テニス 試合

メンタル

自分と違う考えを認められない人は、テニス選手としてまだまだ未熟

テニスを長く続けていると、色々な人と出会います。

そして、色々な考え方に触れる、それが楽しいんですよね。

だからこそ、学生から社会人のみなさんにも、ぜひ意識して欲しいことがあります。

テニスをしている仲間だからこそ、しっかり考えて欲しい問題。

他人を知れば、自分も知れる。

それが、テニス選手としての成長につながっていくと思います。

 

自分と違う考えを認められない人は、テニス選手としてまだまだ未熟

 

1.自分と違う考え、に触れるのがテニスの醍醐味

私自身、たくさんの人と出会って来て、本当に成長させてもらいました。

その成長を感じることが出来たのも、最近のこと。

当時、まだ学生の頃は「何で俺のこと分かってくれないんだー!」と、躍起になってばかり。

たくさん仲間と衝突もしましたし、毛嫌いしていた人もたくさんいました。

でも、いざテニスをするとなると、「なるほど、コイツはこういう考えだから、こういうプレーなのか」と考えるようになりました。

それも、ただ純粋に勝ちたいから、だったんですけどね。

テニスを通じて、人を知る。

それから、「こういう考え方もあるんだ」と知れたことは、本当にありがたい経験だったと思います。

 

2.他人を認めると、テニスの試合も楽になる

実際に、嫌いな人もたくさんいました。

でも、「この人は考え方が違うだけ」と考えるようになると、ある種試合が楽になるんですよね。

「コイツ、一体何なんだ・・・」と思いながら試合をしていると、本当しんどいじゃないですか。

そうじゃなくて、相手を知ろうと必死になる。

もちろん、考え方に同調する必要は無いですけどね。

相手を知って、認めるだけで、テニスの試合は楽になる。

これが出来ない人が、ずっと試合で勝てない人、なんだと私は思います。

 

3.自分の未熟さは、全て試合で表に出ていく

私自身、たくさん経験してきました。

今回のテーマも、そうですね。

「コイツだけは絶対に認めない!」と思っている相手に限って、負けてしまうんですよ。

それって、自分が未熟だから・・・と気付くのには、随分と時間がかかりました。

気付いてからは、他校の選手でしたけどあえて話しかけてみたり、嫌いでしたけど一緒に練習しようと誘ってみたり。

そうやって一緒に時間を過ごしていくと、やっぱり変わってくるんですよね。

考え方は違うけど、テニス選手として認めて、試合で切磋琢磨していく。

これは、学生のみなさんに限った話でも無いと思います。

社会人、シニア、主婦のみなさんにも、大事な視点だと思いますよ。

 

4.アナタ自身、思ったことは発して良い

これを、最後に書きたいと思います。

テニスについて、人生について。

大袈裟な話と思わずに、何か思うことがあれば周りに話してみる。

つい、「自分の話なんて、興味無いよな・・・むしろ、嫌われるかも」と、思ってしまいますよね。

そんなことは無いはず。

いや、もし反発してくるような人がいても、それはアナタ自身のチャンスでもある。

なぜなら、アナタ自身が「異なる意見と接する機会」が増えるから。

自分と考え方が違う人が、世の中にはたくさんいる。

それを知ることも、テニスを通じて私たちは実現出来る。

どうでしょう、ちょっとラッキーだと思いませんか?

 

精神的な成長無くして、テニスの成長無し。

精神的な成長って、結局は「自分以外の考えを持つ人を、いかに認めることが出来るかどうか」だと思います。

大人になってから、でも遅くないと私は思いますよ。

私自身、まだまだこれからです。

このサイト、T-PRESSを通じて、たくさんの方の考え方に触れて、成長していきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    「テニスの団体戦も、結局は個人競技?」いいえ、違います!

    テニスの団体戦、皆さんは経験したことがあるでしょうか?高校生の…

  2. メンタル

    テニスの試合の後半が不安なのは、「アナタ自身が試合を創り上げていく気持ち」が無いからだ

    試合は序盤が大事、と何度も書いてきました。ですが、それと同じく…

  3. メンタル

    自分が何をしたいかよりも、「何を求められているか」について考えれば、まだまだテニスは強くなります

    皆さんは、「こういうテニスがしたい!」というイメージ、ありますか?…

  4. テニス ストローク

    メンタル

    シード選手との対戦は、「的当て大作戦」でノンプレッシャー!

    何度も対戦相手をチェックして・・・と、私は書いてきました。それ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「テニス部内のレギュラー決めで、先輩と試合することに・・・」そのとき、どう戦うべきかを考える

    テニス部に所属した経験のある人は、経験がある方も多いんじゃないでしょう…

  6. メンタル

    ミスの根本の原因は、相手に対する恐怖心にある

    人は、何かに恐怖を抱く時、焦りが生じる。これは、テニスでも私生…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス リターン

    ストローク

    ストロークでショートクロスが上手く打てない人は、「自分の背中の方向に打球を飛ばす…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブでビビってしまう人は、トスを自分から打ちにいくこと!
  3. テニス 守備

    フットワーク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「コート全体」を守る必要はありませ…
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    話やLINEが長い人は、大抵テニスも何がしたいのかよく分からない
  5. テニス フットワーク

    サーブ

    リターンでポジショニングを前に取ってくる相手には、「センターへの厳しいサーブ」は…
PAGE TOP