テニス サーブ

ダブルス

何回もサーブのトスアップをやり直すと、味方の前衛はリズムを取り辛くなる

サーブのトスアップ、皆さんは試合中何回くらい「やり直し」をすることがありますか?

多い少ない、はあると思いますし、このあたり明確にルールで決まっている訳ではありません。

ですが、私が試合で主審をやっていた頃は・・・さすがに1試合で10回以上トスアップのやり直し、が出て来ると、試合の雰囲気がおかしくなってくる。

ジュニアの試合であれば、試合後に少し注意したこともあります。

それに、きっとダブルスだったらこういう問題も起きてくると思うんですよね。

 

何回もサーブのトスアップをやり直すと、味方の前衛はリズムを取り辛くなる

 

1.正直、前衛やり辛い・・・

と、思うのが自然だと思います。

味方のサーバーのトスアップに合わせて、前後に動いたりフェイントを入れたり。

もちろん、風が強い日や調子が悪い日は、トスアップをやり直して良い。

でもそれが何回も何回も続くと・・・前衛としたら、どうでしょう。

すごくリズムが取り辛い、と感じることはありませんか?

これって、自然な感覚だと思います。

ですので、まずは自分のサーブのトスアップ、出来るだけ「やり直さない」ようにしていくことが一番です。

 

2.やり直すときは、相手に一声かけておこう

これも、ルールではありません。

あくまでマナーの話。

でも、軽く手を挙げて「すみません」という意志を示すだけでも、だいぶ違いますよ。

自分としても、余裕が生まれますしね。

それに、前衛のパートナーとしても、サーバーが「申し訳無さそうにしている」ことは伝わる。

改善しよう、という意識が見えれば、前衛としても安心しますからね。

トスアップをミスしたら、それは仕方ない、やり直しましょう。

大事なのは、その後の雰囲気作り、です。

 

3.2回やり直した時点で、何かを変えよう

私もトスアップが合わない、調子が上がらないときはあります。

そんなときには、「2回やり直したら、トスを低く調整する」ことを実行する。

そのまま同じように上げていても、またやり直し、でダブルスのペアに迷惑をかける。

何より、自分のサーブのリズムも悪くなりますからね。

セカンドトス、みたいなトスを、持っておいても良いと思いませんか?

風の影響も受け辛い、少し低めでシンプルなトスアップ。

試合の中で、きっと使える時が来ると思いますよ。

 

4.前衛を活かすも殺すも、サーバーのリズム次第

ダブルスの試合って、リズム良くキープ出来るときは本当に楽。

そういうときって、シンプルにファーストサーブが入る、ポーチに動けるとき、なはず。

そしてそのファーストサーブが入るときは、きっとトスアップも安定しているとき、じゃないですか。

リズム良く試合を進めていくには、リズム良くサービスゲームをキープしていかないと。

たかがトスアップ、されどトスアップ。

テニスの試合では、誰かが代わりに上げてくれる訳ではありませんからね。

自分で準備、していくしかないんです。

 

5.自分で気付く人は、変えられる

こういう内容って、「そんなの当たり前じゃん」と思う人もいるでしょう。

または、「トスアップなんて完璧に出来ない、やり直した方が良いトスで打てるし!」という方もいるでしょう。

何も気にしない、という前衛の方もいると思いますしね、人それぞれです。

でも、自分で気付けるかどうかは大事。

ダブルスの前衛が、何だか「やり辛そうにしている」ことに気付けるかどうか。

トスアップのやり直し一つでも、気にしてみる必要はあると思いますよ。

 

こういう部分から気付いて、「本気でトスアップを練習しよう」という気持ちになる。

ただ何となくトスを安定させたい、くらいのモチベーションだと難しいでしょう。

「トスに失敗したら、やり直せば良いし」と、思ってしまう。

確かにそうなんですけどね。

でも・・・あえて、統計的な感覚で言わせてもらいますと、何度もトスをやり直すような選手、大会で上位にはいない気がします。

いたとしても、稀でしょう。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合で「ダブルスの雁行陣の弱点」は、学生プレイヤーの皆さんにも覚えておいて欲しい

    「雁行陣」という言葉が、テニスにはあります。前衛と後衛が、はっ…

  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛の選手は、「基本に忠実な動き」だけでは成長できない!自分で変化を付ける勇気を

    アナタはダブルスで前衛と後衛、どちらが得意ですか?好き、という…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    試合中にミスを続けるダブルスペアに、「どういう言葉をかけることが出来るのか?」を考えよう

    ダブルスの試合、ペアのミスがどうにも止まらない。そんなときに、…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合、「ダブルスペアの力で試合に勝つ」為に必要な練習方法と考え方について

    今回アンケートを頂いた皆さんの中で、「ダブルスのペアで勝つ為に、どんな…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合は、「アレーコートにバウンドするボール」に狙いを定めよう

    ん?どういうこと?と思った方も多いと思います。ダブルスの試合、…

  6. ダブルス

    横軸で見ると、ダブルスの穴は3か所ある

    ダブルスの試合で、相手のどこを狙うのか。基本的には、穴は3つあ…

特集記事

  1. サーブ

    「より良いサーブ練習」にする為に、テニスの試合の要素を加えてみる
  2. リターン

    両手バックハンドリターン、肩をぶつけるつもりでアタックしよう
  3. ボレー

    テニスの試合の中で「身体の正面にきたボレー」をしっかり返球できるようになるコツ4…
  4. テニス ポジショニング

    練習メニュー

    テニスの練習の質を上げたければ、個人テーマの準備は欠かせない
  5. 戦術

    攻守の集中力、逆にしてみない?
PAGE TOP