テニス ポジショニング

メンタル

テニスについて、「知っている」のと「考える」のとでは、成長の度合いが全く違います

テニスについて、あれこれ知識を持っている人は多い。

直近の世界ランキング、テニスギア、最新のテクニックや練習方法まで、コーチ並みの知識を持っている人はたくさんいます。

でも、情報を集めて知っているのと、自分で「考える」というのでは全く違う。

ぜひ、10代の学生の方にも考えて欲しいということで、今回はこのテーマを一緒に考えてみませんか?

 

テニスについて、「知っている」のと「考える」のとでは、成長の度合いが全く違います

 


 

1.テニスについて、自分なりに「考えてみる」機会ありますか?

最初は皆さんも、教えられる前に自分なりに「テニス」を考えて楽しんだところからスタートしたと思います。

「どうやったらラリーが繋がるだろう?」「ボレーはどうやったら、上手くコントロール出来るだろう」といったことを、テニスを楽しむ為に考えてプレーしていたはず。

それがいつしか、「上手くなる」「強くなる」ためには、誰か他の人の意見や指導を聞かないといけない、に変わってしまっていませんか?

自分で考える、という機会を失ってきていると、テニスの成長に黄色信号なのです。

知る機会は増えて、考える機会が無くなってしまっているかどうか、考えてみましょう。

 

2.コートの広さにもルールにも全て、理由がある

テニスコートの広さ、ルール、全て人間が考えたものです。

ということは、そこには理由や背景がある。

だからこそ、その理由を自分なりに考えてみる機会は、ただ「コートが何メートル×何メートル」かを知っている、のよりも大事なことかも知れません。

もしテニスコートがあと1m、縦に長かったら・・・とか、考えてみたことありませんか?

硬式テニスではなぜ、センターベルトを使ってわざわざ真ん中のネットの高さを低く設定している理由、考えてみたことはありますか?

何でも良いので、小さいことに疑問を持って考える癖を付けるだけで、「考える力」は付いていきます。

 

3.「考えること」が出来るから、自分らしいテニスが出来てくる

コーチや先生から、「お前はどんなテニスがしたいんだ?」と、聞かれることはありませんか?

いくらテニスについて知識を身に付けても、経験を積んでも、自分で考えて何かしらの答えを出していかないと「自分らしさ」に自信が付いてきません。

正解は無いですし、軌道修正すれば良いんです。

自分の頭で考えてみて、大事なのはそれを誰かに話してみること。

人に自分の考えを伝えることで、より自分でも考えが深くなりますし言葉について深みが出て来る。

「ボレーは振らない、って教えられたんだけど、自分は小さくは振ったほうが良いと思うんだよね」とか、そんなことでも全然OK。

 

自分の頭で考える、というのはテニスだけでなく、今の日本スポーツ界全体に欠けていると感じています。

考える、という行為は、ともすれば指導者からすると「面倒」ともとられがち。

「ごちゃごちゃ考えてないで、練習しろ!」と、どなられて終わりかも知れませんが・・・終わらせてはダメ。

普段の部活や練習の中から、ぜひ一度見直してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします

関連記事

  1. メンタル

    ミスの根本の原因は、相手に対する恐怖心にある

    人は、何かに恐怖を抱く時、焦りが生じる。これは、テニスでも私生…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「日記ってスゴイ」テニスの試合で強くなるには、自分を見つめ直し続けること

    家を離れた時に、日記を付けるようにしている。と言っても、こうい…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「力を出し切れていない」自分こそ、自分の実力である

    「やれば出来る子」この言葉、最近またCMや色々な場面で聞きます…

  4. テニス ストローク

    メンタル

    相手をおちょくってみる、という意識は必要

    テニスの試合、ちょっとした意識の問題について。言葉は悪いかもし…

  5. テニス センス

    メンタル

    「テニスの悔しさは、テニスでしか埋められない」ことの現実を、しっかり理解しておこう

    テニスの試合、負けた悔しさは誰もが味わうこと。その悔しさを、ど…

  6. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲ること!

    テニスの試合、特に団体戦では「粘り」が得意な選手が力を発揮することが多…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ラケットは常に、「利き腕でない方の腕」を意識
  2. その他

    「甘ったれるな!トレーニングしろよ!」テニスのトーナメントを勝ち抜くには持久力は…
  3. 日々の雑記

    知るということは、自ら動くということ
  4. 戦術

    戦いの前には、やることを絞る
  5. テニス ダブルス

    フットワーク

    「結果的に入っても取れる」フットワークを
PAGE TOP