テニス 気付き

戦術

テニスの試合でも、8割の人は「トラブルが起きてから」しか対応を始めない

一事が万事、ですね。

テニスも日常生活も、私はすごく近いと思っています。

テニスの試合の現場で起きている人は、きっと毎日、職場でもご家庭でも、近しいことが起きているように思います。

試合なんて、トラブルの連続。

だからこそ、起きてから火消しに走っても追い付かない。

そうは思いませんか?

 

テニスの試合でも、8割の人は「トラブルが起きてから」しか対応を始めない

 

1.トラブルを予測するイメージ力、があるかどうか

試合前なんて、普通暗くなりますよ。

「あれが起きたらどうしょう・・・」

「いや、こんなこともあるかも・・・」

と、私はすごく不安になる。

とても、楽しめるような状態では無い・・・感じです。

でも、周りに不安を悟られないようにはしていますけどね。

とにかく、イメージする力があるかどうか、だと思います。

試合で起きそうなトラブル、それを出来るだけ潰しておく。

痙攣しそうならドリンクやサプリ、暑さ対策にガットは切れそうかどうか?

そういう基本的なことから、作戦が効かなかったときや相手が思った以上のプレーをしてきたとき。

もう、そりゃ考えることでいっぱいです。

 

2.トラブルの芽、を感じる力を養おう

どんなに準備しても、絶対にトラブルは起きますし、それに慌ててはいけない。

最近私が起きたトラブルとしては、相手が「ソフトテニスっぽいリバースサーブなのに、速い!」というモノ。

いや、こういう選手本当にいない・・・んですよ。

少なくとも、私は今まで対戦したことが無かった。

慌てそうになりましたが、とりあえずリーバスサーブなので、こっちはスライスのグリップで高く返球、そこからネットプレーをさせていく、で何とか対処しました。

このトラブルの芽、練習の段階で感じることが大事です。

相手のサーブがリバース系、またはそれに近いと感じた時点で、作戦を準備しておく。

何気なく、ボーっと試合前のサービス練習をしていると、絶対に損ですよ。

損というか、危ない。

トラブルの芽、は早く感じとるに越したことはないのです。

 

3.トラブルが起きてからの対応は、3倍疲れるし時間が無い

「もっと早く気付けば・・・」

そんなこと、多いと思います。

テニスの試合で、試合の後半になって、「なんだ、相手は実は全然ボレー出来ないじゃん!」と気付く。

でもスコアは2-5でダウン・・・だったら、もう手遅れに近い。

これも一種の、トラブルでしょう。

相手の弱点が分からない、見破れない、というのも立派なトラブルです。

だからこそ、トラブルの芽は自分であぶり出す、ような意識が大事です。

待っていても、絶対に気付かないし強い相手は隠して来る。

この覚悟、アナタにはありますか?

 

4.自分のトラブル、弱点の芽はなるべく隠そう

試合終了まで、ばれない方が良いこと。

例えばどんなことがあるでしょうか?

私だと・・・まず、ストロークは弱い、そしてリターンも、「得意なコース」以外に打たれると厳しいです。

これをいかに、ばれないように試合の中で進めていくのか。

序盤に相手が探って来る、ときに70点くらいのショットで穴が無いことを示しておく。

理想かも知れませんが、これも立派なトラブル隠し、ですからね。

相手に知られないように、準備と工夫で応戦する。

その代わり、自分はしっかり相手の穴を探してトラブルを引き起こしていきましょうね。

 

テニスの試合なんて、実は「崩れた方」が負けなケースが多い。

調子の良い選手が、調子の良い選手を倒すなんて試合は少ないはずです。

そして、崩れていく人はいつも、トラブルが起きてから対応する後手の人ばかり。

アナタは、どうでしょう?

実はテニスコート以外でも・・・後手に回るケース、多いんじゃないですか?

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない

    例えば、私なら「動きながらのストローク」が増えて来ると、ミスが増える。…

  2. 戦術

    試合では「落としても良いポイント」が大事な、その理由

    テニスの試合は、失点と得点の繰り返し。これを、自分の中でどう捉…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    目に見えるスコアだけで、本当の差は見えてこない

    数値は絶対値。1は2より小さいし、3は2より大きい。こ…

  4. テニス メンタル

    戦術

    頭の良いテニスは、決まった型がある

    頭脳プレーでやられた、みたいな試合。こういう試合って、ある程度…

  5. テニス メンタル

    戦術

    「まだ序盤だし、いつでも取り返せる」って、思ってない?

    テニスの試合、序盤が勝負。この重要性は何度も書いてきましたが、…

  6. テニス スマッシュ

    戦術

    ストロークとボレー、どっちで対抗していく?という話

    テニスの試合、ラリーになったらボレーかストローク。これで、相手…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    相手がネットに出て来ているのに、「後ろ足体重でベースラインからストローク」で粘る…
  2. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?
  3. ストローク

    「ボレー対ストロークのラリー練習」を工夫して、ストロークの応用力を磨くメニューに…
  4. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「試合前に決めておく大事なこと」を5つピックアップしてみた
  5. ストローク

    片手バックハンドでパワーが欲しければ、アノ裏ワザしかない
PAGE TOP