テニス ストローク

リターン

テニスの試合で、「リターンが得意」になると得られる4つのメリット

テニスの試合の中で、リターンがカギを握ることは多い。

なかなか目に見えて得意、不得意が分かり辛いのですが、リターンの名手は必ず試合で結果を残しています。

なぜ、リターンが大事なのかを考えていくと、得意になったときのメリットを考えやすい。

しっかり得意になったときの自分をイメージ出来れば、アナタも必ずリターンが得意になるでしょう!

 

テニスの試合で、「リターンが得意」になると得られる4つのメリット

 


 

1.サーブより波が少ない

リターンは相手に合わせる技術。

ですから相手に波があっても、それを受け止める技術さえあれば、自分の波は少なくなる。

波が少ないということは、自分の自力さえ上げておけば試合で安定した実力を発揮出来ますね。

 

2.次のプレーにつなげやすい

これはサーブにも言えることですが、私はリターンからの展開の方が好き。

サーブはどうしても大きなフォームで打ち終わりが若干、不安定になりますし、相手のリターンが前に踏み込んでタイミングを速くしてくる可能性もある。

リターンはどこに立っても、コート内のどこに返球しても良い!

という意味では、サーブより自由度が高いですし、色々な作戦に使えるのが便利なところです。

 

3.相手の自信を削ぐことが出来る

サーブをしっかり攻撃していくと、相手はきっと自信を失う。

セカンドサーブからチャージしたり、序盤で攻撃的なリターンを見せておくと、「相手のメンタルを折る」ことが得意になります。

試合を優位に進めていくうえで、この精神的優位性は絶対に必要。

これも、リターンが得意であればアナタが主導権を握って実践していけるでしょう。

 

4.自分のサービスゲームにも余裕が生まれる

リターンが得意になると、リターンゲームも好きになる。

そうなると、自分のサービスゲームでも「最悪落としても、またブレークすれば良いか」と、少し気持ち的に楽になる。

この少しの余裕は、試合で大事。

もちろん強豪相手では1ブレイクが試合を左右する、厳しい闘いになりますが、それでも心に余裕は欲しい。

リターンへの小さい自信が、きっとサービスゲームにも好影響を与えてくれるでしょう。

 

冒頭でも書きましたが、リターンが得意な相手って分かり辛いから厄介。

相手をみくびりやすいので、リターンの名手は隠れたシードキラーにも成り得ます。

アナタ自身、ぜひリターンを鍛えて隠れた武器を身に付けて欲しい。

得意になった自分、出来ることを増やしていくイメージで、ぜひ頑張ってみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    ターンして戻さない、が速いサーブをリターンするコツ

    相手のサーブが速い時、それだけでプレッシャーになりますよね。で…

  2. テニス ボレー

    リターン

    フォアハンドリターンが安定しない人は、フォロースルーを極端に短くしてみよう

    リターンでミスが多いときって、以外とフォアハンドのミスが多い。…

  3. テニス ストローク
  4. リターン

    リターンロブから相手を崩して、シンプルに決める方法

    ダブルスの試合で、リターンロブから相手を崩す。良いサーブを持っ…

  5. リターン

    ストレートアタックが抜けたら、一気に前に出よう!

    ダブルスの試合でのリターン、ストレートへの展開。これ、抜けた…

  6. テニス ストローク

    リターン

    2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件

    セルフジャッジ、で一番揉めるのはやっぱりサーブ。速いし、際どい…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    ポケモンGOの大流行を観て感じる、テニス選手としての考え方について
  2. テニス ミス

    ボレー

    試合で使えるアングルボレーは、ネットと並行に!
  3. その他

    「疲れが残り始めた、あの頃・・・」トレーニングを継続させる為にテニス選手に必要な…
  4. テニス フットワーク

    スマッシュ

    スマッシュは無理なくバックハンド狙い、でちょうど良い
  5. テニス 雨

    メンタル

    「マナー違反ギリギリの行為」で対戦相手を惑わそうとしても、結果的に自分たちの首を…
PAGE TOP