テニス ボレー

練習メニュー

テニスの練習の基本、「自分のテーマと、相手のテーマ」を理解出来てる?

テニススクールでも部活でも、「テーマ」って大事。

個人テーマ、クラス全体のテーマ、色々あると思いますが、まずは「個人のテーマ」について皆さんの意識はどうでしょうか?

部活やサークルでは、まず自分でしっかりテーマを考えて練習しないと誰も指示してはくれない。

そして一緒に練習する周りの仲間への気遣い、にしても同じく大事なのです。

 

テニスの練習の基本、「自分のテーマと、相手のテーマ」を理解出来てる?

 


 

■「個人テーマ」を見いだせない人は、成長が難しい

確かに、数を打っていれば多少は上手くなります、テニスも。

でもそれって、「慣れている」に近い。

同じような動作を繰り返しやっていれば、そりゃ打てるようにはなりますよね。

でも、そのレベルで満足出来る皆さんでは無いはず。

その先、もっと実力を付けて試合に勝ちたいのであれば、個人でテーマを見つけて磨く、鍛える意識が不可欠なのです。

まず自分自身、練習前に「今日はこれをテーマに、こうやっていこう!」というのを確認出来ているか。

そしてその先には、「周りの仲間は、どんなテーマを持って練習しているんだろう?」という意識が大事になってくるのです。

 

■テニスの練習では、どちらかが「練習台」になるケースが多い

例えばボレー対ストロークのラリー練習。

もちろん、両方の練習になるのですが細かい部分でいけば「練習台」になる選手の側が出て来るのが、自然。

例えば、「深いボレーをひたすら、ストロークで沈める」という練習なら、ボレー側は深いボレーをコンスタントに打たないといけない。

本人が「今日はドロップボレーを練習だ!」とテーマを決めていても、相手を知って、相手に合わせる部分は必要。

これが、強いチームの練習のスタンス。

もちろん、その代わりに別な時間では台になっていた選手のテーマに沿って、相手が打ち続ける。

こういう意識、仲間を成長させていく意識があるチームは、自然と主体的に練習が進む。

やるべきことも、ハッキリ見えてますからね。

 

■「仲間の成長を助ける」ことが、自分の成長になる

しっかり仲間の練習に付き合えば、観察力が付く。

そして試合でも相手に良い意味で「合わせる」ことも出来るようになるし、落ち着きが出て来る。

何も考えないで練習でバンバン打っている選手に、「しっかり相手を観察して・・・」なんて、やっぱり無理ですよね。

普段の練習で、仲間をしっかり観て、成長をサポートする。

結果的に観察力や順応力も高くなるし、仲間もレベルアップして自分の刺激にもなる。

意識次第で、まだまだ環境は変えていけます。

 

「テーマ」の意識があれば、練習の意識は自然に高まる。

よもや、「やらされている・・・」と考える選手は少なくなるでしょう。

テニスをやらあされている意識って、チーム内で伝染していく。

その伝染の根源を変えるには、まず意識改革。

テーマを見つけて、自分と仲間で共有してみて下さい。

きっと、練習の空気が変わりますよ。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. + POWER CUP について
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスでも型を覚えた人から、型破りなテニスに進化出来る

    独特なフォーム、戦術で、試合を勝っていける人。みなさんの周りに…

  2. テニス 雪

    練習メニュー

    「挑戦するキャプテン、しないキャプテン」によって、チームの挑戦力の絶対量は決まる

    部活やサークル、社会人チームやテニススクール。皆さんも色々な環…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    練習の後に気付きが無い人は、成長どころか衰退しかしない

    自分で、何を気付けるのか。毎回の練習、で上達していける人は、必…

  4. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスのショットコントロールを改善できる秘密兵器、「ねらってーぷ」を試してみたら・・・?

    ストロークのコントロールを高めたい、と考えている人は多い。よく…

  5. テニス ミス

    練習メニュー

    「ノーミス」の掛け声を、練習中に自分からかけていこう

    試合でミスが多い、自滅していく試合が多いと感じているみなさん。…

  6. テニス メンタル

特集記事

  1. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットを買い替える時に、意識したいチェックポイント7つ
  2. テニス ロブ

    メンタル

    「メンタルが強くなって試合に勝てるようになる」よりも、「試合に勝っていく中でメン…
  3. テニス ガット

    テニス知識

    学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. テニス ストローク

    リターン

    踏み込んだ攻撃的なリターンを打ちたければ、「オープンスタンスでコンパクトなフォー…
  5. ストローク

    クロス方向へのストローク、相手を追い出せてる?
PAGE TOP