テニス 観察眼

メンタル

「プライドが高い人」がテニスが上達しない理由について

「プライド」っていう言葉は難しい。

全く無いと競った試合で自分をプッシュ出来ないように思うし、高いとどこかとっつきにくくて気難しい人になってしまう。

でも、私の経験上・・・ですが、テニスの試合で強くなる、勝っていけるような人は、プライドが無い・低い人が多いように思います。

あくまで主観ですが、その理由について考えてみたいと思います。

 

「プライドが高い人」がテニスが上達しない理由について

 


 

1.テニスは「良い仲間」を作らなければ強くなれない

テニスが強くなるには、何が必要か。

それは、良い仲間・環境を、自分で作っていく能力だと思います。

「高校の部活は選べないじゃん!」と思っている人は、視野が狭い。

部活以外にも、スクールや中学の同級生の繋がり、OBや顧問の先生のネットワークなど、踏み出せば環境は変わります

「そんなの面倒・・・」と思っている人は、面倒、なのではなくてただ、プライドが高いんだと思います。

そこまでして、「自分が大した奴じゃない」と思われるのが、怖いだけ。

変なプライドが無い人は、どんどんネットワークを拡げていく。

多少図々しいと思われても、気にしないようなメンタルがテニスを強くしていきます。

 

2.何かを気にし過ぎても、良いことは無い

強い選手は、あまり周りを気にし過ぎない。

周りの人のテニスや性格はしっかり観察するけれど、「自分がどう思われているか」はあまり気にしない。

「ダブルフォルトしたら、周りから白い目で見られる」なんて考えていても、テニスは楽しくないし上手くならない。

だから自分がやりたいように、本音で話し、本気でテニスをしてみる。

もちろん、自分勝手にやって周りに迷惑をかけるのは論外だけど。

自分が「テニスが上手い人と練習したい!」と考えれば、外にどんどん環境求めてく。

そんな人が、自分のテニスを強くしていきます。

 

3.本音で本気で、練習してみることから

プライドが高い人は、なかなか自分のテニスも環境も変えようともしない

本当は必要だと感じていても、どこか変えることが自分を否定するような気がして、一歩が出ない。

「一生懸命、テニスが上手くなろうと試行錯誤する」ことは、プライドが無い人のほうが進んで実践できる。

かっこ悪いと、プライドの高い人は笑っていても、試合で勝つのは前者の選手。

今、本音で本気で、アナタはテニスの練習をできていますか?

どこか心の中で、「この練習は意味無いんだよね・・・」とか、考えていないか。

それだとダメ、なんじゃなくて勿体無い。

せっかくテニスで試合に勝ちたいと考えているなら、変なプライドは捨てて自分を一度見つめ直してみましょう。

きっと良い方向に向かっていくはずです。

 

文章を書いていて、まるで高校時代の自分のことのように思えてきました。

大して上手くもないのに、周りから上手いって思われたい一心で、虚勢を張ってばかりいたように思います。

それだと、もちろんテニスは上達しない。

自分の弱さとしっかり向き合うことが出来れば、テニスは強くなる。

この文章を読んでいるアナタは、きっとまだ間に合う。

そう、もっと言えばテニス以外の部分、勉強や仕事だってもっと楽に上達できるはず。

自分自身が抱えているプライド、一度そっと、おろしてみませんか?

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    駆け引きで負けても、喰らい付くことの重要性

    例えば、ダブルスでリターンをクロスに打つ。そこに、相手の前衛が…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    ポイント後の感情を、一度リセットすることが試合では大事

    試合の中で、メンタルが強く崩れない人。それは、シンプルにこうい…

  3. テニス ダブルス

    メンタル

    試合の中での「チェンジコートの過ごし方」は、自分なりにルーティン化してみよう

    皆さんはチェンジコート、の時間をどう過ごしていますか?3ゲーム…

  4. テニス 団体戦

    メンタル

    試合になると、相手が気になり過ぎる方へ

    試合って、ほとんど初対面の人と打ち合いますよね。相手が気になる…

  5. メンタル

    褒められて伸びる、それは一時凌ぎに過ぎない

    今、時間があるので自分のYouTubeの動画を見直しています。…

  6. テニス 名著

特集記事

  1. テニス 錦織圭

    ストローク

    両手バックハンドストローク、伸びを作るには?
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで腰が引けてしまっている人は、簡単に反撃されてしまう
  3. シングルス

    「試合で勝てる人は、実践している!」シングルスの試合で必要な基本準備5つ
  4. ボレー

    ドロップボレーに、タッチ感覚って必要?
  5. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で「どこに打って攻撃して良いか、イメージが湧かない」人がまず実践…
PAGE TOP