テニス テニスノート

戦術

サーブもリターンも、一発ずつでは無く「試合の中でトータル」で考えること

テニスの試合は、サーブかリターン。

必ずこの両方、でスタートします。

全ポイント、必ず共通するこの開始のショット、私たちはつい「その時々」のショットにばかり、目がいってしまう。

でも、試合に勝てる、強い人はそんなに一喜一憂はしない。

もっと大局を見て、トータルで考えていますからね。

この感覚は、試合で必要ですよ。

 

サーブもリターンも、一発ずつでは無く「試合の中でトータル」で考えること

 

1.1球ずつで考えると、しんどいし疲れる

私も、特にサーブでそうですかね。

良いサーブ、悪いサーブ、あって当然。

試合の中で、ずっと良いサーブばっかり打ち続けるなんて無理、だと思っています。

だから何を考えるかと言えば、良いサーブ、を打った後にはとことんその貯金を利用する、ということ。

その次のサーブは、相手もかなり身構えていますからね。

同じようなサーブでも、きっと2回目のサーブは良いサーブとは言えない、くらいに対応して来る可能性が高いでしょう。

だから、あえて遅く打ってリズムを変える、タイミングを外す。

あえて遅く打つ、くらいでちょうど良いと私は思いますよ。

 

2.良いサーブより、良いサービスゲーム、を作っていこう

この意識が持てると、すごく楽ですよ。

1回のダブルフォルトや、細かいミスは気にしない。

1ゲームをトータルで考えて、しっかり良いサービスゲームを作って、キープにつなげていく。

つい、私たちはゲーム最初のサーブでファーストが入らないと、もう落ち込んでブレイクのチャンスを与えてしまう。

これでは、試合で勝てる訳がありませんよね。

トータルで考えて、失点を調整していく。

ファーストが入らないなら、セカンドサーブを2回打っても良いじゃないですか。

サービスゲーム、を作っていくという意識があれば、試合ではまだまだ戦える。

これは、サービス力が無い選手こそ、必要な発想だと思いますよ。

 

3.そろそろ、サービスゲームにプライドを持つ時期でしょう

みなさん、ついサーブもリターンも、同じ1ゲームという感じになってはいませんか?

ブレイクされても、気にしない。

そもそも、ブレイクされまくっているから、自分のサービスゲームにプライドも無い・・・ようでは、厳しいでしょう。

良い機会ですから、そろそろ自分のサービスゲーム、を簡単に渡さないような意識に変えていきましょう。

サーブの調子が悪くても、ゲームを作る。

トータルで考えて、良いサーブをより活かす方法、で試合を進めてみませんか?

きっと、サービスゲームに粘りが出て来るはず。

淡泊なサービスゲーム、ほどもったいないものはありませんから。

 

4.リターンゲームも、同じ考えでOK

こっちの方が、少しプレッシャーが少ないですかね。

良いリターン、はどんどん利用して変化を付けていく。

ずっとタイミングが合って、リターン出来るなんて超人的なスキルは、私たちにはありませんから。

良い感じのポイント、の後にこそ、それをどう活かすのかを考える。

サーブを打つ側の選手、が悩めるように誘導したいですよね。

リターンゲームも、単発ではなくトータルで考えられるようになると、試合で強くなる。

ぜひ、意識して準備してみてください。

 

とにかく、色々やりましょうということです。

一喜一憂しない、為には何が必要なのか、それは大局観と客観的な視点です。

1ゲームをトータルで考えて、相手にプレッシャーをかけていく。

自分にばっかりプレッシャーをかけるのは、もう終わりにしましょう。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    よし、いける!と相手に思わせて、罠にはめよう

    ダブルスの試合で、上手くフェイントを入れて相手を誘う。前衛のと…

  2. テニス 格上相手

    戦術

    テニスの試合、粘り強く勝てる人は「同じことを根気よく繰り返す」ことが出来る人

    試合の中で、粘りが足りないで淡泊な試合が多い人は、なかなか勝てない人が…

  3. テニス ストローク

    戦術

    タイミングの早いテニスに対応するには、何が出来るだろう?

    タイミングが早いテニス、強い相手では対応していかないといけません。…

  4. テニス 練習

    戦術

    前衛でプレッシャーをかけるときは、必ずウォッチの準備を

    自分がネットで、プレッシャーをかけるとき。相手の視界に入って、…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合で、「対戦相手の得意コースを見抜く方法」を教えます

    アナタが試合をするとき、対戦相手はどんな特徴を持っているのか。…

  6. テニス 練習

    戦術

    コードボールで失点、のような後には、遠慮なく時間を使って間をあけることも大事

    試合の中で、ネットに当たってポトリ・・・と落ちるようなコードボール、あ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    やたらと「自分のテニスの理想を語りたがる人」は、きっと試合に出ていない人
  2. テニス スライス

    ストローク

    スライスストロークをストレートに流す、技術はなぜ必要なのか?
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    「片足スプリットステップはテニスプレイヤーなら誰でも使える!」試合での反応を良く…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で有効な「ワイドへのスライスサーブをしっかり打てるようになる」為に必…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分を盛り上げてくれるのは自分しかいない」のです
PAGE TOP