テニス メンタル

ボレー

「パートナーのサーブが遅い!」だからこそポーチに出れる、逆転の発想とは?

ダブルスの前衛にいるときは、ボレーも得意だからたくさんポーチに出たい!

と気合いを入れても、パートナーのサーブ力が弱くて動けない、ストレートをケアしてしまう・・・という経験、ありませんか?

特に女性のダブルスですと、セカンドサーブはゆっくりのスピードでリターン側が有利になりがちですよね。

そこは、逆転の発想で「遅い」サーブを活かす道を考えてみましょう!

 

「パートナーのサーブが遅い!」だからこそポーチに出れる、逆転の発想とは?

 


 

■遅いサーブこそ、「前衛のフェイント」を効果的に使える

ダブルスのサーブ側の前衛の仕事として、リターナーにプレッシャーをかけることがまず第一。

いつでも自分が触ってやるぞ!という気持ちを、相手に伝えなければなりません。

プロ選手の試合を観ても、サーバーが打つ少し前から左右に動いてフェイントを入れているのがよく分かります。

こういったフェイントを入れることで、相手リターナーの視界に入ってミスを誘う、またはストレートに打たせて仕留める、という仕事をきっちりこなさないといけません。

サーブのスピードが遅いと、このフェイントで相手を揺さぶる時間が長く取れますので、有効です!

 

■リターンに余裕があれば、相手がストレートを抜きたがる可能性大

リターンに自信がある人は、ストレートアタックを得意にしています。

さらにサーブの速度が遅いと・・・結構な確率でストレートを狙ってくるかも知れません。

そこで前衛としては、あえて「スペース」を空けて罠を張って待ちたいところ。

ストレートへのどんな鋭いボールもネット近くで構えて待っておけば、必ず返球できるはず。

そこでストレートを塞いでおいて、じゃあクロスに・・・というポイントは、思い切ってポーチに出る!

リターン側が有利なようで、実は前衛が全部主導権を握っている、というような展開が理想ですね。

 

■遅いサーブでキープさせてあげれば、アナタ自身の自信になる!

「サービスゲームをキープさせてあげる」のは、前衛であるアナタの仕事です。

「サーブが遅いから・・・」なんて言葉は、言い訳にもならないのです。

むしろそのサーブでキープできれば、アナタ自身の自信になるはずです。

キープできるときは、きっとリターンを前衛のアナタが触っているとき。

つまりはリターナーとの駆け引きに勝っている、ということです。

 

アナタの頑張りは、きっとサーブを打っているパートナーにも伝わります。

「あんなに前で頑張ってくれたんだから、自分もしっかり動こう!」と思って、良い連携と信頼関係が生まれてくるでしょう。

ぜひこの機会に、フェイントや遅いサーブを活かすような作戦を考えてみて下さい。

遅いサーブはリターンが有利、という先入観は無くしていきましょう!

 

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    サッカー経験者なら、トラップ感覚でドロップボレーは完成する

    「めっちゃドロップボレー上手い!」と思ったこと、皆さんもあるはず。…

  2. ボレー

    バックハンドハイボレー、パンチ力を出して決めるコツは?

    試合の中で、バックハンドハイボレーを打つ時。ゆっくりした相手の…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「とにかく難しい・・・」両手のバックバンドボレーに悩む人へ5つの改善ヒント

    硬式テニスで特に難しいのが、バックボレー。女性であれば、両手で…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    全国のシコラーの皆さん、シコラーだからこそネット出ましょう!

    私は、最近常々感じていることがあります。ストロークが得意、ネッ…

  6. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの基本、「ラケットのセットを、打点少し上に早く」が出来れば、試合でも楽に打つコースを隠せます

    ストロークではコースを打ち分けられるのに、ボレーではなかなか狙ったとこ…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「年齢や男女問わず、試合で使えるスライスサーブ」は、トスの高さを少し低めに調整し…
  2. テニス ミーティング

    練習メニュー

    本物のテニスの練習とは、「他人の上達にも、責任を負う」ということ
  3. メンタル

    「自分の弱さを知らない」選手は、いつまで経っても強いテニス選手にはなれない
  4. テニス ハードコート

    メンタル

    試合でどうしようもなく緊張するときには、「結果は既に、決まっているもの」と考えて…
  5. スマッシュ

    試合で使える「回り込みスマッシュ」を成功させるコツ4つ
PAGE TOP