メンタル

上級生や格上選手との試合で、「攻撃的な揺さぶりを入れる」のは失礼?やり辛い?

先日、高校生の方からこんな質問を頂きました。

「先輩との試合では、自分から攻撃していくのが怖い。失礼なんじゃないかと思って・・・」という内容。

テニスのような個人競技では、本番の大事な試合でも同校対決なんてざらにある。

そんなときに備えて、しっかり自分の中で備えておかないといけない。

そう、真剣勝負の場では先輩も後輩も、シードも予選上がりも無いのですから。

 

上級生や格上選手との試合で、「攻撃的な揺さぶりを入れる」のは失礼?やり辛い?

 


 

■例え尊敬する先輩であっても、「引退させるのは自分」かも知れない

私自身、経験があります。

高校2年生のダブルスの試合でインターハイの県予選、準々決勝の相手は1つ学年が上の先輩でした。

勝てばその先輩は引退、もちろん自分でも理解しているし、覚悟しているつもりでした。

ですが結果は、4-1からの逆転負けで5-7で私の負け。

試合の後半、私情が入らなかったと言えば嘘になる、それくらい迷いながらの試合だったことを今でも覚えています。

よく考えてみると、それって自分への甘え、負けたときの理由作りでしかなかったんだと思います。

 

■格上選手に対してこそ、奇策は必要

例えばドロップショットやネットプレー、のような作戦。

これは強い相手にこそ、必要になってくる。

それが先輩であろうがシード選手であろうが、アナタの選択する「勝つための作戦」になるのであれば、迷い無く実践すべきです。

まともにやりあって負ける、のであればまともにやり合う必要は無い。

それは決して、失礼なことでも何でも無い。

勝負の世界では、自分が負けても良い理由を作った時点で、もう負けまっしぐらなのですから。

 

■普段の練習から「攻撃的な揺さぶり」をお互いに入れていこう

強いチーム、部活、サークルは、練習から心理戦。

相手に負けたくない一心で、年齢に関係なく相手を攻撃し、それを受け止める土壌がある。

試合でのプレーと練習が近い環境だからこそ、結果を出せる集団になっていけるのです。

アナタのチームはどうですか?

どこか、先輩に気を使ったり、後輩には優しく手加減するような雰囲気、無いですか・・・?

 

相手がどうであれ、その肩書きは意識する必要はありません。

相手のテニスに対して客観的な視点を持って、そのテニスにどう打ち勝つかを考える。

そうすれば自然に、攻撃的なプレーが出来るようになるはずです。

真剣勝負の場、お互い勝っても負けてもそれはテニスというスポーツのルールがもたらしてくれるもの。

受け止める覚悟を持って、試合に向けて準備していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス 雨

    メンタル

    雨の日でも試合がある!「雨のオムニコート」で戦う為の心得え4つ

    関東では今日も雨が降り、急に寒くなってきましたね・・・。オムニ…

  2. メンタル

    「なぜアイツはいつも、強いのか‥?」と考えたときに、勝利への飢えが差になっている

    テニスの試合に勝ち続ける人、は何が違うのか。自分だって一生懸命…

  3. テニス 感覚

    メンタル

    スランプ脱出の鍵は、過大評価してしまう過去からの決別が一番

    「自分はこんなもんじゃない・・・」と、スランプに悩むみなさん。…

  4. メンタル

    テニス選手として成長したいなら、「自分の敗因の深いところを、しっかり見れているのか?」について常に考…

    練習、試合、練習・・・を繰り返していると、その繰り返し自体に慣れてしま…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    大事な試合の前日に寝れなくなる人は、ただ「整理不足」なだけ

    大事な試合前に、眠れない。このままだとやばい・・・と思うと、余…

  6. メンタル

    絶対無理だよ、という鴨的な発想

    「絶対に無理だよ」と思うのか、「やってみよう」と思うのか。ハッ…

特集記事

  1. テニス テニススクール

    テニススクール

    テニススクールのコーチで、「自分が試合に出ていないコーチ」にテニスを習っても、強…
  2. テニス 走力

    フットワーク

    足が速い人は、「ラリーの中でボールに追いつき過ぎてしまう」のでテニスでは注意が必…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのコースの打ち分けは、厳し過ぎないで全然OK
  4. テニス ミス

    メンタル

    「負け癖」を拭い去っていく為に必要なのは、〇〇を変えること
  5. テニス サーブ

    戦術

    テニスではセンスこそ体系化出来るし、理論化出来るはず
PAGE TOP