テニス ミス

メンタル

「自分はミスをする人間である」と考えておけば、自然にメンタルは強くなる

皆さんは試合中、「ミスは多い方」だと思いますか?

試合以外の場所、で聞いていると「多いですね・・・」と答える方が多いのですが、実際の試合では?

まるで自分が、完全無欠の選手のようにイメージ出来ている人、多くないですか?

起きるであろうミス、に凹んでいる暇なんて試合ではありません。

 

「自分はミスをする人間である」と考えておけば、自然にメンタルは強くなる

 


 

■メンタルが弱い人って、結局、自意識過剰な人が多い

よくメンタルが弱い、試合で勝てない、という悩みをメッセージで頂きます。

皆さん、どれだけ自分が「ミスしない、試合を完遂できる人間」だと思っているんでしょうか・・・。

かなり理想が高い、と客観的には思ってしまいます。

「上手くいかない・・・」と思って凹む人は、きっと練習の時点でも上手くいっていないはず。

もちろん、試合という緊張感は影響しているでしょうが・・・。

とにかく、自意識過剰な自分、に気付くことからスタートです。

 

■「人はミスをする」からこそ、準備が出来る

どんな人でも、ミスはします。

それこそ、外科医の方が人命に関わるようなミス、だって起きてしまう訳ですから・・・。

それを減らす為に、トラブルをシュミレーションしておく、のがテニスの試合でも大事。

怪我やアクシデント、よりも、もっと身近なトラブルはたくさん起きているはずです。

「セカンドサーブが入らない」

「フォアハンドをビビッて、入らなくなってしまう」

「バックハンドを狙われて、辛くなる」

こんなミス、トラブル、たくさん発生しますよね。

それが当たり前、なんですから。

 

■「ミスに対処出来た人」が最後に試合で勝つ

同じようなレベル、多少の実力差では、この原則が当てはまります。

お互い調子が悪い、ミスしていく中で、そこに上手く「対処出来た人」が勝つのがテニスです。

試合に強い人って、ミスを引きずらないし、切り替えが上手い。

同じような失点、ほとんどしないと思いませんか?

それは、彼らは自分が「ミスを繰り返す人間」だと気付いているから。

気付いているから、変えていくのにも慣れている。

これってテニス以外、の部分でも必要なことだと思うんですよね。

 

ミスは起こる、起こってからが勝負。

ミスした自分を責めても、ポイントは返って来ないし試合は続いていく。

仕事でも勉強でも、チャレンジがあるからミスがある。

そしてそのミスの後の準備、まで出来る選手が、結局テニスの試合では強いのです。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. メンタル

    最初は伸び伸び、でも後半は・・・?

    試合に入って、何だか調子が良くて良い感じ。強い相手にも、3-0…

  2. テニス 読書

    メンタル

    自分の身の周りの整理整頓が出来ない人が、縦23.77m、横10.94mのテニスコートを整理出来る訳が…

    職場では机の上が書類だらけ。家ではタンスの中身がぐちゃぐちゃ・…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    何故テニス選手は試合の中で、「いつも通りにやろう…」と考えると、より緊張してしまうのか?

    「いつも通りにやれば、大丈夫!」と、言われれば言われるほど、緊…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    一度の成功体験にしがみ付いている人ほど、面倒臭い人はいない

    成功体験、大事です。ですが、世の中にはそれを上手く活かせない人…

  5. テニス 観察

    メンタル

    テニスを通じて、「もっともっと強くなりたい」と思えるアナタの心こそ、既に強いということ

    「夢中になっている」という経験、アナタにはありますか?もしかし…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが削るべきムダな時間は、悩んでいる時間です

    学生の皆さんも、社会人の皆さんも。テニスについて考える、悩む時…

特集記事

  1. ストローク

    深いストロークのカウンターショット、テイクバックのタイミングに秘密有り
  2. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールをしっかりスピン回転で攻撃するストローク、に必要なコツ4つ
  3. テニス ボレー

    フットワーク

    アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう
  4. シングルス

    攻撃的なプレイヤーならあえて、「粘るイメージ」でシングルスの試合に入るのも悪くな…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「サーブのコースはどっちが決める?」の質問にお応えしま…
PAGE TOP