サーブ

サーブを今すぐ力強く、安定させるには…?

目次

意外と忘れがちな、サーブの基本。

ラケットの振り方の前に、持ち方、の部分ですね。

セカンドサーブになると、不安で崩れてしまう人も多いのでチェックしてみましょう。

素振りから確認しておくこと、が大事ですよ。

 

サーブを今すぐ力強く、安定させるには…?

 


 

1.手首の形を、崩さないこと

サーブを打つ時に、手首とラケットの角度、を変えないこと。

これは、基本です。

相当意識しておかないと、手首を使ってサーブを打つような感じになって、安定しない。

手首とラケットの角度は、準備からトスアップ、スウィングに入るまで変えないこと。

人によりますが、90度~120度くらいでしょうか。

自分で角度をしっかり意識して、準備、トスアップまで進むこと。

この意識が大事です。

 

2.形は決めるけど、リラックスして握る

リラックス出来ていないと、意味がない。

それがこのサーブでの手首の形です。

意識して、サーブを打つ時以外はラケットをくるくる回したり利き腕と逆の手で持つ。

そうして握力を消耗しないように、リラックスして待ちましょう。

サーブを打つ構えに入っても、強く握る必要はありません。

トスアップが始まる直前に、カチッと決めれば良い。

それでも、まだギュッとは握らないことが大事です。

 

3.打った後には、角度が崩れてもOK

あくまで私のコツですが、打った後はこの角度が変わって良い。

スピンサーブではラケットを持つ手の手のひらを外側に向けていきますから、角度を保つのが難しいですからね。

自然と180度、のような角度になっても良いでしょう。

90度、の角度で打点に入っていって、その後に手首を解放していく。

ただ、打つ前には角度を変えない、ことが大事。

打った後に、自然に開放していく、という意識で良いでしょう。

これでかなり、安定した力強いサーブが打てるはずです。

 

4.手首の形を意識しないと、サーブは安定しない

どんなにフォームを固めても、手首の角度が変わると意味がない。

それがテニスのショットです。

試合で緊張すると、つい手首の形を無理に変えてしまいたくなるんですよね。

置きにいく、入れにいくようなサーブ、になりやすい。

手首の角度を変えてしまうと、ずっとその調整で試合中はサーブが安定しない。

手首の角度を意識するだけで、サーブは力強く安定していく。

男性だけでなく、女性の方にも意識して欲しい基本です。

 

サーブって、毎回同じような動作、で打つショット。

でも、手首の形って意外と変えてしまいやすいんですよ。

固めておくことで、安定感も増すしボールに回転もかけやすくなる。

そして威力もアップしていくでしょう。

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ

    ダブルフォルト、皆さんは試合の中で最大何回くらい経験ありますか?…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    サーブの調子が悪い時は、決まってこうなっている

    サーブの調子が悪い時。それには、共通点があります。その…

  3. サーブ

    ポイントをリードした時には、サーブを苦手コースにも打って散らしておくこと

    サーブが上手い選手って、みなさんどんなイメージですか?強く速い…

  4. サーブ

    西岡選手おめでとう!でも、エルベ―ル選手も凄かった

    昨日は、台風の中でみなさん大変だったと思います・・・。ですがそ…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがどうも安定しない人は、「体重移動の幅を狭くする」ことで改善されるかも知れません

    サーブが安定しない人、悩んでいる人は何かを変えないといけない。…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    アナタのサーブの成長を阻害している一番の要因、それは「虚栄心」です

    サーブって、難しいですよね。テニスにおいて、唯一、自分で好きな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスが上達するに従って、「テニスの練習自体」も上達しているだろうか?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    今年は「アグレッシブスライス」でいこう!
  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを強化したいなら、「結論から入る」フットワークでいこう!
  4. リターン

    リターンダッシュで意識したい、ボールへの力の伝え方
  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスで「ダブルフォルト連発病」が治るかも知れない5つの改善策
PAGE TOP