テニス 環境

その他

「忙しくて時間が無い」という人に、テニスの上達は難しい

私の周りでも、こういう方はとっても多いです。

でも、同じくらい多いのが「この人凄く忙しそうなのに、テニスどんどん上達してるな・・・」という人。

本人の感覚の問題?

いや、私は言葉にその人の人となり、がしっかり出ている良い例だと思いますよ。

忙しいから時間が無い、上達出来ない、というのは結構根が深い問題です。

 

「忙しくて時間が無い」という人に、テニスの上達は難しい

 


 

1.忙しい人に、未来は無い

厳しいですが、私の経験上これはあります。

心が無い、と書いて「忙」という字、ですからね。

自分で自分が忙しいと感じている人は、テニスもどこかその中でこなしている、ような感覚になるんですよ。

そして、どんなに練習に身が入らなくても、忙しい自分を言い訳にできる。

でも、その忙しさって、アナタ自身が自分で主観的に決めているだけですからね。

誰がどう見ても忙しい、時間が無い人なんて、世界にも数人だけだと思いますよ。

 

2.テニス時間はどこでも、作ることが出来る

例えば、こういったサイトを読むこと、もそうですよね。

動画を見たり、テニスノートを書いたり、読み返したり、コート以外で出来ることはたくさんあるはずです。

きっと、忙しい人って時間が無いんじゃない。

テニス時間を作るだけの、心の余裕が無いんだと思います。

私も、そういう時期はあります、もちろん。

時間はあるけど、テニスに気持ちが向かない。

でも、忙しいとは思わないんですよね。

こういう自分、こういう時期もあると、受け入れる方が楽ですから。

自分は忙しい、と思っていると何だか悲観的になるだけ、だと思いますよ。

 

3.1日15分、でも続けるのはすごく大変

これは私もブログを書いていて実感するんですが、毎日続けるって大変。

短い時間でも、テニスに使う時間を作ることって大変なんですよね。

でも、私が3年前からこのブログ更新を続けて、気付いたことがあります。

それは、短い時間でも1日少し、時間を作ってテニスについて考えたり、形にするだけで、試合結果が変わって来る。

試合結果を変えたければ、何かを始めてみて欲しいんです。

私で出来たので、みなさんにも出来るはず。

そして、一つの習慣にしてしまえば、忙しいとかそういう感覚も無くなりますよ。

 

4.テニスでも何でも、積み重ねに勝るものは無い

コート上での練習、は確かに時間も限られます。

忙しい、忙しくないに関わらず、私たちはテニスとどう向き合っていくのか、が大事ですからね。

小さいことでも良いんです。

何かを自分で積み重ねている、という実感を持てるようになって欲しい。

もちろん、このサイトを読み続けて頂いている方、も本当にすごいと思います。

正直、文章ばっかりで個人の感覚、をまとめただけのサイトですから。

4月は何かを始めるには最高、の時期ですからね。

1日5分、でも何かを続ければ、忙しいという概念も変わってくるでしょう。

 

テニスって、向き合えば向き合うほど、面白い。

積み重ねてきたから気付くこと、ってたくさんあります。

上達が難しい人は、やはり継続が出来ない人、が多い。

忙しいかどうか、なんて自分次第。

急に生活が変わることは無いでしょうから、考え方から変えてみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス 準備

    その他

    今年も開幕した、「全国選抜高校テニス大会を観戦される方」に事前にチェックしておくと便利なこと

    今年もこの季節がやってきました。毎年福岡県博多で開催される、全…

  2. テニス 環境

    その他

    試合前にやっておくとスタートダッシュが切れる!「試合用のウォーミングアップ」を見直そう!

    「試合前に、どんなウォーミングアップをすれば良いんですか?」と…

  3. その他

    「熱くなった身体を冷やせ!」テニスの試合後に有効なクールダウンとは?

    まだまだ暑い日が続く毎日・・・。寒いよりはテンション上がって楽…

  4. テニス 格上相手
  5. その他

    「ドキドキのスペイン留学初日」スペインでのテニスと緊張感と

    赤土のコートで走り回る選手たちを観ていると、スペイン・バルセロナで練習…

  6. テニス ミス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ダブルス

    ロブ

    一見スマッシュを打てそうなロブ、こそダブルスでは最高に使えるロブ
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「絶対勝つ!」と気負って挑むより、「良い試合をしよう」と考えて入る方が試合に勝て…
  3. ストローク

    高い打点のストロークが打ち辛い人は、「ヘッドを立ててボールの横を捕らえる」スピン…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「150kmでも軽いサーブと、120kmでも重たいサーブ」の違いは、どこから生ま…
  5. テニス ダブルス

    ストローク

    並行陣を崩すショートクロスは、「打点を斜め前、少し近め」で!
PAGE TOP