サーブ

「サーブのトスを低くしてみる」ことで、アナタは劇的に変わるかも知れません

各選手の特徴を観ていて、面白いと思うのがサーブ。

これだけ指導法も確立されて、ラケットもガットも進化してきて、テニスというスポーツはどこか「テクニックが画一化されつつある」という話を聞いたことがあります。

確かに、両手バックハンドストロークなんかは、正直プロ選手でも同じように見える選手が多いですよね・・・。

でも個人的には、サーブって特徴が強く残っているような気がします。

だからこそ、レベルアップが難しいとも言えるのかも知れません。

そんなサーブ、試合でもっと使える武器にしていきたい・・・と考えている人は、一度トスアップを低くしてみることをオススメします。

 

テニスの試合、「サーブのトスを低くしてみる」ことで、アナタは劇的に変わるかも知れません

 


 

■「サーブは高い打点で!」という、常識を疑ってみる

スポーツには、成長を妨げるときに大きな壁となっている要素があります。

それは、いつの間にか出来上がっている「先入観」。

サーブは、「高い打点で!」と、誰でも一度は教えられたことがあると思います。

その為に、トスを高く・・・と考えると、実はこれでバランスを悪くしている選手が多い。

高いトスを打つサーブは、タイミングを取るのもかなり難しいし、風にも弱い。

高く上げたボールは落ちてくるときに加速度も高まりますし、体への負担も大きい、それに高くボールを上げるには腕の力も必要になり体力を消耗してしまいます。

 

■低いトスは、ダブルスプレイヤーの中でも主流になりつつある

サーブ&ボレー、またサーブでもコースを重視するプレイヤーの中では主流になりつつあると感じています。

兄弟で活躍するブライアン選手がこの低いトスアップ、効果的に使用していますよね。

クイック気味に打つこともできて、リターン側にプレッシャーをかけることが出来る。

スライスサーブやスピンサーブは、低いトスのほうがシンプルなラケットワークで打ちやすいと思います。

高いトスで、一度身体が止まり気味になってしまう・・・という人は、ぜひ試してみることをオススメします!

 

■低いトス、だからこそ力は下半身から

低いトスで伸びのあるサーブを打つには、しっかり地面をキックしてパワーを伝えたい。

トスアップと同時に、前足の膝をしっかり曲げてみましょう。

そしてぜひ、友達に頼んで動画で撮影してみて下さい。

自分の動画を観たときに、思ったより・・・曲がっていない可能性が大、なのがこのサーブの難しいところ。

男性で身長がある人ほど、この膝は曲がりにくい傾向にあるので、注意して練習してみて下さい。

 

トスアップを安定させたい、というお話は何度か記事でも書いてきましたが、極論高さを低くするのが一番簡単。

それでも、「打ちにくい!」と感じる人もいるでしょう。

ですがこの「低いトス」を一度試してから、少しずつ高くしていくことで「良いトスの高さ」が見つかるかも知れません。

今のトスアップが、完成系では無いということだけ、頭に入れてみて欲しい。

自分のテニスを変えていくことに、貪欲になっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だけで実は充分なんです…

    サーブに悩んでいる男性の方、意外と「自由に打てる」サーブが障害になって…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    ダブルスの試合で必須な「センターへのサーブ」を身に付けてテニスの試合を勝ち抜く4つのコツ

    テニスにおいてダブルスの試合では、センターへのサーブが増えます。…

  3. テニス ダブルス
  4. サーブ

    サーブを打った後に構え直しが遅れる人は、「下までラケットを振り下ろす」のを止めてみよう!

    サーブを打った後、皆さんはどんな態勢になっているかイメージ出来ています…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝ちたければ、「サービスごとのポイント獲得率」をしっかり意識しましょう

    試合に強い選手は、数字に強い。試合内容で自分が把握している数字…

  6. サーブ

    サーブの強化とは、多様性

    「良いサーブが打ちたい!」と、漠然と考えている方は多いですよね。…

特集記事

  1. テニス 客観視

    メンタル

    自分の敗戦と正面から向き合える人は、実はすごく少ない
  2. テニス ボレー

    ボレー

    中級と上級の差、ハイボレーをふかしてアウトしてしまう人は、「横向きの抑え」が足り…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    低い打点のストロークは、低いままで終わるから安定感が増す
  4. テニス 部活

    メンタル

    テニスの試合で「どうしても頑張りきれない」ときには、誰かの為にと頑張ってみる
  5. テニス 守備

    戦術

    速い球を速い球で返す、のは意外と簡単なのがテニス
PAGE TOP