テニス スライス

フットワーク

「大きな歩幅から、小さな歩幅へ」フットワークの基本を変えれば、テニスコート上でもっと早く動けるようになる!

テニスの試合で、フットワークは大事。

大事と分かっているけど、ショットの技術よりも練習の優先度は低いし、コーチもあまり細かいことを教えてくれない・・・。

そんな悩みを持っている方、多いと思います。

今回はあまり難しく考えず、歩幅の大きさの変化を意識することで、コート上でより速く的確に動けるようなコツをご紹介。

歩幅を意識すれば、フットワークは変わります!

 

「大きな歩幅から、小さな歩幅へ」フットワークの基本を変えれば、テニスコート上でもっと早く動けるようになる!

 


 

■スタートは大きく、ボールを打つ直前を小さく

テニスのおけるフットワークの基本は、細かい動き。

「足を細かく動かして!」というコーチの声、よく聞きますよね。

それでもシングルスの試合で大きく前後左右に振られるケースも実際多く、そのときにはどんなフットワークが求められるのか・・・を考えてみましょう。

スタート時は、大きな歩幅でなるべく少ない歩数で距離を移動できるとベスト。

しっかりコートを足で蹴って、スタートダッシュで加速できるようにしましょう。

 

■スタートダッシュにはスプリットステップのタイミングが大事!

スプリットステップを良いタイミングで実施すれば、コートをキックする力で身体を動かしやすくなります。

相手が打つ少し前に着地するくらいで、ちょうど良い。

初中級者の方は、このタイミングが遅いケースが多いように見受けられます。

相手が打っている瞬間に動いているのも、かなりまずい。

逆を突かれたら反応できませんので、まずどんな場所にいようともしっかりとスプリットステップは踏めるように練習しておきましょう。

 

■ボールを打つ前に、細かい歩幅で最終調整

ストロークでもボレーでも、最後は細かい動きでボールに合わせていく。

相手のボールがゆっくりで時間に余裕があっても、とにかくこの準備と歩幅を合わせる動きは早めに終えてしまいましょう。

コツとしては、少し重心を落として膝を曲げた状態でボールに入ること。

膝が伸びていると、細かいステップが使えません。

オムニコートでは足を滑らせるような例外的な技術もありますが・・・基本は細かく入ること、です。

自分が一番前後左右に素早く動ける態勢、頭の位置を探してみて下さい。

 

ボールに追いついて、そのボールをコントロールするのがテニスの基本です。

サッカーやバスケットのように「ボールをキープする」ことがテニスでは出来ません。

追い付いたら打ち返し、またすぐ次の態勢に入っていかなければなりません。

この危機感に近い意識を強く持つことで、フットワークは劇的に改善できるはず。

まずは歩幅からしっかり意識して、大きく、小さくを使い分けていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. フットワーク

    相手が打つ前に、攻撃的なポジショニングが取れているか?

    攻撃していきたいのに、ポジショニングがおかしい。そんな人が、…

  2. フットワーク

    浅いチャンスボール、を逃さないフットワークとは?

    相手の浅いボール、が自分のコートにバウンドする。本来チャンスな…

  3. テニス ウェア

    フットワーク

    「身体が勝手に反応してくれた」ときの感覚は、テニスで大事にして欲しい

    普段の練習の成果が、試合で出た時。すごく嬉しいですよね。そうい…

  4. テニス ストローク
  5. テニス

    フットワーク

    他のスポーツを経験してきて「あの癖」が抜けない人は、どうすれば良い?

    サッカーやバレーボール、バスケットボール・・・。細かい違いはあ…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスは、「動いているボールに対して合わせていく競技」という認識を、改めて持とう!

    色々なスポーツがある中で、テニスの難しさは何か?それは、「動い…

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で、「フラット気味になっているリターン」は安定しないので回転量を加え…
  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手によって守備位置を変える、のは全てのスポーツの基本
  3. テニス ルール

    練習メニュー

    1日5分間で良いから、「テニスについて真っさらな頭で考える」時間を作ろう
  4. テニス 練習

    ダブルス

    ダブルスでサーブ&ボレーが得意なら、「たまにステイして雁行陣にする」と、…
  5. スマッシュ

    厳しいロブに対応するスマッシュは、「つなぐ意識で」しっかりスマッシュ
PAGE TOP