日々の雑記

人の悪口は、100倍増し

テニスを続けていると、色々な人間関係が生まれます。

実は、T-PRESSに頂く相談の中で、約半分が「人間関係」なんです。

特に社会人の方、でお悩みのケースがすごく多いです。

いや、すごく分かります…私も経験ありますから。

テニスは一人では出来ないですし、試合に出るにもペア、団体戦のメンバー、色々な関係を作っていかないといけないですよね。

改めて最近私自身が感じること、それは「人の噂は信用出来ない」ということです。



人の噂話、みなさん好きですよね。

別に、それが自然だと思います。

ただ、一つ気を付けて欲しいのは常に、「この人の言っていることは、本当だとうか?」という視点を持つこと。

これは、テニスの上達にも深く関わって来ます。

誰かの噂話、きっと「あの人は〇〇だから、好きになれない」というような話が多いじゃないですか。

その〇〇って、何かを100倍増ししたような感じ、だと思って良いでしょう。

悪い話をするときに、ほとんどの人はオーバーに話す。

それも、目盛りが振り切れるくらい盛って話すモノ、だと考えておいて良い。

そうしないと、アナタ自身が間違った情報で損すること、が多いですから。

あと、「周りはみんな、〇〇と思っている」というような話も、まず信用出来ないかと。

その人は、みんなが思っていることを何で分かるんだろうと思いますよね。

人はそんなに、簡単に自分の本心を出したりしないですから。

アナタ自身、しっかり俯瞰して冷静に人の話を聞く。

そして、「自分はどう思うのか?感じたのか?」を大事にして欲しいんです。



もちろん、他人の悪口は言わない、に限ります。

言っていると、その負の流れは自分に伝染しますから。

それと同時に、こういう話を鵜呑みにしないこと、自分をしっかりと持つことが大事です。

いや、私だってこういう話は好きですし、たまにはします。

でも、それはあくまで「自分の意見」として。

人から聞いたことは、その人の意見ですから。

自分で見て、聞いて、考えて出した結論をベースに話をする。

これを意識するだけで、かなり雰囲気は変わって来るはずです。



という訳で、アナタ自身が何か言われる、悪く言われていても気にする必要はありません。

回り回って、100倍以上になって誰かが聞いているだけ、ですから。

テニスを続けていく中で、人間関係の悩みは尽きないかと思います。

楽になるには、視点を変えること。

気にしない、なぜなら・・・と自分の中で納得出来れば、それで良いじゃないですか。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 5/22(水) 土居コーチ 女子ダブルスレッスン&ゲーム会 inSEN…
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. + POWER CUP について
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス センス

    日々の雑記

    テニスが上手い選手、テニスも上手い選手

    最近ふと、気になった言葉。お子さんがテニスをやっていて、その成…

  2. 日々の雑記

    甲子園決勝を観て感じたこと

    ラジオでも少しお話しさせて頂きましたが、1週間前くらいに甲子園で決勝…

  3. テニス ラケット

    日々の雑記

    辛いときは遠慮なく、テニスから離れましょう

    先週、初打ちを終えた後の・・・自分のテニス。「これは本当に、ま…

  4. テニス 評価

    日々の雑記

    部長やキャプテンの代が交代する・・・時期ですね

    ジメジメした時期、でも高校の部活はフレッシュな時期・・・が、この6月じ…

  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    自分のテニスを、人に決めてもらってない?

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います!そろそろ年始、み…

  6. 日々の雑記

    みんラボさんとの取り組みについて

    既にSNSやYouTubeでお伝えさせて頂きましたが、この度兵庫県三…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス知識

    これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. テニス ガスケ

    ストローク

    ガスケ選手、シモン選手が日本との「差」を見せ付けたのは、このショット
  3. テニス メンタル

    戦術

    ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    模倣に模倣を繰り返した人にこそ、強いオリジナリティは宿り始める
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「厳しいドロップショットは、取れなくても追うこと」で相手にプレッシャーをかけるこ…
PAGE TOP