テニス 観察眼

メンタル

「プライドが高い人」がテニスが上達しない理由について

「プライド」っていう言葉は難しい。

全く無いと競った試合で自分をプッシュ出来ないように思うし、高いとどこかとっつきにくくて気難しい人になってしまう。

でも、私の経験上・・・ですが、テニスの試合で強くなる、勝っていけるような人は、プライドが無い・低い人が多いように思います。

あくまで主観ですが、その理由について考えてみたいと思います。

 

「プライドが高い人」がテニスが上達しない理由について

 


 

1.テニスは「良い仲間」を作らなければ強くなれない

テニスが強くなるには、何が必要か。

それは、良い仲間・環境を、自分で作っていく能力だと思います。

「高校の部活は選べないじゃん!」と思っている人は、視野が狭い。

部活以外にも、スクールや中学の同級生の繋がり、OBや顧問の先生のネットワークなど、踏み出せば環境は変わります

「そんなの面倒・・・」と思っている人は、面倒、なのではなくてただ、プライドが高いんだと思います。

そこまでして、「自分が大した奴じゃない」と思われるのが、怖いだけ。

変なプライドが無い人は、どんどんネットワークを拡げていく。

多少図々しいと思われても、気にしないようなメンタルがテニスを強くしていきます。

 

2.何かを気にし過ぎても、良いことは無い

強い選手は、あまり周りを気にし過ぎない。

周りの人のテニスや性格はしっかり観察するけれど、「自分がどう思われているか」はあまり気にしない。

「ダブルフォルトしたら、周りから白い目で見られる」なんて考えていても、テニスは楽しくないし上手くならない。

だから自分がやりたいように、本音で話し、本気でテニスをしてみる。

もちろん、自分勝手にやって周りに迷惑をかけるのは論外だけど。

自分が「テニスが上手い人と練習したい!」と考えれば、外にどんどん環境求めてく。

そんな人が、自分のテニスを強くしていきます。

 

3.本音で本気で、練習してみることから

プライドが高い人は、なかなか自分のテニスも環境も変えようともしない

本当は必要だと感じていても、どこか変えることが自分を否定するような気がして、一歩が出ない。

「一生懸命、テニスが上手くなろうと試行錯誤する」ことは、プライドが無い人のほうが進んで実践できる。

かっこ悪いと、プライドの高い人は笑っていても、試合で勝つのは前者の選手。

今、本音で本気で、アナタはテニスの練習をできていますか?

どこか心の中で、「この練習は意味無いんだよね・・・」とか、考えていないか。

それだとダメ、なんじゃなくて勿体無い。

せっかくテニスで試合に勝ちたいと考えているなら、変なプライドは捨てて自分を一度見つめ直してみましょう。

きっと良い方向に向かっていくはずです。

 

文章を書いていて、まるで高校時代の自分のことのように思えてきました。

大して上手くもないのに、周りから上手いって思われたい一心で、虚勢を張ってばかりいたように思います。

それだと、もちろんテニスは上達しない。

自分の弱さとしっかり向き合うことが出来れば、テニスは強くなる。

この文章を読んでいるアナタは、きっとまだ間に合う。

そう、もっと言えばテニス以外の部分、勉強や仕事だってもっと楽に上達できるはず。

自分自身が抱えているプライド、一度そっと、おろしてみませんか?

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの経験を積んでいけば、「試合を諦めること」が癖になっていく

    試合の経験を積んでいくことは、テニス選手にとって大事なこと。で…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスでは、もっと自分の性格を出していこう

    今年の1記事目のテーマ、何にしようかずっと考えてました。一番、…

  3. メンタル

    修羅場を避けていたら、真実からは遠くなる

    技術はありそうなのに、試合では結果が出ない。メンタルの問題?…

  4. テニス メンタル
  5. テニス 準備

    メンタル

    迷ったときに苦しい選択、が出来るテニス選手が最後に勝てる

    試合の中で、苦しい場面。どんなに手を尽くしても、もうダメかな・…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    2-5でチェンジコート、ほぼアナタの負けは決定ですか?

    私たちの試合で多いのは、1セットマッチ。ほとんどが、この形式で…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「正面担当でペアと仲良くダブルスを」基本を理解すれば、もっとダブルスの試合は勝て…
  2. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスに試合で「ポーチに出る良いタイミング」は、相手の打点が低いときに限る
  3. ダブルス

    男女問わず、ペアから信頼される人の特徴5つ
  4. サーブ

    サーブ&ボレーになるとサーブが乱れる人に、とっておきの秘策を
  5. テニス ダブルス

    日々の雑記

    アナタ目線、は永遠の財産になる
PAGE TOP