テニス ダブルス

ボレー

ボレーの感覚を養えない人は、めちゃくちゃ緩く握って打ってみよう

ボレーの感覚が掴めない、タッチプレーが苦手と感じているみなさんへ。

これには、ちょっと大胆な練習、が必要だと思います。

ボレーの感覚を磨きたいなら、一度「強く握る癖」を無くさないとダメ。

気付かないうちに、力が入り過ぎて感覚が無くなっている、方が多いと思いますので。

 

ボレーの感覚を養えない人は、めちゃくちゃ緩く握って打ってみよう

 


 

1.強く握れば、感覚はなくなる

ボールを打つ、手のひらの感覚。

ガットからラケット、その先に手の皮膚を通じて、伝わって来る感覚、ありますか?

ボレーでこれを感じることが出来る人は、なかなか少ないと思います。

なぜなら、どうしてもみなさん「ギュッ!」と強く握ってしまうから。

強く握ると、感覚は養えない。

麻痺してしまって、良い悪いも分からなくなってしまうのが普通、なんです。

 

2.めちゃくちゃ緩く、握ってボレーしてみる

もう、本当にラケットが弾かれるくらい、の感じで。

ラケットを手のひらで包むだけ、ボールが当たる瞬間もそのまま、にしてみて下さい。

ボールによってラケットに加わる衝撃、がどれくらいなのかを知るには、これが一番。

この衝撃を、どう握ってコントロールするのか、がテニスでは大事。

実際に、握る強さって、本当に弱くて良い。

今、みなさんが手に持っているラケットは、昔よりもかなり反発力が強い。

だからこそ、握り過ぎてしまうと飛び過ぎたり、手に感覚が残らないんです。

 

3.握り込みの強さでボールの飛びが、どれくらい変わるのかを知る

実際の試合では、ボレーは長い、短いを打ち分けないといけない。

これは、どこでコントロールするのか。

私はいつも、握る強さである程度コントロールしています。

強く握れば深く、長く、緩く握れば浅く、短い。

こういう感覚を養う為にも、まずは緩く握ってみること、がボレーは大事。

そこから調整していけば、自由に使えるようになるはずです。

 

4.手のひらの感覚、言葉に出来ない感覚を磨こう

ボレーが上手い人は、知っている。

この良い当たり、感触というのを、自分の中に持っているんです。

だから、ナイスショットでも当たりが悪いと、怖くなる。

感触が良いショット、に近づける為に、試合の中でも調整していく。

ボレーは、今後間違いなくみなさんのテニスの中で主力になっていくショット、ですから。

手のひらの感覚を磨いていく、言葉に出来ない感覚を、しっかり意識して養っていきましょう。

 

まず、弾かれてみる。

ボレーの上達は、そこからです。

ボールが怖いと、つい強く握ってしまいますよね。

コントロールショットを、感覚で養っていく。

アナタの手のひらは、思っている以上に色々、感じてくれるはずです。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    脱・ネットプレー中級者、の為には「打った方向へ詰める基本」を再度徹底しましょう!

    ネットプレーはどうも苦手、という方は、ラケットワークに意識がいき過ぎて…

  2. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの長短の使い分けを、ミス無く打つ方法とは?

    自分が打ってるボレー、長さを上手く調整したい。ドロップボレーも…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス メンタル

    ボレー

    テニスのネットプレーがぎこちない人は、「肘をピーンと伸ばし過ぎ」ていることが多い

    ネットプレーが苦手・・・という方は、特に女性が多い。両手のバッ…

  5. ボレー

    ダブルスの試合で、「バックボレーだからポーチに出れない」という前衛発想は、もったいなさ過ぎる

    ダブルスの試合で、大事な場面。それはアドバンテージサイドでのポ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    毎回毎回、「前に踏み込むボレー」なんて、試合では無理です

    より、実戦的に考えるなら、ボレーはどうあるのが望ましいでしょうか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブは軸足でコートをキック!」して着地することで、しっかり縦回転がかかって安…
  2. テニス リターン

    フットワーク

    打った後に、ゆったり戻る・・・癖を直さないと
  3. テニス 気付き

    練習メニュー

    練習中のボールの拾い方一つでも、「ラケットワークの練習になる」ことを忘れない
  4. テニス 環境

    メンタル

    「試合に勝てる選手」になりたければ、テニスが上達すること、環境が変わっていくこと…
  5. サーブ

    テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある
PAGE TOP