サーブ

「サーブの安定感は前足から」身体の開きを抑えて土台を残す意識が、試合で使えるサーブの大前提

サーブの打ち方は人それぞれですが、良いサーブを打てる人に共通しているのが「前足」の安定。

どうしても上半身の動きに頼りがちですが、その動きを制限するのも軸足となる前足。

試合でもつい意識が無くなりがちな、サーブのときの軸足について改めて確認してみましょう!

 

「サーブの安定感は前足から」身体の開きを抑えて土台を残す意識が、試合で使えるサーブの大前提

 


 

■右利きの人であれば左足の安定感、これがサーブの生命線

サーブのときの前足、どの程度使えてますか?

しっかり膝を曲げてキックするときに必要な軸足となり、最もサーブで大切な場所。

女性でもこの軸足がしっかり使えれば、力を上に伝えることができて伸びのあるサーブが打てるようになります。

 

■上半身の振り切りを、下半身で止めてあげる意識で

コートを蹴って力を伝える為にも、上半身はリラックスしつつ身体の開きを抑え、回転のし過ぎを抑えないといけません。

その働きを担うのも、この前足。

打つ前につま先が動いてしまうと、途端に身体が回転してしまいますので注意しましょう。

ラケットを持つ腕が上でしっかり振り切って終わる為にも、軸足を意識してサーブを練習していきましょう。

 

■トスの位置も大事!前足の30cm前に上げて、上に振り切ろう!

どんなに正しい身体の動きを覚えても、良いトスが上がらなければ崩れてしまいます。

コート内、前足となる軸足よりも30cm前に落ちるくらいでちょうど良い。

打ちながら、着地はコート内で終われるように、軸足でしっかりコートを蹴ってジャンプしましょう。

その際に、上半身の動きはシンプルに、回転を抑える。

「こんなにシンプルに打てるのか・・・」と思ったなら、成功です!

 

一般の皆さん、学生の皆さんにとって、サーブに求めるものはまず安定感。

エースを狙うのは大きくリードしたとき、くらいでしょうか。

また結果的にエースになることはあっても、まずはサーブでラリーの主導権を握ることを意識することが重要です。

そして安定すれば、ラリーにもリズムが生まれます。

ファーストサーブをしっかり入れて、良い流れでラリーに展開できるポイントを増やしましょう!

きっとそのときは、アナタも試合に勝てるようになっているはずです。

 

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. サーブ

    サーブ&ボレー相手にパッシング、難しいって

    これから試合の中で、サーブ&ボレーを取り入れていきたいと考え…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「サーブを打つ前に、どこを見る?」基本的な順番から覚えましょう!

    サーブはルーティン動作。同じ動作を繰り返すから安定するし、精神…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスを前にするというのは、「着地で完全にコートの内側に入る」ということです

    「サーブのトスは、しっかり前に!」というアドバイス、コーチからもらって…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前から緊張する人は、「踵(かかと)」からゆっくり入るとリラックス出来るはず

    サーブを打つ前、緊張しますよね。これは、テニスの試合では避けて…

  5. サーブ

    改めて見直したい、サーブの基本中の基本5つ

    サーブを打って、ラリーが始まる。どんなレベルでも種目でも、テニ…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    自分のサーブのトスのやり直しは、1ゲームに1回までが目安でしょう

    サーブのトスアップ、みなさんはどの程度「やり直す」ことがありますか?…

特集記事

  1. リターン

    ダブルス上級者を目指すなら、「リターンからのチェンジプレー」も対戦相手に積極的に…
  2. テニス

    その他

    力の差は無さそうなのに、スコアで差が出るのは、なぜ?
  3. 戦術

    「こんなの、自分のプレーじゃない!」という方へ
  4. テニス メンタル

    その他

    インターネットがテニスにもたらしたもの、について考えてみた
  5. 練習メニュー

    4月からテニス部に入部してくる、「新1年生向けに基礎的な練習メニュー」を考えたい…
PAGE TOP