テニス メンタル

サーブ

ダブルスの試合で必須な「センターへのサーブ」を身に付けてテニスの試合を勝ち抜く4つのコツ

テニスにおいてダブルスの試合では、センターへのサーブが増えます。

センターからはリターンで確度を付け辛いので、ポーチに出やすいという利点があり、特に男子ダブルスではこの形でポイントが終わるケースも多くありますね。

初中級や部活で頑張っている学生の方も、ちょっとしたコツでセンターへのサーブをしっかり打てるようになります。

ダブルスで前衛を活かす為にも、しっかり練習して身に付けましょう!

 

ダブルスの試合で必須な「センターへのサーブ」を身に付けてテニスの試合を勝ち抜く4つのコツ

 


 

1.スピンサーブ・スライスサーブ共に、「ボールの軌道」をしっかりイメージする

アナタのサーブがどんな球種であれ、ボールは必ず回転した状態で曲がりながらコートに落ちます。

その軌道をしっかり把握して、イメージすることが大切です。

右利きの方は自分の球筋が左に曲がりますので、どれくらい曲がるかを逆算してネットの上のどの部分を通すのかを確認しておきましょう。

 

2.身体の開きを抑えるには、「トスを上げる腕」を上手く活用するのがポイント

センターへのサーブは、どちらのサイドも身体をコンパクトに保ち、身体の回転をどこかで制御する必要があります。

特に右利きの方のデュースサイドからのサーブは、相手方向に背中を向けながら打つようなイメージで、慣れるまではかなり窮屈に感じるでしょう。

ポイントはトスを上げた腕をなるべく下げないで、打つときには身体の前に下してそのまま開きを抑えるようにします。

これが身に付くと、緊張した場面でもしっかり振り切ることができるので、意識してみて下さい。

 

3.軸足をキックすることで、意識を下半身に

右利きの方であれば左足、左利きの方であれば右足を、しっかり曲げてキックしましょう。

この曲げ伸ばしがあることで、ボールに高さが出て上に力が伝わりやすいのです。

テニスの試合で緊張した場面ではどうしても上半身に力が入りがちですので、下半身をしっかり使って上半身は脱力した状態を保つようにしましょう。

きっと試合の中でのスタミナも保てるはずです。

 

4.一般の社会人プレイヤーにはスライスサーブもお勧め

センターへのサーブはキックするスピンサーブのイメージが強いかも知れませんが、一般の方でお勧めなのはスライスサーブ。

相手のリターンの打点を落とすことができ、その後のポーチでも決まりやすくなります。

特に右利きの方のデュースサイドからは、相手のボディに食い込むような軌道で飛んでいく為、ミックスダブルスの女性相手にも有効になります。

 

いくつかポイントを書いてきましたが、大事なことを最後に一つ。

一番簡単にサーブをセンターに打つ方法は、「なるべくセンター寄りからサーブを打つ」ということです。

ダブルスの試合では、サーブをかなりサイド(シングルのサイドライン)寄りに立っているプレイヤーを多く見ます。

これでは、相手のリターンにプレッシャーをかけることが難しいのです。

センターへのサーブが甘くなってしまいますので、リターン側はすごく楽です。

今一度、ダブルスの立ち位置のポジションを確認してみて下さい。

少なくとも、センターマークとシングルスサイドラインの真ん中くらいからは打ちたいところ。

以外とサイド寄りに立っていないか・・・要注意です。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス 練習

    サーブ

    ファーストサーブをネット、から全て崩れていく

    ファーストサーブを、パサッとネットする。何気ない光景のようです…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打った後の着地足は、「基本は前足着地」を意識してしっかりジャンプしてみよう

    サーブを打つとき・・・までは神経を使っていても、打ち終わったときにはも…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    「シンプルに上で打ち終わる」サーブを覚えると、試合の中ですごく使える!

    サーブという動作は、本当に人それぞれ。初心者の方から上級者の方…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーのトスアップは、もっとリターンの選手に向かって上げて良い

    サーブ&ボレーに迫力がある人って、トスアップが違う。私はそう思…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがどうも安定しない人は、「体重移動の幅を狭くする」ことで改善されるかも知れません

    サーブが安定しない人、悩んでいる人は何かを変えないといけない。…

  6. サーブ

    「野球のピッチング練習」を見て感じた、テニスのサーブ練習にも必要な声掛けについて

    この前ふと、プロ野球のピッチャーの投球練習を観ていて気付いたことが。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ボレー

    ドライブボレーを打ったら、すぐにグリップチェンジを!
  2. テニス ポジショニング

    フットワーク

    ストロークが強力な相手にこそ、アナタは下がってはいけない
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    理想を高く持てる選手が、その理想に近付いていける
  4. テニス センス

    その他

    「テニス中のBGM」は試合中に流れてますか?
  5. テニス メンタル

    サーブ

    「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイン…
PAGE TOP