ストローク

打つ瞬間だけ力を入れるから、ショットに切れが出る

ストロークでもボレーでも、これが大事なポイント。

腕力に任せてラケットを振っても、ボールに力は伝わらない。

打ち方、フォームも大事ですけど、私はこのタイミングがもっと大事だと思っています。

意外と、教わる機会無いですよね。

 

打つ瞬間だけ力を入れるから、ショットに切れが出る

 


 

1.いつ、グリップを強く握るのか?

私はいつも、ストロークを前に出す瞬間です。

前に出す時に、しっかり力を入れてグッと出していく。

それまでは、軽く握ってダラーンとしている感じ、で良いでしょう。

前に出す瞬間に強く握る始めて、その最も強い瞬間は、ボールが当たる瞬間、だけ。

本当に、力の入れるタイミングは一瞬なんですよね。

そうじゃないと、何時間も試合、耐えられないですからね。

 

2.どこに力を入れて、握ってる?

基本は、小指、薬指、あたりが一番です。

中指まで握って、しっかり支えてあげれば大丈夫。

親指と人差し指に力を入れると、上手くいかないんですよね。

自信が無いと、どうしてもラケットの上の方に力を入れたくなってしまうんですが、それでは安定しない。

思った以上に、ボールが伸びないと思います。

ボールの伸び、切れ味を生むのは、グリップを下から握って一気に加速させて打てるから。

この一瞬の加速、が切れ味を生むポイントになります。

 

3.打点を前で、しっかり手首を固めよう

グリップは緩く握っていても、この角度は一定に。

ストロークでもボレーでも、ラケットと手首の角度は一定に保つ方が安定します。

よくボレーの構えでダラーンとラケットを下に垂らしている人がいますが、これでは安定しない。

ラケットの先は立てて、いつボールが来てもそのまま打てる角度、を作っておきましょう。

ストロークの時も一緒です。

一定の角度でラケットを準備出来ているから、安定してテイクバック、打点まで入れるんですね。

 

4.ラケットを加速させるのは、この「握り込み」

「ここだ!」という感じで、攻めていきたいとき。

それはつまり、グリップをギュッと握る時です。

こうすると、腕は一瞬ですがしっかり加速する。

この感じ、が大事なんです。

腕を振ろうと思っても、ラケットは加速してくれない。

グリップを強く握ると、一瞬ですが20cmくらい、加速して動いてくれる。

この感覚を持てると、ストロークにも切れ味が生まれるでしょう。

握り込んでスピードアップ、ぜひ意識してみて下さい。

 

力む、のとはちょっと違うんですよね。

強く握りますが、精いっぱい、という感じでもない。

強く握ってどの程度ボールが飛ぶのか、強く打てるのか。

ぜひ、練習で実感してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    深いボールに振り遅れる人は、「ターンの速さ」の改善で強くなれる!

    試合に強い選手は、ストロークが安定している。安定感があるように…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの絶対的な基本「深いクロスへのストローク」を安定させる5つのポイント

    テニスコートは長方形で、ネットはセンターが低い。だからこそ、シ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスでヘッドが走るストローク」でキレ味の鋭さを増すのに必要なポイント4つ

    シングルスでもダブルスでも、テニスの醍醐味の一つはストローク。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークは、「インパクトと同時に曲げた膝を伸ばしていく」と威力が増しやすい

    両手でのバックハンドストローク、安定感はあるけどイマイチ攻撃力が無い・…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合のラリーでは、自分が打った後は「ボールでは無く相手」を集中して見よう!

    初心者の方と、試合慣れしている方。一番の違いは、打った後の意識…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    低い打点のストロークは、低いままで終わるから安定感が増す

    ストロークミスが多いとき、それは「低い打点」で打たされていることが多い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 戦術

    メンタル

    自分には応援してくれる人がいる、ということを忘れてはいけない
  2. ボレー

    シングルスで「いきなり相手がボレーに出てきても、慌てない!」正面への緩いショット…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおけるネットプレーで、「ショートクロスはネットに詰めることで、打たせない…
  4. テニス 練習

    シングルス

    「初めてシングルスの3セットマッチの試合を戦う」うえで、気を付けたい5つのポイン…
  5. テニス メンタル

    戦術

    何でも出来そうな時に、決断が遅れがちなのがテニスの試合
PAGE TOP