テニス ダブルス

ボレー

ボレーの感覚を養えない人は、めちゃくちゃ緩く握って打ってみよう

ボレーの感覚が掴めない、タッチプレーが苦手と感じているみなさんへ。

これには、ちょっと大胆な練習、が必要だと思います。

ボレーの感覚を磨きたいなら、一度「強く握る癖」を無くさないとダメ。

気付かないうちに、力が入り過ぎて感覚が無くなっている、方が多いと思いますので。

 

ボレーの感覚を養えない人は、めちゃくちゃ緩く握って打ってみよう

 


 

1.強く握れば、感覚はなくなる

ボールを打つ、手のひらの感覚。

ガットからラケット、その先に手の皮膚を通じて、伝わって来る感覚、ありますか?

ボレーでこれを感じることが出来る人は、なかなか少ないと思います。

なぜなら、どうしてもみなさん「ギュッ!」と強く握ってしまうから。

強く握ると、感覚は養えない。

麻痺してしまって、良い悪いも分からなくなってしまうのが普通、なんです。

 

2.めちゃくちゃ緩く、握ってボレーしてみる

もう、本当にラケットが弾かれるくらい、の感じで。

ラケットを手のひらで包むだけ、ボールが当たる瞬間もそのまま、にしてみて下さい。

ボールによってラケットに加わる衝撃、がどれくらいなのかを知るには、これが一番。

この衝撃を、どう握ってコントロールするのか、がテニスでは大事。

実際に、握る強さって、本当に弱くて良い。

今、みなさんが手に持っているラケットは、昔よりもかなり反発力が強い。

だからこそ、握り過ぎてしまうと飛び過ぎたり、手に感覚が残らないんです。

 

3.握り込みの強さでボールの飛びが、どれくらい変わるのかを知る

実際の試合では、ボレーは長い、短いを打ち分けないといけない。

これは、どこでコントロールするのか。

私はいつも、握る強さである程度コントロールしています。

強く握れば深く、長く、緩く握れば浅く、短い。

こういう感覚を養う為にも、まずは緩く握ってみること、がボレーは大事。

そこから調整していけば、自由に使えるようになるはずです。

 

4.手のひらの感覚、言葉に出来ない感覚を磨こう

ボレーが上手い人は、知っている。

この良い当たり、感触というのを、自分の中に持っているんです。

だから、ナイスショットでも当たりが悪いと、怖くなる。

感触が良いショット、に近づける為に、試合の中でも調整していく。

ボレーは、今後間違いなくみなさんのテニスの中で主力になっていくショット、ですから。

手のひらの感覚を磨いていく、言葉に出来ない感覚を、しっかり意識して養っていきましょう。

 

まず、弾かれてみる。

ボレーの上達は、そこからです。

ボールが怖いと、つい強く握ってしまいますよね。

コントロールショットを、感覚で養っていく。

アナタの手のひらは、思っている以上に色々、感じてくれるはずです。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドボレーにパンチ力を出したい!」男性プレイヤーに試して欲しい打ち方とは?

    男性のプロテニス選手の試合を観ていると、特に一般プレイヤーとの差で目立…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    「強打しないボレー」こそ、アナタ自身が生き残る道である

    テニスに、柔らかさを求めてみる。これは、確実にアナタ自身のこれ…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    どうしても、「ボレーの独特の癖が抜けない」と感じている人に、試して欲しい7つのこと

    ソフトテニス、バドミントンなどを経験されて、硬式テニスを始められた皆さ…

  5. ボレー

    「とにかくボレーがネットしてしまう」人が改善したい5つのポイント

    せっかく前衛にいたり、シングルスで前に出てもボレーが苦手だと・・・それ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 準備

    メンタル

    「テニスノート」をつけるときに盛り込みたい要素とは?
  2. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前に自分の世界に入り過ぎる、人はきっと試合で勝てていない
  3. テニス ボール

    その他

    テニスの試合で「対戦相手にボールを渡すとき」に、注意したいマナー4つ
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    フェイントは大事だけど、それだけでは「本物のプレッシャー」になり得ない
  5. テニス 錦織圭

    その他

    私が改めて考えてみる、「錦織選手の強さは何か?」を紐解く7つのポイント
PAGE TOP