テニス メンタル

メンタル

やたらと「自分のテニスの理想を語りたがる人」は、きっと試合に出ていない人

自分の目指すもの、理想は果てしなく高くて良い。

きっとそれ以上は、たどり着けないのだから。

でも、あまりにやたらと周りに自分の理想のテニス、について話したがる人は、ちょっとどうかと思う。

きっとそんな人は・・・こうだと思います。

 

やたらと「自分のテニスの理想を語りたがる人」は、きっと試合に出ていない人

 


 

1.試合に出ていないから、何でも言える

試合に出ている人、草トーでも市民大会でも、高校生・大学生の大会でも良い。

どんなレベルの試合でも、試合に出ている人は理想よりもまず現実を知っている。

厳しいこと、なかなか上手くいかないことで頭はいっぱい。

もちろん自分が目指す理想はあるけど、それを考える余裕なんてそんなに無いはず。

よほど試合に勝って勝って、優勝しまくっていれば別だと思いますが・・・。

逆に試合に出ていない人は、何だって言える。

だって、厳しい場面に立ち向かっていない、経験していない訳ですから。

皆さんは、どうですか?

 

2.試合に出ている人は、とにかく「理想」どころじゃない!

試合に出ている人は、周りに理想を話している場合じゃない。

「だってお前、こないだ負けてたじゃん」って言われるし、それもすごく強い相手に負けるよりも実力が同じくらいの相手に負けて悔しい、機会が多いですよね。

理想は大事だけど、周りに話すことが少し申し訳無くなる。

出来ていないことを「出来ていない・・・」と話すのなんて、理想ではなくただの愚痴。

そんな選手と話したいとは、思わないですよね。

 

3.理想のテニスは自分の中で育て、大事な人にじっくり話そう

でも、私は周りに自分のテニスについて話すことは大事だと思っています。

それこそ、理想を語ることで協力してくれる人も増えるし、自分の中での約束=コミットにもなる。

ですがそれは、基本的に自分の中でじっくり育て、大事な人に話すこと。

軽々しく周りのみんなに話すことでは無い、でしょう。

もっと現実的な話、今のテニスに必要な話、があるはずです。

 

結論、「厳しいけど、試合に出ましょう!」ということ。

理想を打ち砕かれても、その方がテニス選手としては立派。

色々うんちくを垂れても、試合に出ていない人からの言葉は軽くて軽くて・・・。

私自身、試合に出なくなったらこのサイトを更新する資格は無いと思っています。

まぁ・・・なかなか勝てないのですが。

皆さんと一緒に、頑張っていきます!

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝ち進みたい」なら、今日限りで止めたほうが良いこと6つ

    「試合に勝ちたくて練習してるけど、なかなか結果が出ない・・・」と、悩ん…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    スコア差があっても無くても、集中力に差が生まれてはいけない

    すごく、難しい話です。普通の人は、まずできない。でも、…

  3. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスの試合で「試合巧者」と呼ばれる選手は、相手の心を折るのが上手い選手です

    「あ、この試合はもう終わったな・・・」と、周りから観ていて分か…

  4. テニス チャンス

    メンタル

    マッチポイントは、一度相手に握らせらるくらいで良い

    試合の中で、緊張しやすい人。特に、相手のマッチポイントのような…

  5. テニス ミス

    メンタル

    「相手、もう試合を諦めたな・・・」と感じた瞬間から、アナタのテニスが崩れていく要因は何か?

    試合に勝ち切れない、リードしているのに試合に終止符が打てない。…

  6. テニス 準備

    メンタル

    「テニスノート」をつけるときに盛り込みたい要素とは?

    マンガ「ベイビーステップ」の流行もあり、改めて見直されているテニスノー…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜアナタのダブルスは勝てないのか?」を考えると、試合中にペアに謝ることの無意…
  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ミックスダブルス、「女性側にボールを集められる」ことは想定内
  3. ダブルス

    相手が「陣形を作ろうとするショット」を、見逃してはいけない
  4. ボレー

    低いボレーを低く狙うよりは、積極的にロブボレーを使おう
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「やっと届いたボレーなら、まず時間を稼ごう!」無理して大振りしても、ポイントを失…
PAGE TOP