テニス セオリー

その他

万全でなくとも、試合に出ましょう

冬の寒い時期、みなさんの中にも怪我に苦しんでいる方、多いと思います。

体調も崩しやすいし、厳しい時期ですよね。

私は、だからこそ、と思います。

冬のこの時期に、試合に出続けることが出来るかどうか。

これは、試合に勝てる選手になるうえで大事なポイントだと思いますよ。

 

万全でなくとも、試合に出ましょう

 

1.万全な時、なんて一生来ないかも

私は、こう思います。

私自身怪我が少ない方だと思いますが、それでもどこかしらは痛かったりするもの。

それが当たり前、小さい怪我や不調と付き合っていくのがテニス選手、だと思っていますから。

自分の全てが万全な時、なんて一生来ないかも知れない。

それくらいの意識、で良いと思いませんか?

もちろん、無理は禁物ですけどね。

自分の怪我や体調が、多少悪くても試合に出る、ゲームを作る。

この意識が、アナタ自身を強い選手へと成長させてくれるでしょう。

 

2.ただし一切、言い訳はしない

これが、なかなか出来ないんですよね。

まず、試合中に自分に言い訳したくなる。

無理して出ている、勝てなくても仕方ないじゃないか、と言いたくなる。

ここで、グッと我慢することが、アナタに出来るでしょうか。

考えてみれば、どこも痛くない、万全な状態で試合を出来たことなんてありますか?

年齢を重ねれば、きっとそれは難しくなる。

プロ選手だって、そうですよ。

痛い素振りを見せないだけで、相手に隠しながら、必死で試合に出続けている。

この姿勢は、私たちも学ばないといけないと思います。

 

3.試合に勝ちたいなら、試合に出続けないと

テニスの試合って、不思議なもの。

試合に出続けること、こそが、実は試合に勝つ為の一番の近道だったりします。

経験を積む、ことはもちろん大事ですが、「苦しい試合を勝つ経験」はなかなか出来ない。

それこそ、万全じゃない時に試合に出ること、が少ないと難しいですよね。

だからこそ、万全じゃなくても試合に出る。

その中で、自分が出来ることを模索していく。

そうするからこそ、テニス選手として工夫が身に付いていくんですから。

 

4.どうしようもない困難は、人を変える

かつて、両足が痙攣したプロ選手がアンダーサーブ、を打ったこともあります。

それと比較するのもどうかと思いますが、どうしようもなく困難な状況は、きっとアナタ自身を変えていきます。

工夫して、勝ちたいともがく。

これは、万全じゃなくても試合に出続けている人が、自然と身に付けていることでしょう。

怪我じゃなくても、ですね。

すごく強い相手と対戦したときに、少しでも勝てる可能性が高い策を探せるかどうか。

こういうテニス選手、なかなかいないじゃないですか。

万全でなくとも、試合に出る、もちろん無理のない範囲で。

この姿勢は、私たちに必要なことでしょう。

 

当然、怪我のケアや体調管理、が第一です。

その上で、の話ですのでご理解頂ければと思います。

自分の困難と上手く付き合っていく、その姿勢は、きっとテニス以外にもつながるはずです。

まぁ、それでも冬場に試合に出続けることは大変ですから。

ぜひみなさん、挑戦していく姿勢、は持ち続けて下さい。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. その他

    テニスの基本グリップは、小指を余らせるとリラックス出来てショットが伸びる

    テニスラケットを、どう持つのか。これって、意外と難しい問題なの…

  2. テニス フットワーク
  3. テニス ダブルス

    その他

    「頼りにされるテニス部のキャプテン、は何が違うのか?」について、後輩への声掛けから考えてみる

    強いテニス部には、強烈なリーダーシップを持って実力のあるキャプテンがい…

  4. テニス 環境

    その他

    「忙しくて時間が無い」という人に、テニスの上達は難しい

    私の周りでも、こういう方はとっても多いです。でも、同じくらい多…

  5. テニス トレーニング

    その他

    混んでいる電車の中で、「スマートにラケットバッグを運ぶ」方法を考えてみる

    通勤通学、テニスを頑張る皆さんはラケットバックを持って移動する機会が多…

  6. テニス 練習

    その他

    テニスの試合では、「ミスは責めないで、プロセスを責める」ことで失敗を繰り返さない選手になれる

    試合を通じて、色々な反省や課題が出てくる。ですが、ここで問題な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス シングルス

    練習メニュー

    テニス選手として試合に出るなら、必要な練習からの意識7つ
  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    テニスのスマッシュは、手打ちで全然良い
  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスにおいて前衛は、「攻撃の優先権がある」ことをまず認識しましょう
  4. 日々の雑記

    第3回 読者ミーティングを実施しました
  5. シングルス

    ワイドに打った後に、なぜセンターに戻るのは危険なのか?
PAGE TOP