ストローク

打つ瞬間だけ力を入れるから、ショットに切れが出る

ストロークでもボレーでも、これが大事なポイント。

腕力に任せてラケットを振っても、ボールに力は伝わらない。

打ち方、フォームも大事ですけど、私はこのタイミングがもっと大事だと思っています。

意外と、教わる機会無いですよね。

 

打つ瞬間だけ力を入れるから、ショットに切れが出る

 


 

1.いつ、グリップを強く握るのか?

私はいつも、ストロークを前に出す瞬間です。

前に出す時に、しっかり力を入れてグッと出していく。

それまでは、軽く握ってダラーンとしている感じ、で良いでしょう。

前に出す瞬間に強く握る始めて、その最も強い瞬間は、ボールが当たる瞬間、だけ。

本当に、力の入れるタイミングは一瞬なんですよね。

そうじゃないと、何時間も試合、耐えられないですからね。

 

2.どこに力を入れて、握ってる?

基本は、小指、薬指、あたりが一番です。

中指まで握って、しっかり支えてあげれば大丈夫。

親指と人差し指に力を入れると、上手くいかないんですよね。

自信が無いと、どうしてもラケットの上の方に力を入れたくなってしまうんですが、それでは安定しない。

思った以上に、ボールが伸びないと思います。

ボールの伸び、切れ味を生むのは、グリップを下から握って一気に加速させて打てるから。

この一瞬の加速、が切れ味を生むポイントになります。

 

3.打点を前で、しっかり手首を固めよう

グリップは緩く握っていても、この角度は一定に。

ストロークでもボレーでも、ラケットと手首の角度は一定に保つ方が安定します。

よくボレーの構えでダラーンとラケットを下に垂らしている人がいますが、これでは安定しない。

ラケットの先は立てて、いつボールが来てもそのまま打てる角度、を作っておきましょう。

ストロークの時も一緒です。

一定の角度でラケットを準備出来ているから、安定してテイクバック、打点まで入れるんですね。

 

4.ラケットを加速させるのは、この「握り込み」

「ここだ!」という感じで、攻めていきたいとき。

それはつまり、グリップをギュッと握る時です。

こうすると、腕は一瞬ですがしっかり加速する。

この感じ、が大事なんです。

腕を振ろうと思っても、ラケットは加速してくれない。

グリップを強く握ると、一瞬ですが20cmくらい、加速して動いてくれる。

この感覚を持てると、ストロークにも切れ味が生まれるでしょう。

握り込んでスピードアップ、ぜひ意識してみて下さい。

 

力む、のとはちょっと違うんですよね。

強く握りますが、精いっぱい、という感じでもない。

強く握ってどの程度ボールが飛ぶのか、強く打てるのか。

ぜひ、練習で実感してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    打点が身体に近い時は、ラケット動作を止めてブロック返球を

    試合の中で、意外と多いのがボディ近くのボールの処理。ボレーでも…

  2. ストローク

    「フルスウィングでゆっくりね」しっかり振り切ることでテニスの試合で使えるストロークに

    強さを求めているとどうしても「速さが欲しい!」「パワーショット打ちたい…

  3. テニス 粘り

    ストローク

    肩を入れて逆クロス、にドロップショットを打ってみよう

    試合で上手く、ドロップショットを使っていきたい方へ。私は何度も…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    クロス方向へ振り抜くストロークは、ボールの横を捕らえるから安定する!

    ストローク、特にクロス方向へのショットは一番使うショット。シン…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本となる、バックハンド側に高く弾むボールを身に付けるコツとは?

    相手のバックハンドストローク、の高い打点は弱点である可能性が高い。…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールの処理は、スライスで変幻自在にコントロール

    スライスを使えるようになると、浅いボールの処理が便利になる。浅…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    「テニスを楽しみたい!」だったら、技術を身に付けないと
  2. テニス 上達

    戦術

    本当に疲れたときに出来るテニス、がきっとアナタの武器になる
  3. テニス 戦術

    ストローク

    テニスにおけるストロークの超基本「足を決めて振り切る」ことが、意外とできない4つ…
  4. テニス 錦織圭

    Q&A

    Q&A「バックハンドストロークが、片手か両手か定まりません・・・」
  5. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で使える、「リターンで有効なコース」4つ
PAGE TOP