テニス 環境

その他

「忙しくて時間が無い」という人に、テニスの上達は難しい

私の周りでも、こういう方はとっても多いです。

でも、同じくらい多いのが「この人凄く忙しそうなのに、テニスどんどん上達してるな・・・」という人。

本人の感覚の問題?

いや、私は言葉にその人の人となり、がしっかり出ている良い例だと思いますよ。

忙しいから時間が無い、上達出来ない、というのは結構根が深い問題です。

 

「忙しくて時間が無い」という人に、テニスの上達は難しい

 


 

1.忙しい人に、未来は無い

厳しいですが、私の経験上これはあります。

心が無い、と書いて「忙」という字、ですからね。

自分で自分が忙しいと感じている人は、テニスもどこかその中でこなしている、ような感覚になるんですよ。

そして、どんなに練習に身が入らなくても、忙しい自分を言い訳にできる。

でも、その忙しさって、アナタ自身が自分で主観的に決めているだけですからね。

誰がどう見ても忙しい、時間が無い人なんて、世界にも数人だけだと思いますよ。

 

2.テニス時間はどこでも、作ることが出来る

例えば、こういったサイトを読むこと、もそうですよね。

動画を見たり、テニスノートを書いたり、読み返したり、コート以外で出来ることはたくさんあるはずです。

きっと、忙しい人って時間が無いんじゃない。

テニス時間を作るだけの、心の余裕が無いんだと思います。

私も、そういう時期はあります、もちろん。

時間はあるけど、テニスに気持ちが向かない。

でも、忙しいとは思わないんですよね。

こういう自分、こういう時期もあると、受け入れる方が楽ですから。

自分は忙しい、と思っていると何だか悲観的になるだけ、だと思いますよ。

 

3.1日15分、でも続けるのはすごく大変

これは私もブログを書いていて実感するんですが、毎日続けるって大変。

短い時間でも、テニスに使う時間を作ることって大変なんですよね。

でも、私が3年前からこのブログ更新を続けて、気付いたことがあります。

それは、短い時間でも1日少し、時間を作ってテニスについて考えたり、形にするだけで、試合結果が変わって来る。

試合結果を変えたければ、何かを始めてみて欲しいんです。

私で出来たので、みなさんにも出来るはず。

そして、一つの習慣にしてしまえば、忙しいとかそういう感覚も無くなりますよ。

 

4.テニスでも何でも、積み重ねに勝るものは無い

コート上での練習、は確かに時間も限られます。

忙しい、忙しくないに関わらず、私たちはテニスとどう向き合っていくのか、が大事ですからね。

小さいことでも良いんです。

何かを自分で積み重ねている、という実感を持てるようになって欲しい。

もちろん、このサイトを読み続けて頂いている方、も本当にすごいと思います。

正直、文章ばっかりで個人の感覚、をまとめただけのサイトですから。

4月は何かを始めるには最高、の時期ですからね。

1日5分、でも何かを続ければ、忙しいという概念も変わってくるでしょう。

 

テニスって、向き合えば向き合うほど、面白い。

積み重ねてきたから気付くこと、ってたくさんあります。

上達が難しい人は、やはり継続が出来ない人、が多い。

忙しいかどうか、なんて自分次第。

急に生活が変わることは無いでしょうから、考え方から変えてみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. その他

    「絶滅危惧種を救え!」テニスにおけるネットプレイヤーの未来

    ウィンブルドンとワールドカップ、同じ時期に開催されると面倒くさい。…

  2. テニス 夜

    その他

    「テニスに長期ビジョンは大事?」と思っているうちに、平等な時間はどんどん流れていきます

    勉強でもスポーツでも、長期的な目標やビジョンが必要。確かに聞こ…

  3. テニス

    その他

    力の差は無さそうなのに、スコアで差が出るのは、なぜ?

    「そんなに力の差は、無さそうなのになぁ・・・」と、思ってしまう。…

  4. その他

    テニスの試合で必要な、「ボールを動かし、相手を動かす」感覚を養う練習メニュー

    今回、ご紹介するメニューは、今までのメニューとは一味違います。…

  5. テニス 戦術

    その他

    テニス選手でも、「珍しいプレースタイル」は、誰だって戦い辛い

    テニス選手って、色々なタイプがいる・・・と思いますか?でも実際…

  6. テニス トレーニング

    その他

    テニスに必要なトレーニングは、「ショット別に目的を落とし込む」ことで意欲も高まる!

    学生の皆さんは部活の前後、社会人の皆さんは、もしかしたら自宅でトレーニ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    「スライスロブとトップスピンロブ」は、両方使えてこそ威力を発揮する
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「セカンドサーブが、どうにも安定しない・・・」大事な試合で入らなくなったときの緊…
  3. テニス ボレー

    メンタル

    みんな勘違いしてるけど、「闘志溢れるプレー」とは「相手を威圧する行為」ではない
  4. テニス シングルス

    その他

    「T-PRESS」は、こんな環境で更新しています
  5. テニス サーブ

    ダブルス

    「上辺だけの仲良しペアのダブルス」が試合に勝てない、その理由について考えてみる
PAGE TOP