テニス 武器

メンタル

長期的な視野に立って、「欠点を武器に出来る積極性と工夫」が出来れば、アナタは強くなれる!

自分の長所と短所、しっかり言葉にできて自分の中で把握できていますか?

「自分のテニス、全然成長していない・・・」と悩んでいる人は、発想の転換が必要かも知れません。

私自身、ストロークが本当に苦手で、今でも強力なフォアハンドを打つ選手を見るとコンプレックスを感じることが多々があります。

思い切って、欠点を武器に変えてみましょう!

すぐには無理でも少し長期的な視点で考えると、気持ちも楽に継続できると思います。

 

長期的な視野に立って、「欠点を武器に出来る積極性と工夫」が出来れば、アナタは強くなれる!

 


 

■長所と短所は、表裏一体

私はテニスを始める前はバレーボールをやっていて、とにかくボレーが好きになりました。

逆にバウンドさせたら失点になるバレーと違い、テニスはバウンドさせてから打つストロークが主体。

これがどうにも上手く感覚がつかめず、ずっと試合では前でボレー出来るように無理やりアプローチやサーブ&ボレーを試みたり・・・とにかくストロークを打ちたくなかったんです。

ましてや強い相手はジュニアからみっちりストロークを叩きこまれていて、「とても勝てないな・・・」と思っていたのを覚えています。

こんな感覚、皆さんも少なからずあるんじゃないでしょうか?

 

■欠点を欠点と考えるから、試合で避けようとしていつまでも成長しない

高校2年生になる頃、このまま悩んでいても仕方無いので思い切ってストロークを大きく変えました。

待って打つのではなく、基本的にライジングショットで打てるようにタイミングを速くする。

そうすることで、ボレーに近い感覚で打てるようになり、しかも攻撃的にプレーできるようになりました。

変えた当初は、失敗の連続。

何せ安定していないので、今まで勝っていたような相手にも負けることも増えました。

それでもこのチャレンジがあったからこそ、そしてそのチャレンジの中でも「試合には出続ける」ということを実践したからこそ、ストロークの苦手意識を克服できたと今でも思っています。

要は、何でもアイデアと工夫次第、だと思います。

 

■大胆に自分を活かす方法を考えてみよう

私は当時の伊達選手を見てライジングショットに活路を見出しましたが、アナタ自身の道は様々です。

大事なことは、「自分の弱点」と思っている部分の発想を変えること。

打たないようにする、のではなく、自分の強みに近い形で変えていける手段は無いかを考えてみましょう。

コツとしては、「この弱点、こう打てるようになったらすごく俺強くなるのになー」という考えから、逆算して考えてみること。

ストロークが得意だけどボレーが苦手・・・という人は、ドライブボレーにヒントがあります。

ボレーでエースも獲れますし、ネットから遠いところでも打てて効果的!

プロ選手や身近な人の試合をたくさん観て、アイデアの原石、探してみましょう。

 

テニスも続けてくれば、誰だって先入観が出来てきます。

それは、アナタの成長を一番阻害してしまう要因。

部活にしろサークルにしろ、アナタのテニスは独自であって周りに合わせる必要は無いのです。

もっともっと、技術の幅はあるし何だってやって良い。

工夫こそ、テニスやスポーツの最大の魅力。

突き詰めてもテニスはある意味「遊び」ですから、楽しく工夫していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合はリードを奪うのは簡単だけど、「リードを守るのは難しい」のはなぜなのか?

    テニスの試合、誰でもまくられた経験はあるはず。リードしていても…

  2. テニス 準備

    メンタル

    テニスの試合は「いつもスロースターターで苦労する・・・」君に送る、メッセージ

    このサイトでは、何度も試合は「序盤が勝負!」ということを書いてきました…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    練習中に不機嫌な顔ばかり見せている人は、結局自分のことしか考えていない

    部活やサークルの練習中に、こんな人いませんか?私はいつも、こう…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「はまらないと勝てないテニス」は、カッコ悪い

    「はまると強い人」って、いますよね。テニス界にも、ビッグサーバ…

  5. テニス 気付き

    メンタル

    勝つために自分のテニスが制約される、その葛藤と生きていくしかない

    試合に出ていると、常に葛藤の連続。みなさんも、勝ちたいと思った…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「声を出してうるさい相手」ほど、黙らせれば楽に勝てる

    テニスの試合、どの会場にいてもうるさい選手はいる。声を出して試…

特集記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスのサーブ&ボレーでスプリットステップする場所は?
  2. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスの試合では、遅いボールほど細かいステップで合わせていこう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインのストローク、シュート回転してない?
  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、これが必須の黄金パターン
  5. ストローク

    フォアハンドがおかしくなるのは、軸足の意識が足りないから
PAGE TOP