テニス ミス

メンタル

「自分はミスをする人間である」と考えておけば、自然にメンタルは強くなる

皆さんは試合中、「ミスは多い方」だと思いますか?

試合以外の場所、で聞いていると「多いですね・・・」と答える方が多いのですが、実際の試合では?

まるで自分が、完全無欠の選手のようにイメージ出来ている人、多くないですか?

起きるであろうミス、に凹んでいる暇なんて試合ではありません。

 

「自分はミスをする人間である」と考えておけば、自然にメンタルは強くなる

 


 

■メンタルが弱い人って、結局、自意識過剰な人が多い

よくメンタルが弱い、試合で勝てない、という悩みをメッセージで頂きます。

皆さん、どれだけ自分が「ミスしない、試合を完遂できる人間」だと思っているんでしょうか・・・。

かなり理想が高い、と客観的には思ってしまいます。

「上手くいかない・・・」と思って凹む人は、きっと練習の時点でも上手くいっていないはず。

もちろん、試合という緊張感は影響しているでしょうが・・・。

とにかく、自意識過剰な自分、に気付くことからスタートです。

 

■「人はミスをする」からこそ、準備が出来る

どんな人でも、ミスはします。

それこそ、外科医の方が人命に関わるようなミス、だって起きてしまう訳ですから・・・。

それを減らす為に、トラブルをシュミレーションしておく、のがテニスの試合でも大事。

怪我やアクシデント、よりも、もっと身近なトラブルはたくさん起きているはずです。

「セカンドサーブが入らない」

「フォアハンドをビビッて、入らなくなってしまう」

「バックハンドを狙われて、辛くなる」

こんなミス、トラブル、たくさん発生しますよね。

それが当たり前、なんですから。

 

■「ミスに対処出来た人」が最後に試合で勝つ

同じようなレベル、多少の実力差では、この原則が当てはまります。

お互い調子が悪い、ミスしていく中で、そこに上手く「対処出来た人」が勝つのがテニスです。

試合に強い人って、ミスを引きずらないし、切り替えが上手い。

同じような失点、ほとんどしないと思いませんか?

それは、彼らは自分が「ミスを繰り返す人間」だと気付いているから。

気付いているから、変えていくのにも慣れている。

これってテニス以外、の部分でも必要なことだと思うんですよね。

 

ミスは起こる、起こってからが勝負。

ミスした自分を責めても、ポイントは返って来ないし試合は続いていく。

仕事でも勉強でも、チャレンジがあるからミスがある。

そしてそのミスの後の準備、まで出来る選手が、結局テニスの試合では強いのです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス サイト

    メンタル

    リードすること、勝利することを恐れてはいけない

    相手に勝つ、凌駕する。これって、簡単なこと・・・でしょうか。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで「攻撃のメンタル」を養う為に意識したい5つのポイント

    「もっと攻撃的にプレーしたいけど、どうしても守備的になってしまう・・・…

  3. テニス フットワーク

    メンタル

    試合に勝てるようになりたい、なら今すぐ試合に出よう

    試合に勝ちたい、勝てるようになりたい。テニスを始めて、少しずつ…

  4. テニス 客観視

    メンタル

    這い上がっていける選手、になれるかどうかがテニス選手の分かれ道

    私自身、「這い上がったテニス選手」だと思います。いや、何も全国的な…

  5. メンタル

    相手との直接接触が無いテニスというスポーツに、僕らは甘えていないか?

    ふと、考えることがあります。テニスって、ネットを挟んで相手と対…

  6. テニス サイト

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    相手のストロークのボールが速く深いときは、「慌てず後ろ足で壁を作る」ことで精神的…
  2. テニス 試合

    戦術

    「負けたはずの試合」を勝ちに結び付ける、為の武器を君はテニスで持っているか?
  3. テニス リターン

    ストローク

    騙されたと思って、「試しにドロップショットを打ってみて欲しい」そうすれば、世界が…
  4. テニス シングルス

    スマッシュ

    深いロブは、ゆったりしたスマッシュで充分に対応出来る
  5. テニス ストローク

    メンタル

    勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツでは…
PAGE TOP