テニス ストローク

メンタル

テニスの試合での逆転の常套手段、「相手の勝ちビビリ」を、絶対見逃すな!

テニスの試合、逆転が起きるのは日常茶飯事。

プロの試合でも一般、学生の試合でも、必ずテニスの試合に逆転は付き物です。

他競技と比較して、テニスはどんな部分で「逆転」が起きやすいのか。

そしてなぜ、「勝ちビビリ」をしてしまうのか・・・を考えると、そこに付け込む隙が見えてきます。

相手がマッチポイント、実は逆にチャンスかも知れませんよ。

 

テニスの試合での逆転の常套手段、「相手の勝ちビビリ」を、絶対見逃すな!

 


 

■ゲームごとにリセットされる、テニスのカウント形式

テニスはゲームを奪い合う。

その先にはセットを奪い合う訳ですが、ほとんどの試合は1セットマッチ、または8ゲームですよね。

であれば、ゲームをいか奪い合うか・・・が試合で大事ですが、それはラブゲームだろうがデュースになろうが、1ゲームは同じ価値。

そしてゲームが終わればまた0-0からにリセットされる。

つまり、あと少し・・・で勝てると思って落としたゲーム、の次も0-0から始まっていく。

また再度、マッチポイントを作るまでは長い道がある。

この切り替えが出来ない人は、どんどん「勝ちビビリ」に陥っていくのです。

 

■勝ちビビリする相手には、対応策がある

私は相手のマッチポイント、のときにはあえて粘るようにしています。

もちろん攻撃されない程度、に深いボールは打ちつつ、絶対に自分からミスをしない。

なぜなら相手が、それを期待しているからです。

まぁ、相手のミス待ちで勝ちビビっている人、多いですよね。

相手の期待していること、が分かればテニスは対応出来る。

その期待と逆のことをしてあげれば良い訳ですから。

 

■「マッチポイント」を凌いだ次のポイントは、強気に攻撃!

試合にはメリハリ、が大事。

相手がマッチポイントを落として落ち込んでいるときには、しっかり攻撃していきましょう。

粘った後に強気、の攻撃をしてくる相手は、「あっ、コイツまだ諦めていないな・・・」と思わせる。

この感覚を相手に与えれば、益々勝ちビビリに陥ってくれる可能性大、です。

勝つ意思をしっかり見せる、ことが大事なのです。

 

「逆転」もテニスにおいて、ある種の特技であり習慣化出来る。

一度逆転の実績があると、結構自信になりますし、やり方が身に付いてくる。

ぜひ、マッチポイントからの逆転経験、皆さんも積んでみましょう。

そのためには、諦めない。

諦めない意思を相手に見せ付ける。

冷静になればなるほど、相手の「勝ちビビリ」が見えてくるはずです。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス 居場所

    メンタル

    「褒められても、その気になるな」テニスの試合で本当に必要な実力について考える

    とある高校でレッスンやった時に、こんな質問というか相談があった。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「自信があるフリ」は、自分の頭をも凌駕していく

    身の程知らず、という言葉がありますよね。自分の実力もよく分かっ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    調子は悪くなる、だからその時間を短くしたい

    試合前は、良いイメージばかり。「今日は勝つぞ!」と思って勇んで…

  4. テニス サッカー

    メンタル

    「失敗しても良いから、挑戦しよう」は、正しいようでちょっと違う

    私は何度も、新しいことへの挑戦の必要性を書いて来ました。その中…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    思い出して欲しいのは、勝って嬉しい対戦相手は自分だったという事実

    皆さんも、「勝って本当に嬉しかった試合」って、いくつかあるはず。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会は、「個人戦こそ、団体戦である」と心得よう

    今年も始まりました、全豪オープン!遠くオーストラリアの地から、…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 客観視

    その他

    「今勝つテニスと将来勝つテニス」目の前の試合で勝つことだけを考え過ぎないこと
  2. テニス スライス

    ロブ

    なぜ、アナタのロブは試合で安定しないのか、を解説します
  3. テニス 練習

    戦術

    自分の形を作るとは、戻れる型を作るということ
  4. テニス 不安

    戦術

    結果オーライ、だから勝てないんです
  5. テニス スコアシート

    テニス知識

    テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
PAGE TOP