テニス メンタル

その他

マナーが良い選手は、大事な試合に勝てない?

先日、私の周りでこんな議論がありました。

「マナーが良い選手は、大事な試合で勝てない」と。

相手に良い印象を与えるよな優しい選手は、コートという戦場では弱みにしかならない、という感じですね。

これって、本当にそうでしょうか?

私自身、ちょっと考えさせられました。

そして、一つの結論を出してみました。

私は、「マナーが良い選手こそ、本当は強いし結果も出せる」と思いますよ。

 

マナーが良い選手は、大事な試合に勝てない?

 

1.マナーが良い選手って、どんな選手?

テニスで言えば、まずはセルフジャッジですね。

しっかりクリーンにジャッジ出来て、カウントコールもしっかり出来る。

相手を思いやりながら、試合を進めていく。

どうでしょう、みなさん。

私はこういったことがしっかり出来る選手の方が、相手だったら「嫌」です。

だって、すごく余裕があって強そう、プレッシャーに感じるじゃないですか。

実際に、テニスの試合でマナーが良い選手は余裕があるんですよ。

細かいところでの仕草、が自然でナチュラルに気持ち良い。

でも、それ以外のところでしたたか、なんですよね。

 

2.相手を揺さぶるのは、インプレー中に限る

「でも、相手をイライラさせるのも実力じゃない?」という声もあるでしょう。

実際に、テニスの試合会場ではよく見ますよね。

 

・サービスエリアに入って、邪魔する前衛

・声を出して威嚇する選手

・セルフジャッジでインをアウトにしてしまう

 

こんな選手、みなさんも対戦したことあると思います。

ここで大事な考え方としては、こういう行為でポイントを稼ぐ、勝てる相手は「限られている」ということです。

自分と同等、くらいの相手なら、もしかしたら勝てるきっかけになるかも知れませんね。

でも、同時にアナタ自身は大きな信用を失い、試合後に軽蔑されて終わりです。

精神的な揺さぶりは、テニスではインプレー中に行うこと。

前衛でフェイントを入れたり、しっかり相手にプレッシャーをかけることは、プレーの中でやっていくのが一番。

そこは容赦なく実行していく、のが強いテニス選手です。

 

3.闘志溢れるプレーは、私も大好きですが

私自身、テニス選手として闘志は大事にしているつもり。

でも、試合の最初から最後まで大声を出しているような選手、にはなりたくない。

だって、「声を出すこと、闘志を見せること」だって、大事な作戦の一つですからね。

限りある体力、本当に「ここぞ」という場面ではしっかり声も出すし、ガッツポーズもする。

この方が、メリハリがあって良いじゃないですか。

マナーが悪い選手は、試合中ずっと大騒ぎして周りからも変な眼で見られる。

とても強い、結果を出せる選手には思えません。

むしろ、マナーが良いとされているような選手が、試合の後半、4-4 30-30 のような場面でポイントを取って、闘志をむき出しにしていく。

そっちの方が、私は強い選手だなという印象があるし、実際相手へのプレッシャーにもなるでしょう。

 

4.マナーが良い選手こそ、結果を出していくのがテニスです

私は、恐らく経験上みなさんよりも多くの選手を見てきました。

一般からジュニア、ベテランからシニア、プロ選手まで。

審判として、レフェリーや大会運営者として、色々な立場で関わって来た中で、「マナーが悪いけど、強い選手」はほとんどいませんでした。

実際に、ちょっと気難しい選手やメンタルの上下動が激しい選手はいましたけどね。

でも、マナーが悪いということは、結局自分に自信が無いんです。

自信がある選手は、マナーが良い・・・というか、それがテニス選手として当たり前のこと、という意識が強いんですよね。

だから、当たり前のように普段やっていることが、自然と周りがマナーが良いと感じてくれる。

余計な力は使わないで、試合の中で使う力を温存しておける。

私はみなさんに、そんな選手になって欲しいと願っています。

 

マナーが悪い相手に負けると、本当に腹が立ちますよね。

でも、それこそまさに、アナタ自身が成長する種、なはず。

目の前の試合、少ない利益の為だけにマナーが悪い選手になっても、大きな損を被って終わるだけ。

このことだけは、覚えておいて下さいね。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス ダブルス

    その他

    絶対的なエース選手がいないチームが、「団体戦を勝ち抜いていく為」に必要な意識とオーダーとは?

    新学期、色々な学校で新しいチームが始動しています。新入生の受け…

  2. テニス アクセス

    その他

    2016年も残りわずか・・・ということで、「人気だった記事TOP10」を公開します

    いつも、T-PRESSをご覧頂きまして、ありがとう御座います。…

  3. テニス ストローク

    その他

    テニスが楽しい、と思えている時は成長期

    自分の練習が、苦しくても楽しい。この楽しい、という感覚、最近は…

  4. テニス セルフジャッジ

    その他

    テニスの試合中に、「熱中症かも知れない・・・」と気付くべきシグナルは、必ず知っておきましょう

    「こんな時期から、熱中症の話?」と思った方、もしかすると試合で痛い目を…

  5. その他

    「コーチとの出会いに感謝」本当にテニスを強くなるのに必要なアドバイスとは?

    俺の今までのテニス人生は、色んな人からコーチしてもらって成り立っている…

  6. テニス ボレー

    その他

    試合でよく見る、「相手前衛がサーバーを妨害する行為」はどこまで許される?の問題について

    ダブルスの試合で「この相手マナーが悪いな・・・」と感じるときは、どんな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスの練習では、「何を身に付けていつ使うのか?」を常にイメージしよう
  2. テニス ロブ

    練習メニュー

    ボールをコントロールして、「相手を前後に動かす」為の練習メニュー
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスのテニスの試合で、「左右に大きく走らされたとき」に必要な返球意識4つ
  4. メンタル

    2-5ダウンの場面でも、「3セットマッチなら次のゲームは大事」その理由について
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスでのスマッシュは、「積極的に自分の足で打ちに行く」ことで、守備範囲は拡げら…
PAGE TOP