テニス

練習メニュー

半面ラリーで相手を倒す、それがテニスの練習の本質

「どんな練習をすれば良いのか、分からない」

「ただ、何となく半画ラリーだけして、終わってしまう」

というご相談を、多く頂きます。

みなさん、試合に勝てるようになりたいと、必死。

だからこそ、私がいつも大切にしているこの意識、を今日は改めて。

 

半面ラリーで相手を倒す、それがテニスの練習の本質

 


 

1.半面ラリー、はテーマ次第

以前にも書いたように、ウォーミングアップが終われば目的を持った練習。

真剣勝負、です。

テニスの上達が遅い、伸び悩んでいる人が多いチームは、まず「ダラダラのラリー」が長い。

本当に長くて、これが練習だと思い込んでいる。

当然、このラリーにはプレッシャーも無いですし、試合とはかけ離れたシチュエーション。

半面の1対1のラリーでも、私は「真剣勝負」が基本だと考えています。

 

2.半面の打ち合いで勝てれば、試合でも勝てる

みなさんも、自分の試合を思い出してみて下さい。

シングルスの試合で、コート全面を大きく使って、お互いに振り回してポイントを奪い合う。

そんな機会、そう多くないはずです。

ほとんどの試合が、サーブかリターン、その後の「半面くらいのスペース」しか使っていないラリー、でしょう。

狭いスペースでの打ち合い、が試合でもほとんどなんですよね。

だから、練習からストレート、クロスでの半面のラリーで、負けてはいけない。

ここで勝てれば、試合でも勝てる。

それくらい、半面ラリーでの勝負って大事だし、テニスに必要な要素が詰まっているんです。

 

3.半面でコントロール勝負、でいこう!

私はいつも、半面の中で相手を動かす。

遅いボールを使えば、自然と広くコートが使えます。

コート半面って、すごく広いですよ。

縦の長さは、オールコートと変わらないですからね。

ここで、相手を動かしてポイントを取る。

真剣勝負で、しっかり打ち合う。

もちろん、テーマ別の練習によっては練習の台の側となり、やられ役になることも必要。

でも、その中でもしっかり「簡単にはミスしない、負けないぞ!」という意識が大事です。

 

4.勝った負けた、上手くいったかどうか、を感じることが大事

半面ラリーでも勝負。

しっかり、相手に勝ったのか負けたのか。

自分のやろうとしたことは、上手くいったのかどうか。

これを、普段の部活やサークル、テニススクールでの練習で感じることが大事です。

試合のようにスコアでは残らないですが、自分の中ではしっかり残す。

負けが増えているようなら、半面ラリーでも危機感を持たないと。

こういう感覚を普段から持っていない人は、試合でもそれが出ます。

勝てない、のは普段から負けているから。

それに、気付かない人がほとんどなんですけどね。

 

ラリー練習、ただつなぐだけにならないように。

速いボールでのスピードガンコンテストも、意味が無い。

しっかり自分の確実に打てるショットで、相手を動かして勝負する。

ストローク同士、ボレー対ストローク、ボレー対ボレー、テニスではまだまだ、色々な練習があります。

ぜひ、みなさんの中でも工夫しながら、勝負しながら、やっていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    ラリーの球出し改革、全てが良い方向に

    テニスの練習、みなさんだとラリー練習が基本だと思います。どち…

  2. テニス 準備

    練習メニュー

    2人1組で簡単に出来る、試合前のフットワーク練習例

    試合前のウォーミングアップ、みなさんどうでしょうか?ラケットを…

  3. テニス 練習メニュー

    練習メニュー

    リターンダッシュの駆け引きを身に付ける、実戦的な練習メニュー

    シングルスの試合の突破口になる、リターンダッシュ。…

  4. テニス カープ

    練習メニュー

    プロ野球の広島カープに学ぶ、「徹底的した素振り練習」を貫くことの重要性

    今年プロ野球のセ・リーグを制したチーム、広島東洋カープ。彼らの…

  5. 練習メニュー

    日々の練習を、大切に出来る人はこういう人

    テニスの練習を、スクールやサークル、仲間同士で行う。学生を卒…

  6. 練習メニュー

    「初心者にまず何を教えよう??」最初のテニスの練習に、実は最適なアノ練習メニュー

    4月は部活に新入部員が入ってくる。新しい部員に色んなことを教え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    「選手にとって嬉しい存在」試合に勝てる選手を育むテニスコーチという存在について
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「ウォーミングアップはサーブ4本のみ」さて、テニスの試合前に何を確認する?
  3. 戦術

    決まらなくても、攻め続けることが大事
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の終盤で、「このまま勝っても良いんだろうか…」と考えるのは、アナタが…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合でのリターンからの攻撃パターンとして、「ストレートアタックから味方…
PAGE TOP