メンタル

良くない自分を、試合中に認めることで勝機を見出す

今日の自分は、イマイチだ。

そう感じたら、試合はどうですか?

もう投げやりになって、負けたときの言い訳の文章を考え出す人、多いと思います。

はい、昔の私自身がそうでした。

でも最近は、思うんです。

「良くない自分」を認めてあげよう、と。

そうしてあげることで、実際に勝ちを拾える試合も増えました。

ただ、認めてあげるだけで、本当に結果は変わりますよ。

 
 

全ては自分、なので

ありのままの自分で戦うしかない

試合って、自分を殺すもの?

いいえ、どんどん出していくもの、なはずです。

そう、時には自分の中にある醜い部分、野心的なところ、普段の日常では見えないところ、も出して良い。

そうしないと、勝てないですから。

ただ、全てを出していく中で調子が悪い、良くないなと思える自分も顔を覗かせる。

でも基本的には、ありのままの自分で戦うしかないんです。

無理に誤魔化そうとはしないこと

まぁ、何とかバレないように努力はします。

バックハンドの調子が悪いなら、回り込みのフォアハンドを増やす。

そもそもストロークがイマイチなら、ネットに出る機会を増やす。

こうやって修正はしますが、無理に誤魔化そうというつもりはありません。

無理は続かないですし、どこかで自分を否定するようなところ、が生まれて来ますから。

そしてその違和感は、ずっとアナタ自身の足を引っ張り続けることになるでしょう。

認めてあげれば、楽になる

まず、認めてあげること。

良くない自分、で今日の試合は戦わないといけない、ということを受け入れる。

これが出来れば、かなり楽になりますよ。

無理に、自分と戦わなくて済みますからね。

戦うべき相手は、ネットを挟んだ相手。

この相手に勝つ為に、まずは自分を認めて、今目の前の試合を戦うことが大事。

きっと、この覚悟があれば何だって出来ますよ。



冷静に考えれば、相手だって…

調子が良い訳ではない

きっと、自分を認めて冷静になれると、相手も良く見える。

すると、どうでしょう。

意外と調子も悪そうだし、何だか勝てそうな気分になる。

冷静に相手を見る、俯瞰して試合を考えることが出来ない人は、ずっと「自分の調子」ばかりが気になっていく。

相手だって、そんなに調子が良い訳ではないし、チャンスはあるのに。

そのチャンスを、みすみす見逃していることに気付けないと損ですよ。

自分を認める、ということは勝利を信じるということ

みなさんは、自分の勝利を信じること、出来ていますか?

可能性を見出せれば、実は大抵の試合には勝てます。

でも、自分の調子が悪い、良く無いなと感じたところでもう諦める人が多い。

自分を認める、ということは可能性を信じるということ。

勝利を追い求め、最後まで諦めないで試合を貫くということ。

これが出来る人は、試合で強い。

自分の調子が悪い日でも、しっかりテニスがブレないんです。

「試合を作る」ことを意識しよう

自分の調子自体が悪い、良くないなら、何が出来るのか。

どんな試合が作れるのか、を考えてみましょう。

失点もする、ブレイクもされる、でもしっかり喰らい付いていく。

その為には、軌道の高いストロークやポーチの動き、リターンから相手にプレッシャーをかける動き、が大事ですよね。

良くないなりに、どうやって自分は試合を作るのか。

試合を作ることが出来れば、勝機は自然と見えて来る。

みなさん、自分を諦めたら終わりですよ。

試合を作ること、をどんな場面でも意識出来るテニス選手になりましょう。

   

自分を認める為に、何が必要?

「やって来たこと」を、考える

コートの現場で、何が出来るのか。

私はいつも、自分を見つめ直す時には「やって来たこと」を思い出す。

この書き続けてきたブログもそうですし、色々な出会った人、自分が積み重ねてきたこと。

これを思い出して、「今日は良くないけど、やるべきことはやって来た」と思えるように、自分を誘導していく。

暗示をかけるような感じですが、これが効くのがテニスの試合、です。

やって来たこと、は誰も否定出来ない

事実、ですからね。

やって来たこと、積み重ねて来たことは、アナタ自身なら分かるはず。

逆に、誤魔化しは効きません。

ですから、アナタ自身がどう考えるのか、それ次第です。

どういう事実を積み重ねるのか、ということ。

良くない自分、見たくない現実を目の当たりにしたときに、助けになるのは自分自身の「やって来たこと」でしょう。

つまりは、毎日が試合のようなもの

今日、この瞬間も、全て。

私は、テニスの試合につながっていると思っています。

何気ない仕事や家事、ちょっとしたことが、全て自分のやって来たことになりますから。

血となり肉となって、自分をしっかりと形成していく。

その現実から、誰も逃れることは出来ないですよ。

毎日が試合、上等じゃないですか。

勝負の続く人生、私は悪くないと思っています。



良くない自分で戦う、ことの方が多い。

30代を超えてからのテニスは、つくづく感じます。

でも、良くない中でも、自分の試合を作ることは上手くなってきたような気がします。

まだまだ、これからですけどね。

もっともっと、自分を自分で認めてあげる為にも。

しっかり、オンコート以外の時間を大切に、積み重ねていきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス 名著
  2. テニス メンタル

    メンタル

    3連続ポイント、の貪欲さがテニスの試合には絶対に必要

    私が試合を見ていて、「この人強いな」と思う人。そういう人って、…

  3. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの練習中に、「何気無く2バウンドで返球する」癖は、絶対に直しましょう

    練習の中で、フッと気が抜けてつい「走れない」ようなとき、ありませんか?…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで「攻撃のメンタル」を養う為に意識したい5つのポイント

    「もっと攻撃的にプレーしたいけど、どうしても守備的になってしまう・・・…

  5. テニス 部活

    メンタル

    悪天候の中の試合でこそ、闘志を燃やそう

    関東は、雪です。これほど降るのは久々かな、という感じですね。…

  6. テニス テニスボール

    メンタル

    真面目な人ほどかかりやすい、「テニス鬱」について、アナタにも知っておいて欲しい

    「テニス鬱」という言葉、聞いたことはありますか?恐らく無い、と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 準備

    フットワーク

    変化球打ち、に慣れると強いのがテニス
  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの試合で「泥臭く勝っていく」ことは、走り回って粘ることとはちょっと違う
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    足下のボレーを返球する、すぐ使えるテクニック5つ
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    みんな、前衛の「ストレートケア」について誤解してない?
  5. メンタル

    他人に共感出来ない、それで良い
PAGE TOP