テニス テニスノート

戦術

サーブもリターンも、一発ずつでは無く「試合の中でトータル」で考えること

テニスの試合は、サーブかリターン。

必ずこの両方、でスタートします。

全ポイント、必ず共通するこの開始のショット、私たちはつい「その時々」のショットにばかり、目がいってしまう。

でも、試合に勝てる、強い人はそんなに一喜一憂はしない。

もっと大局を見て、トータルで考えていますからね。

この感覚は、試合で必要ですよ。

 

サーブもリターンも、一発ずつでは無く「試合の中でトータル」で考えること

 


 

1.1球ずつで考えると、しんどいし疲れる

私も、特にサーブでそうですかね。

良いサーブ、悪いサーブ、あって当然。

試合の中で、ずっと良いサーブばっかり打ち続けるなんて無理、だと思っています。

だから何を考えるかと言えば、良いサーブ、を打った後にはとことんその貯金を利用する、ということ。

その次のサーブは、相手もかなり身構えていますからね。

同じようなサーブでも、きっと2回目のサーブは良いサーブとは言えない、くらいに対応して来る可能性が高いでしょう。

だから、あえて遅く打ってリズムを変える、タイミングを外す。

あえて遅く打つ、くらいでちょうど良いと私は思いますよ。

 

2.良いサーブより、良いサービスゲーム、を作っていこう

この意識が持てると、すごく楽ですよ。

1回のダブルフォルトや、細かいミスは気にしない。

1ゲームをトータルで考えて、しっかり良いサービスゲームを作って、キープにつなげていく。

つい、私たちはゲーム最初のサーブでファーストが入らないと、もう落ち込んでブレイクのチャンスを与えてしまう。

これでは、試合で勝てる訳がありませんよね。

トータルで考えて、失点を調整していく。

ファーストが入らないなら、セカンドサーブを2回打っても良いじゃないですか。

サービスゲーム、を作っていくという意識があれば、試合ではまだまだ戦える。

これは、サービス力が無い選手こそ、必要な発想だと思いますよ。

 

3.そろそろ、サービスゲームにプライドを持つ時期でしょう

みなさん、ついサーブもリターンも、同じ1ゲームという感じになってはいませんか?

ブレイクされても、気にしない。

そもそも、ブレイクされまくっているから、自分のサービスゲームにプライドも無い・・・ようでは、厳しいでしょう。

良い機会ですから、そろそろ自分のサービスゲーム、を簡単に渡さないような意識に変えていきましょう。

サーブの調子が悪くても、ゲームを作る。

トータルで考えて、良いサーブをより活かす方法、で試合を進めてみませんか?

きっと、サービスゲームに粘りが出て来るはず。

淡泊なサービスゲーム、ほどもったいないものはありませんから。

 

4.リターンゲームも、同じ考えでOK

こっちの方が、少しプレッシャーが少ないですかね。

良いリターン、はどんどん利用して変化を付けていく。

ずっとタイミングが合って、リターン出来るなんて超人的なスキルは、私たちにはありませんから。

良い感じのポイント、の後にこそ、それをどう活かすのかを考える。

サーブを打つ側の選手、が悩めるように誘導したいですよね。

リターンゲームも、単発ではなくトータルで考えられるようになると、試合で強くなる。

ぜひ、意識して準備してみてください。

 

とにかく、色々やりましょうということです。

一喜一憂しない、為には何が必要なのか、それは大局観と客観的な視点です。

1ゲームをトータルで考えて、相手にプレッシャーをかけていく。

自分にばっかりプレッシャーをかけるのは、もう終わりにしましょう。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス ミス

    戦術

    試合の流れが相手側にあるときにこそ、自分が焦ってはいけない

    テニスの試合に、焦りは禁物。でも、分かっていても・・・なんです…

  2. テニス ストローク

    戦術

    「難しいこと」は、どんどん相手にやらせよう

    試合の中で、「難しいこと」って何でしょう?アナタがやっていて「…

  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、「対戦相手を騙すこと」は悪いことですか?の問いかけについて

    2年くらい前に、ある高校のテニス部の先生からこんなことを言われました。…

  4. テニス メンタル

    戦術

    相手にリードされてから頑張る、人がほとんど

    試合の中で、自分が頑張れる時。いつもよりもギアが上がって、しっ…

  5. テニス 練習
  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「たまたま調子が悪い日」を無くす5つの方法

    試合の調子には波がある。誰でもそうですが、試合に強い人はその波…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 前衛

    ロブ

    ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです
  2. テニス センス

    その他

    「テニスはセンスが無いと、上手くなれない」といっている人こそ、考え方のセンスが無…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    振り回されてボールを追えないのは、メンタルが弱いのではなくて「技術不足」
  4. テニス ロブ

    スマッシュ

    スマッシュを安定させるなら、スウィング後半はゆったりと
  5. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、テイクバックの形でパワーが決まる
PAGE TOP