テニス メンタル

その他

テニスにおいて、「仲良しチームから勝てるチームになる」為に必要な、週に一度のミーティングを考えよう

テニス部で頑張る皆さん、何か悩みはありませんか?

きっと細かい悩み、尽きないと思います。

小さいことでも、何かわだかまりを抱えていると、正直上達にも支障をきたしてしまう。

部活内で、何か「言いたいこと」があれば、それを整理しておくのも大事な上級生の役目。

週に一度は、30分で良いのでミーティングの場を設けてみてはどうでしょうか?

きっと続けていくことで、成果を上げることが出来るはずです。

 

テニスにおいて、「仲良しチームから勝てるチームになる」為に必要な、週に一度のミーティングを考えよう

 


 

■ミーティングを実施しているテニス部は、意外と少ない

色々な学校のテニス部に訪問したり、お会いしたりしてきましたが、意外と少ないのが「ミーティング」を実施しているチーム。

大きな大会の前であればやる、という部はあるようですが、週に一度くらいのペースで実施している学校は数えるほどでしょう。

「だって、何やれば良いのか分からない・・・」と思っている方、まずは考えてみましょう。

どんなミーティングにすれば、チームにとって有益になるか。

中学生、高校生の皆さんなら十分、考える力はあるのですから。

 

■チームの方向性を確認し、自分たちを「知る」ことが大事

まず大事なのは、自分たちを「知る」ということ。

「自分たちのこと?そんなの分かってるよ・・・・」と思っている方、本当にそうですか?

自分たちを客観視するのは、情報が必要です。

練習や試合の動画、そして試合結果の細かい数値、について皆で共通認識を持つことが出来ないと、「この練習は何の為にやっているの・・・?」となってしまう。

ぜひ、1年生から上級生まで、感じていることをオープンに話すことが大事。

そうすることで、練習のときには責任が伴う。

個人個人に責任感が生まれれば、きっとそのときには試合に勝てる、仲良し以上のチームになってくる。

「言ったことは、やらないと!」と主体性が生まれてくるので、テニス部にも活気が生まれてくるはずです。

 

■何かを「批判」しても良いけど、「対案」を用意しよう

当然、色々と不満も出てくるはずです。

そのときに、ぜひアナタも意識して欲しいのは、「○○はダメ、だったらどうするのか?」まで考えて発言して欲しいということ。

テニスを通じて、仕事や勉強にも活かせることはたくさんあります。

「ダメだったら、出来る方法」を考えていく。

練習コートが少ないなら、どうするのか?

試合経験が少ないなら、どう増やしていくのか?

こういう議論はきっと、部活内で積極的にやることでアイデアもたくさん出てくるはずです。

 

私は、堅く考える必要は無いと思います。

最初はまず、テニス部みんなで集まって、何かを話す場だけでも良い。

そこから、方向性をゆっくり決めていくだけでもやる価値はある。

仲の良いチームから勝てるチーム、になるには苦しいことをたくさん乗り越えていかないといけない。

その原動力になるのは、このミーティング。

皆が同じ方向を向いているのであれば、きっと辛いことも頑張れる。

そして目標を達成することが出来るはずです!

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. テニス リターン
  2. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合で知っておいて損は無い、「風下コートでの戦い方」について

    インドアのコートが増えてきたとはいえ、まだまだテニスは屋外スポーツ。…

  3. テニス ハードコート

    その他

    新学期に、「新入生から選ばれる理由」を考えてみよう

    3月も後半ですね。皆さんの中には、いかに来月に新しいテニス部員…

  4. テニス ダブルス

    その他

    テニスにおける一球の重みは、実はすごく分かり辛い

    テニスの試合、私はいつも危機感を覚えている。他の競技よりも、試…

  5. その他

    【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~15時 にて開催します…

    この度、初めて関西地区にて「佐藤・土居ペアに挑戦」の企画を実施させて…

  6. テニス メンタル

    その他

    「結果を出せよ!エリートも初心者も。」テニス部の部活動について

    「てにすまんプロジェクト」で色んな学校に訪問して部活の指導を行うように…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    素振りでも練習でも、「ラケットを振る回数はアナタの血となり肉となる」ことを忘れて…
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    厳しい練習とは、「通常の試合より相手が優位な状態」からスタートする練習
  3. テニス セルフジャッジ

    シングルス

    「相手のミスを引き出すポイント」と「攻撃していくポイント」を分けれてる?
  4. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの早い展開で使えるボレーは、「打ち終わりが高い位置で終わるボレー」に限る…
  5. メンタル

    自己肯定感、をコントロールしよう
PAGE TOP