テニス メンタル

ボレー

「絶対ポーチなんて無理だ・・・」と思う時ほど、実はチャンス!

ダブルスの試合で、こんな経験無いですか?

パートナーのサーブが入らないで、セカンドサーブも弱々しい感じになっていく。

相手は前に入ってリターン、クロスにズドンと打って前に出て・・・もう、万事休す。

こういう時にこそ、私はサーブ側の前衛の出番だと思いますよ。

だって、相手の立場に立ってみると・・・その理由が分かるはずです。

 

「絶対ポーチなんて無理だ・・・」と思う時ほど、実はチャンス!

 


 

1.良いサーブ → ポーチ?

でしか、動けない前衛の人って多くないですか?

私からすると、本当に甘えるなという話なんですよ。

良いサーブはリターンの力が無いから、前衛として出やすい、とでも思っているんだと思います。

つまりは、サーブが良くないと動けないということですよね。

それって、前衛にいる意味あると思いますか?

そういうナイスサーブは、前衛で触らなくてもサーブを打った本人でも充分に決まる可能性が高い。

良いサーブじゃないと動かない前衛は、試合では使えません。

 

2.絶対無理だ・・・と、きっと相手も思っている

弱々しいセカンドサーブ、これをリターンで狙っていく。

その選手は、何を考えていると思いますか?

「このサーブならクロスにリターンして、安心して前に出れるな・・・前衛も、動かないだろう」と。

つまりは、甘いサーブだからストレートをケアしているだろうと、そう考えているはず。

安心してクロスリターンから、押し気味に進めていくことを選択するはずなんです。

だからこそ、チャンス!

アナタ自身、前衛が先回りしてポーチに出る。

これがダブルスの醍醐味ですし、パートナーの力になるということなんです。

 

3.コツは、「先回り」

こういう相手が攻めて来る場面では、当然相手のポジションは前。

リターンも、タイミング早く打って来るでしょう。

ですから、いつも通りにポーチに動いても、少し遅い。

飛びつく感じで、良いボレーは打てないでしょう。

相手がリターンダッシュする、チャージしてくるような場面では、先回りが大事。

私は、いつもより早くスタートを切ります。

スタートを切る前から、ジワジワとポジションをセンター気味に寄せておく。

あえてクロスに打たせて、仕留める感じですね。

ラケットは当然、コンパクトに動かします。

相手が強打してチャージしてくる場面ですので、その力を使えば良い。

相手も意表を突かれる感じになると思うので、きっと慌ててくれますよ。

 

4.逆転の発想を、常に持つこと

「普通は難しい」と思う時ほど、アナタ自身のチャンスです。

普通の逆、を実践していくことが、アナタ自身の強さになる。

逆転の発想を、常に意識して下さい。

弱いサーブの方が、ポーチに出やすい。

相手が攻めて来る場面の方が、前衛の出番。

人と同じようにしていて、どこか安心していませんか?

それでは、今まで通りのアナタでしかない。

絶対に無理だ・・・という場面で、動ける前衛でありたいじゃないですか。

そうやって、パートナーのサービスゲームをキープに導いていきましょう!

 

相手が攻める瞬間、こそチャンス!

テニスは必ずネットを越えて、ボールを相手コートに運ぶ。

だからこそ、そこで仕留めれば逆転出来る。

決めようと思わなくて良いですよ。

決めようと思っているのは相手、ですから。

それを返すだけで、アナタ自身の立派な攻撃の完成です。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. ボレー

    ローボレーは、ボールを飛ばす角度を覚えればすごく楽

    低い位置でのボレー、それでも返球は甘くならないようにしたい。コ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    中級者にありがちな、「後ろにお尻が残る形のボレー」の改善策4つ

    「腰が引けてるよ!」というアドバイス、コーチからもらうケース多いんじゃ…

  3. ボレー

    相手が態勢を崩したら、前衛は動くのがダブルスの基本

    ダブルスの試合で、なかなかポイントが取れない方はこの基本を再度確認して…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスで4人がつなぎ合うボレーを打破するには、アングルボレーを使うしか無い

    ダブルスの試合、特に女子ダブルスですかね。40代以上のベテラン…

  5. ボレー

    「ネットにガン詰めしたボレー」とストロークのラリー練習、は試合を想定すると無意味です

    先日あるテニスコートで練習している風景を観て、感じた疑問。ボレ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「下がりながらの守備的なハイボレー」は、後ろ足をしっかり止めると安定する

    テニスの試合では、ストロークで粘るのが得意な選手は多い。そして…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス リターン

    ストローク

    逆クロスのストロークは、腕先よりも身体の向きでコントロール
  2. リターン

    ワイドへのスライスサーブは、「ゆったりリターン」が基本
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で厄介な「バックハンドが得意な選手」への対抗策5つ
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合の中で「ダブルスの前衛がポーチに出たとき」の後衛の動き、実は曖昧にな…
  5. メンタル

    「すごーく強い相手と対戦するとします」テニスの試合で相手の強さを受け止めて勝つ為…
PAGE TOP