戦術

アナタの攻撃力を、今すぐアップさせる方法とは?

自分の攻撃力をアップしたい、試合で主導権を握りたい。

でも、もう自分の攻撃力をアップさせるのは、難しいかも…と。

実際は、そう簡単ではありませんよね。

でも、大丈夫です。

まだまだ、みなさんの攻撃力はアップさせることが出来る。

これは、まやかしでもハッタリでもありません。

簡単な方法で、本当にみなさんの攻撃力は上がりますよ。

 
 

やり方は、簡単だけど出来ないこと

攻撃的なショット、その後に…

良いポジションを取ること、それだけです。

「また、そういう話か…」と思わずに、聞いて下さい。

これ、出来ない人が本当に多いんですよ。

なぜだと思いますか?

それは、自分の攻撃的なショット、を自分で信用出来ていないからです。

バウンドを確認してから次、になってない?

試合に勝てない人は、こうなっています。

自分のショットを自分で信じ切れていないから、不安なんです。

自分のショットが、バウンドして入ったことを確認してから、次の動きを始めている。

これでは、もうダメです。

攻撃力を、自分で低下させているようなものですからね。

全ては、入る前提で動く!

自分が打つ、攻撃的なショットじゃないですか。

なんで、信じてあげないんですか?

結果的に入らなかったとしても、良いポジションさえ取っていればそれだけで相手にはプレッシャーになる。

攻撃力って、みなさん本当に勘違いしてませんか?

自分が打ったボールだけの威力、だけじゃないですよ。



攻撃をつなげること、が攻撃力アップに

試合では、直結します!

みなさん、これを本気で意識しましょう。

攻撃は、つなげていかないと意味がない。

攻撃力をアップさせたいなら、自分のショットをつなげていく。

良いショットの後に、必ず良いポジション。

良いポジションに入りながら、どこに打つのかもイメージして入る。

この基本、試合でこそ最高に効力を発揮します。

回転をかけて、振り切ることが大事

「でも、自分のショットが不安定で…」という方は、変えていきましょう。

回転をかける、しっかりとラケットを振るショットに変えていく。

そうすれば、前に出たり攻撃をつなげていくリズムも生まれて来るんです。

振り切らないと、そりゃ不安になってバウンドするまで確かめたくもなりますよ。

みなさん、ショットを変えてプレーをつなげていく。

それが、今まさに攻撃力アップの為に求められているんです。

ポジショニング、構え直し

この2つだけ、しっかり意識しましょう。

打った後に、しっかり良いポジションに入る。

そして、相手が打つ前に構え直す。

この基本をしっかり、意識して自分のショットを信じてつなげていく。

これだけで、アナタの攻撃力は上がります。

今までのショットの力を引き出せるようになるでしょう!

   

お勧めの練習メニュー

アプローチから前に出る形

意識したいのは、グリップチェンジ。

よく、テニススクールでもストロークから前に出るアプローチショット、を練習しますよね。

この時に、しっかりスピンで打ってスライス、ボレーのグリップにチェンジ出来るかどうか、が大事です。

打った後にしっかり、構えて待てるように。

自分の打ったボールを気にしている時間は無いですよ。

ボレーの後、もどうするかが大事

アプロ―チから前に出る、次にボレー、その次は…?

自分の打つボールは全て入る、その想定の下に、しっかり詰める。

相手がロブを打ちそうなら、前に出過ぎない。

こういう相手を見る癖も、自分のボールが入る想定で全てを早めに準備していきましょう。

無意識のうちに、自然と出来るようにすること、が大事です。

1対1、の次は2対2でやってみよう

ラリー形式の練習も、慣れて来たら2対2にしてみましょう。

ダブルスの形式で、片方のペアが前に出る。

この練習では、自分のペアが打つボールも入る想定で、しっかり準備することが大事。

2対2の場合でも、ペアの攻撃力を落とさないように。

しっかり、全てのボールは入ることが大前提。

入るかどうかは、セルフジャッジの試合では相手が決めること、ですからね。



もしも、入らなかった時に落ち込むのが、怖いんだと思います。

ショックに対する予防線、みたいなものですからね。

試合では、そんなカッコつけている暇はありません。

自分が傷つくこと、恐れていては試合に勝てない。

これだけは、覚えておいて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 【学生限定 先着順!東京都練馬区開催】1,000円で3試合できる T-PRESS…
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. テニス コントロール

    戦術

    テニスのナイスショットは、全て組み合わせでしか完成しない

    テニスの試合でのナイスショット。それは、練習とは訳が違います。…

  2. 戦術

    ケガこそ神様が与えてくれた、「自分が変われる機会」です

    テニスを長く続けていると、どうしても「ケガ」する機会が増える。…

  3. 戦術

    あっという間に、人は老いる

    テニスを頑張りたいと、アナタ自身が思っていても。時の流れは、…

  4. テニス ダブルス

    戦術

    動き続けた前衛なら、逆に止まっていることも最高のフェイントになる

    動き続ける前衛、ダブルスの試合では大事な要素になります。毎回細…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合中に一番まずいのは、「思考停止」に陥ること

    テニスの試合の中で、考えながら進めていくこと。コートを離れてい…

  6. テニス 練習

    戦術

    コードボールで失点、のような後には、遠慮なく時間を使って間をあけること

    試合の中で、ネットに当たってポトリ・・・と落ちるようなコードボール、あ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「自分たちのテニスをする」って、何種類持ってますか?
  2. テニス ストローク

    ボレー

    ネットから遠いから、ドライブボレーが効果的
  3. メンタル

    負荷は自ら、かけるもの
  4. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルが弱いんじゃなくて、考え方が狭いだけ
  5. テニス ストローク

    ボレー

    「足元のボレー」を磨けば、もっと前にチャージできる
PAGE TOP