンチがある。ブレークポイント…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスをやっていて「対戦相手にコンプレックスを抱く」のは、自分の長所を理解出来ていないから

    テニスで試合に出ていると、どうにも自信が無さそうな選手が目立つ。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    人がプレッシャーに負けるとき、それは大抵「自分のイメージを守りたい」と考えるときです

    皆さんは試合の中で、プレッシャーに押しつぶされそうになった経験、ありま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    ハイボレーをいつもふかしてアウトする人は、「テイクバックのときに膝が伸びない」よ…
  2. 戦術

    打てる側のアドバンテージを、活かせてる?
  3. テニス メンタル

    戦術

    「見てないフリをして見ている」が効くから、テニスでは周辺視野が欠かせない
  4. テニス知識

    テニスの試合に、不文律はあるのか?
  5. テニス ストローク

    ストローク

    風が強い日にストロークの打点を落とすとダメな理由3つ
PAGE TOP