テニス メンタル

サーブ

ダブルスの試合で必須な「センターへのサーブ」を身に付けてテニスの試合を勝ち抜く4つのコツ

テニスにおいてダブルスの試合では、センターへのサーブが増えます。

センターからはリターンで確度を付け辛いので、ポーチに出やすいという利点があり、特に男子ダブルスではこの形でポイントが終わるケースも多くありますね。

初中級や部活で頑張っている学生の方も、ちょっとしたコツでセンターへのサーブをしっかり打てるようになります。

ダブルスで前衛を活かす為にも、しっかり練習して身に付けましょう!

 

ダブルスの試合で必須な「センターへのサーブ」を身に付けてテニスの試合を勝ち抜く4つのコツ

 


 

1.スピンサーブ・スライスサーブ共に、「ボールの軌道」をしっかりイメージする

アナタのサーブがどんな球種であれ、ボールは必ず回転した状態で曲がりながらコートに落ちます。

その軌道をしっかり把握して、イメージすることが大切です。

右利きの方は自分の球筋が左に曲がりますので、どれくらい曲がるかを逆算してネットの上のどの部分を通すのかを確認しておきましょう。

 

2.身体の開きを抑えるには、「トスを上げる腕」を上手く活用するのがポイント

センターへのサーブは、どちらのサイドも身体をコンパクトに保ち、身体の回転をどこかで制御する必要があります。

特に右利きの方のデュースサイドからのサーブは、相手方向に背中を向けながら打つようなイメージで、慣れるまではかなり窮屈に感じるでしょう。

ポイントはトスを上げた腕をなるべく下げないで、打つときには身体の前に下してそのまま開きを抑えるようにします。

これが身に付くと、緊張した場面でもしっかり振り切ることができるので、意識してみて下さい。

 

3.軸足をキックすることで、意識を下半身に

右利きの方であれば左足、左利きの方であれば右足を、しっかり曲げてキックしましょう。

この曲げ伸ばしがあることで、ボールに高さが出て上に力が伝わりやすいのです。

テニスの試合で緊張した場面ではどうしても上半身に力が入りがちですので、下半身をしっかり使って上半身は脱力した状態を保つようにしましょう。

きっと試合の中でのスタミナも保てるはずです。

 

4.一般の社会人プレイヤーにはスライスサーブもお勧め

センターへのサーブはキックするスピンサーブのイメージが強いかも知れませんが、一般の方でお勧めなのはスライスサーブ。

相手のリターンの打点を落とすことができ、その後のポーチでも決まりやすくなります。

特に右利きの方のデュースサイドからは、相手のボディに食い込むような軌道で飛んでいく為、ミックスダブルスの女性相手にも有効になります。

 

いくつかポイントを書いてきましたが、大事なことを最後に一つ。

一番簡単にサーブをセンターに打つ方法は、「なるべくセンター寄りからサーブを打つ」ということです。

ダブルスの試合では、サーブをかなりサイド(シングルのサイドライン)寄りに立っているプレイヤーを多く見ます。

これでは、相手のリターンにプレッシャーをかけることが難しいのです。

センターへのサーブが甘くなってしまいますので、リターン側はすごく楽です。

今一度、ダブルスの立ち位置のポジションを確認してみて下さい。

少なくとも、センターマークとシングルスサイドラインの真ん中くらいからは打ちたいところ。

以外とサイド寄りに立っていないか・・・要注意です。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. サーブ

    サーブを打つ前、ボールはラケットのどこに当てる?

    みなさんはサーブを打つ前、どんな構えを意識していますか?恐らく…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストで遅いサーブを打つ、勇気を持とう

    試合の中で、速いサーブにリターンで合わせるのが上手い人は多い。…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    試合の後半のサーブは、「バック側を警戒させて、フォア側で仕留める」コース取りでいこう

    サーブをどこに打って、攻撃していくべきか・・・。相手の様子や自…

  4. サーブ

    シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について

    シングルスの試合では、カバーする範囲が広い。特にセカンドサーブ…

  5. テニス ガット

    サーブ

    試合で良いサーブを打った後に、「次の攻撃に備えてグリップチョイス」が出来てますか?

    サーブからの攻撃、3球目でしっかりポイントが獲れる・・・。これ…

  6. サーブ

    試合で遅いサーブ、が有効な場面とは?

    サーブで緩急を付ける。これは、実はプロでも実践していて、非常に…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「低く滑る攻撃的なスライス」のストロークを身に付けて、試合で使えると勝率は上がり…
  2. ボレー

    練習慣れって、怖い
  3. テニス フットワーク

    テニス知識

    テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. テニス スライス

    ストローク

    テニスの試合では「浅いボールにいかに早く気付けるか」が、ストローク戦の結果を大き…
  5. 練習メニュー

    試合で使う打ち方って、何通り?
PAGE TOP