テニス メンタル

サーブ

サーブの調子が悪い時は、決まってこうなっている

サーブの調子が悪い時。

それには、共通点があります。

その共通点を理解していれば、必ず改善出来る。

落ち着いて試合でも修正出来れば、負け試合を拾えますよ。

 

サーブの調子が悪い時は、決まってこうなっている

 


 

1.まず、せっかちになっているはず

とにかく早く、サービスゲームを終えたい。

サーブを打っているのが嫌だから、早く次のゲームにいきたいと思ってますよね。

こういうせっかちな状態では、当然キープも難しくなる。

どんなにせっかちにゲームを進めても、ポイントは1ポイントずつしか進まないですから。

ファーストサーブを入れていった方が、絶対に打つ回数も少なくて楽なはず。

せっかちになっている自分に気付いたら、進行のペースを落としましょう。

深呼吸して、一旦間を空けてみる。

それくらいの余裕があれば大丈夫です。

 

2.トスの精度が悪くなっている

せっかちになれば、トスも乱れる。

サーブのトスの乱れって、心の乱れそのものなんです。

だから、精度が低くなってしまってサーブの安定感が低下する。

トスが悪くても、「良いか・・・もう」という感じで、打ってしまうんですよね。

これはもう、危険な状態です。

自分のトスは、やり直しても良い。

せっかちになって打っている自分に気付かないと、サーブは修正出来ないですよ。

 

3.相手のリターンに、プレッシャーを受けている

強い相手、リターンが上手い相手だと・・・調子、どうですか?

どこかでビビってしまっているので、力が入っている。

サーブの調子を乱すケースが多いのが、テニスの試合です。

相手のリターンがどんなに強力でも、まずサーブが入らないと試合にならない。

それに、ファーストサーブがしっかり入れば大丈夫。

強い相手でも、そこまで良いリターンは入らないですよ。

ほとんどが、アナタ自身の自滅なはず。

サーブの調子が悪いときには、相手を意識し過ぎている。

そう気付ければ、まだ挽回出来ます!

 

4.それでも、調子が上がらないなら・・・

私はある秘策、を用意してます。

それは、サーブを打つ位置を変えるということ。

オーバーフォルトが多いなら、ベースラインから30cmくらい下がって打つ。

センターよりも少しだけワイド寄りに立って、まずは入れることを最優先する。

決して良い作戦ではないですが、どうしても入らないならこれくらいハッキリ対策を取っても良い。

ネットから離れるので、多少大き目に打っても入る軌道になります。

ちょっとした工夫で、「大丈夫、入るはず」と思えるうような工夫。

大事だと思いませんか?

 

サーブの調子が悪いなら、やることは明確。

実はシンプルに、ちょっとした修正を入れるだけで試合の現場で改善出来るはず。

せっかちにならないこと、ちょっとした工夫を用意して相手にプレッシャーを意識し過ぎないこと。

これだけで、かなり変わると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    相手に読まれにくいサーブ、ってどんなサーブだろう?

    錦織選手の試合、惜しかったですね・・・。改めて感じたのは、「サ…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイント

    トーナメントに出て試合をしている皆さんの中には、「速いサーブ」よりも「…

  3. サーブ

    ボールを下に突く、のにもコツがある

    サーブを打つ前に、ボールを下に突く。この何気ない動作、みなさん…

  4. サーブ

    サーブ&ボレー、常識を変えていこう

    サーブ&ボレー、なぜなかなか上手くいかないのか。この問題を考え…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに苦手意識がある人こそ、しっかり狙う癖を付けよう

    サーブが得意!という人、少ないですよね。特に女性の方は出来れば…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブが入ったときには、「コートの内側に1歩」入って攻撃態勢を整えよう

    サービスゲームに自信が持てない人、それはもしかしたらポジショニングも大…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    メンタル

    「0-40からは、粘っても仕方ない・・・」だと、ずっと鴨と思われて終わる
  2. テニス メンタル

    その他

    「考える」ことは誰でも出来るけど、「考え抜く」ことは一握りの人しか出来ない
  3. 戦術

    自分が打ちやすい打ち方だけでは、試合に勝てない
  4. テニス メンタル

    戦術

    リードしているその瞬間も、「相手だったら何を考えるか」を想像しよう
  5. テニス メンタル

    メンタル

    相手のダブルフォルトを期待する、のは応援に任せましょう
PAGE TOP