テニス メンタル

メンタル

テニスは逃げない、逃げるのはいつも自分だということ

試合に出ていれば、辛いことばかり。

テニスを真剣に続けていれば、止めたくなる、逃げたくなる時期はある。

色々なご意見があると思いますが、私は前にも書きましたが、少しテニスから離れる時期があっても良いという考えです。

中学生、高校生、大学生にもなれば、自分で判断して、自分で決める。

そして、それを周りも受け入れる。

アナタ自身が逃げていかない限り、テニスはずっと待っていてくれるのです。

 

テニスは逃げない、逃げるのはいつも自分だということ

 

1.辛いときは、テニスから離れよう

私も経験がありますが、どうにも試合に勝てない。

大事試合、団体戦で2-2で負けた後には、もう消えて無くなりたいくらいの気持ちにもなりました。

でも、今だから考えられること。

それは、本当に辛いのなら、テニスから離れる時期があっても良い、ということ。

部活やサークルって、ちょっと長い期間を休む、ということは許されないことが多い。

でも・・・おかしいと思いませんか?

嫌々テニスを続けていても、上手くならないだけじゃなくて周りにも悪い影響しか及ぼさない。

そう考えると、テニスから離れるという選択は、自分で判断して実行していく、ことが大事だと私は思います。

 

2.テニスから離れて、初めてテニスをやりたくなる

これも、経験がある方は多いでしょう。

テニスから離れると、すごくテニスをやりたくなる。

試験期間中なんか、まさにそうですよね。

定期試験が終わった後は、とにかくテニスがやりたくなる。

あんなにキツイ、やりたくなかったテニスを、すごく自分が求めていることに気付く。

これも、真剣にテニスをやっているからこそ、味わえる実感だと思います。

 

3.テニスは逃げない、いつでもアナタを待っていてくれる

私も、大学を卒業してテニスコーチの仕事を辞めて3年間は、全くラケットを握りませんでした。

それも、全く苦にならない。

でも、気付いたのはその3年間、すごくテニスを求めていた・・・ということ。

心のどこかで欲していた、ことに気付いたときにこうも思いました。

「テニスは逃げずに、自分を待っていてくれたのかな・・・」と。

「何を大げさな・・・」と、思う方がほとんどでしょう。

でも、この記事を読んでいる方の中にも、テニスが辛い、今はお休みしているという方はたくさんいると思います。

焦らず、いきましょう。

テニスは逃げずに、静かにアナタを待っていてくれているのですから。

 

復帰した後、しばらく休んだ後って、実はテニスの上達が一番期待出来る。

頭も真っ新に、色々なことを新鮮な気持ちでトライ出来ますからね。

小さいこと、が実は大事なことだったんだと、気付くことも多いはずです。

まぁ、私が言うのもアレですが・・・このサイトを読んで頂いているような皆さんなら、きっと大丈夫です。

止めたり、はまったりを繰り返しながら、生涯黄色いボールを追いかけていくはずです。

そんな人生、悪くないと思いませんか?

 

今回のまとめ

アナタがテニスを離れたとしても、テニスはずっとアナタを待っていてくれるでしょう

 

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「さぁ、この1本!」という勝負所で、最高のパフォーマンスを引き出すには・・・?

    絶対獲りたい1本、試合の中でありますよね。4-4、30-30 …

  2. テニス

    メンタル

    優勝を経験した人は、その難しさを知れるから強くなる

    テニスの試合、第1シードがなぜ強いのか?それは、テニスの技術だ…

  3. テニス メンタル
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「絶対勝つ!」と気負って挑むより、「良い試合をしよう」と考えて入る方が試合に勝てる可能性大

    テニスの試合前、経験豊富な選手だって少なからず緊張する。特に、…

  5. テニス 部活
  6. テニス メンタル

    メンタル

    今から始めても遅くない「客観的に自分のテニスを見つめる」為の手段5つ

    もうすぐ4月。何か新しいことを始めたり、自分自身を変えてみたい…

特集記事

  1. ストローク

    相手の打つボールが、「スピンなのかスライスなのか?」を予測する為に必要な観察箇所…
  2. テニス 客観視

    その他

    テニスが強くなりたければ、「ライバルを味方にする」という考え方が必要です
  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合、「相手のリターン位置からサーブのコースを決める」ために必要な知識と…
  4. メンタル

    「粘り続ける技術と体力」テニスの試合で格上との対戦で競る為には・・・?
  5. テニス 観察

    メンタル

    テニス部のキャプテンとして大事なたった一つのこと、「しっかりと仲間を観る」ことの…
PAGE TOP