テニス リターン

リターン

リターンゲームからリズムを作れると、サービスゲームも楽

私が審判をしていた10年以上前は、男性の選手はほぼ8割、トスに勝ったらサービスゲームを選んでました。

ですが、今は約半々くらい、という話を聞いたことがあります。

ストロークタイプの選手が増えた・・・というのもあると思いますが、こういう発想の選手が増えて来たのかも知れませんね。

 

リターンゲームからリズムを作れると、サービスゲームも楽

 


 

1.序盤はリターンゲームの方が、身体が動きやすい

皆さんも、経験無いですか?

きっと、試合の序盤はサービスゲームの方がプレッシャーがかかる。

「キープして当然」なレベルの試合、ではそうですよね。

リターンゲームから入れば、気楽だし落としてもダメージが少なくて済む。

サーブによほど自信があれば別ですが、トスに勝ってリターンゲームから伸び伸び、リズムを作る。

こういう発想、大事ですね。

 

2.もしも序盤にブレイク出来れば、サービスゲームがパワーアップ!

皆さん、サービスゲームで調子が良いのはどんなときでしょう?

きっと、先にブレイクしてリードしている、時じゃないですか?

多少リスクを冒してアグレッシブになれるし、ブレイクされてもイーブン、だと考えると楽。

この小さい気楽さが、アナタのサービスゲームを生き生きとさせてくれる。

リターンゲーム、がサービスゲームを活かすのです。

 

3.リターンからサービスへ、自分でリズムを作ろう!

良いリズム、作る具体策はありますか?

私は、なるべく序盤のリターンゲームでネットに出るようにしている。

そうすることで、サービスゲームでも自然に前への意識が高まります。

サーブ&ボレー、の予行演習にもなるし、浅いボールからのネットプレー、も自然に身体が動く。

リターンゲームから自分のリズムに入る、ことが試合を勝利へと導いていく。

この意識、しっかり持っておいて下さい。

 

テニスはサービスゲーム、リターンゲームの繰り返し。

言ってしまえば、この2種類しかありません。

繰り返されるなら・・・どちらかのゲームから、試合を動かしていくのか・・・を考えておく。

リターンゲーム、の方が私はオススメです!

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    攻撃的な並行陣、に対抗するために必要なリターン5種

    ダブルスの試合で、相手が並行陣。こういう相手には、どういうリタ…

  2. リターン

    ストロークは得意なのに「リターンが苦手・・・」な人は、発想を変えてみると劇的に安定するかも知れません…

    ストロークはすごく伸び伸び打っているのに、リターンになると急にミスが増…

  3. テニス ボレー

    リターン

    ボディへのサーブは、あの技術が無いとリターンで苦労する

    ボディへのサーブ、皆さん試合で苦労したことは無いですか?特に、…

  4. テニス ストローク
  5. テニス 前衛

    リターン

    前衛にポーチに出られたくなければ、「眼」を積極的に合わせにいこう

    ダブルスの試合、リターンで何が嫌って・・・相手前衛のポーチ、ですよね。…

  6. リターン

    リターンでのストレートアタックは、「コート後方に自分だけの的」を作って狙えば効果的

    リターンでストレートを狙うこと、ダブルスではよくありますよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブは「入れないと失点」という発想、思い切って捨ててみませんか?
  2. テニス ストローク

    戦術

    相手の一歩先を考える、癖を試合でも付けよう
  3. テニス ボレー

    ストローク

    本当に厳しい足下、狙いはどこが良い?
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスでは、もっと自分の性格を出していこう
  5. ストローク

    初中級の壁を越えるなら、ストロークを振り切ること
PAGE TOP