テニス 環境

その他

「忙しくて時間が無い」という人に、テニスの上達は難しい

私の周りでも、こういう方はとっても多いです。

でも、同じくらい多いのが「この人凄く忙しそうなのに、テニスどんどん上達してるな・・・」という人。

本人の感覚の問題?

いや、私は言葉にその人の人となり、がしっかり出ている良い例だと思いますよ。

忙しいから時間が無い、上達出来ない、というのは結構根が深い問題です。

 

「忙しくて時間が無い」という人に、テニスの上達は難しい

 


 

1.忙しい人に、未来は無い

厳しいですが、私の経験上これはあります。

心が無い、と書いて「忙」という字、ですからね。

自分で自分が忙しいと感じている人は、テニスもどこかその中でこなしている、ような感覚になるんですよ。

そして、どんなに練習に身が入らなくても、忙しい自分を言い訳にできる。

でも、その忙しさって、アナタ自身が自分で主観的に決めているだけですからね。

誰がどう見ても忙しい、時間が無い人なんて、世界にも数人だけだと思いますよ。

 

2.テニス時間はどこでも、作ることが出来る

例えば、こういったサイトを読むこと、もそうですよね。

動画を見たり、テニスノートを書いたり、読み返したり、コート以外で出来ることはたくさんあるはずです。

きっと、忙しい人って時間が無いんじゃない。

テニス時間を作るだけの、心の余裕が無いんだと思います。

私も、そういう時期はあります、もちろん。

時間はあるけど、テニスに気持ちが向かない。

でも、忙しいとは思わないんですよね。

こういう自分、こういう時期もあると、受け入れる方が楽ですから。

自分は忙しい、と思っていると何だか悲観的になるだけ、だと思いますよ。

 

3.1日15分、でも続けるのはすごく大変

これは私もブログを書いていて実感するんですが、毎日続けるって大変。

短い時間でも、テニスに使う時間を作ることって大変なんですよね。

でも、私が3年前からこのブログ更新を続けて、気付いたことがあります。

それは、短い時間でも1日少し、時間を作ってテニスについて考えたり、形にするだけで、試合結果が変わって来る。

試合結果を変えたければ、何かを始めてみて欲しいんです。

私で出来たので、みなさんにも出来るはず。

そして、一つの習慣にしてしまえば、忙しいとかそういう感覚も無くなりますよ。

 

4.テニスでも何でも、積み重ねに勝るものは無い

コート上での練習、は確かに時間も限られます。

忙しい、忙しくないに関わらず、私たちはテニスとどう向き合っていくのか、が大事ですからね。

小さいことでも良いんです。

何かを自分で積み重ねている、という実感を持てるようになって欲しい。

もちろん、このサイトを読み続けて頂いている方、も本当にすごいと思います。

正直、文章ばっかりで個人の感覚、をまとめただけのサイトですから。

4月は何かを始めるには最高、の時期ですからね。

1日5分、でも何かを続ければ、忙しいという概念も変わってくるでしょう。

 

テニスって、向き合えば向き合うほど、面白い。

積み重ねてきたから気付くこと、ってたくさんあります。

上達が難しい人は、やはり継続が出来ない人、が多い。

忙しいかどうか、なんて自分次第。

急に生活が変わることは無いでしょうから、考え方から変えてみませんか?

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス 部活

    その他

    明日、大一番の試合があるなら、「今まで自分に関わってきた全ての人の為に」戦い抜こう

    アナタは今、テニスをプレーしている方でしょうか。もしくは観戦を…

  2. テニス ボレー

    その他

    自分のテニスの調子を、ショートラリーから気付けますか?

    毎日の練習、スタート段階から自分の調子を把握する。これが出来る…

  3. テニス ダブルス

    その他

    「試合から経験して、必要性を感じる」から上達が早くなる

    テニスの試合に出る、ということ。仲間内ではなく外部の試合、とな…

  4. テニス 名著

    その他

    説得力があると感じてもらえるなら、それは私がリスクを負ってているから

    みなさんの周りにも、「この人は、説得力あるな・・・」という人、いますよ…

  5. テニス 気付き

    その他

    リーダーになった時点で、止まる人と伸びる人

    学生時代に、テニス部やサークルに所属していた人。社会人になって…

  6. テニス 客観視

    その他

    「今勝つテニスと将来勝つテニス」目の前の試合で勝つことだけを考え過ぎないこと

    テニスはディフェンスが重要。安定感がないと試合で勝利を掴むのは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    何かを変えることは、過去の自分を否定することとは違う
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、「客観的に観れば誰か一人が仕切っている」試合が多い
  3. テニス ボレー

    メンタル

    テニスでチャンスを活かせる人は、日頃から準備が出来ている
  4. サーブ

    相手のセカンドサーブを正確にチャージ出来れば、「ダブルフォルトが増えて自滅」して…
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    自分のポジショニングが、どう相手にプレッシャーを与えているのか?について
PAGE TOP