テニス メンタル

サーブ

サーブのときのトスアップは、「自分の足元にターゲット」を作って練習しよう!

サーブが安定しない人は、ほとんどトスアップからおかしい、安定していない。

テニスでは自分でボールを上げて打つ、このサーブが難しいんですよね・・・。

トスアップをしっかり安定させるために、どんな練習が必要でしょうか?

 

サーブのときのトスアップは、「自分の足元にターゲット」を作って練習しよう!

 


 

1.落ちる場所をターゲットに設定してみる

実際にボールをトスアップするときには、早めに上を見て上げる場所を設定する。

そして、そこにボールをセットする形で上げると安定するはず。

でも、更に安定感を出したい人は・・・普段の自分のトスが、「どこに落ちているのか?」をしっかり把握する。

意識としては、コートの内側、前足の20~30cm前くらい。

遠すぎても、近すぎても上手く打てないので、自分で探ってみましょう。

 

2.セカンドサーブは、もう少し自分の近くでもOK

ファーストサーブとセカンドサーブ、皆さんトスは同じですか?

私は、少しだけセカンドサーブを自分の身体の近くに上げている。

回転量を増やすため、ですね。

この調整は、恐らくプロ選手でも8割くらいの選手が実践しているでしょう。

トスアップでファーストとセカンドを分ける、と考えておくと、試合でも整理しやすいですよね。

ボールをトスアップして、どこに落ちるのか。

しっかり確認しておきましょう!

 

3.落ちる場所を安定させるには・・・何が必要?

トスアップで、落ちる場所を安定させれば自然に軌道も安定する。

軌道が安定すれば、サーブだって本当に改善されます。

このトスアップを安定させるために、必要な要素って何でしょう?

 

・高さを低めにする

・目線の高さまでしっかりボールを離さない

・コップを持つように中指~小指でボールを軽く持つ

・トスアップ時に軽く膝を曲げて重心を落とす

 

私が意識しているのは、これくらいです。

1~2つでも良いので、試してみて下さいね。

 

トスアップの練習は、1日3分で良いのでやりましょう。

実際の試合で、「毎日少しずつでもやってきたから」というのが、アナタを支える自信になるはず。

腕の動き、は出来るだけシンプルに。

落とす場所を安定させる意識で、試してみて下さい!

 

今回のまとめ

落とす場所をイメージして、サーブのトスアップは練習してみよう!

 

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    試合でこそ効果を発揮する、「女子ダブルスに必要なサーブ」の特徴5つ

    サーブが得意!と、自信を持って言える方。女性のみなさんには特に…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを勘違いしている人は、「頭の後ろでボールをこすってばかり」だから入らない

    身体を大きく反って打つスピンサーブは、男性ならしっかりセカンドサーブと…

  3. サーブ

    セカンドサーブのトスは、少しだけ身体の近くに設定すれば安定する

    ファーストサーブと、セカンドサーブ。この2つのサーブの、どこを…

  4. テニス ロブ

    サーブ

    サーブを打つときの体重移動は、トスアップと合わせるとリズムを取りやすい

    サーブの体重移動、皆さんどんなポイントを意識してるでしょうか。…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    風が強く吹く中で、「サーブを安定させる」ために必要なコツ4つ

    強風の中での試合、テニスなら多いですよね。これが苦手だと、アナ…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    「セカンドサーブを、少しだけパワーアップ」させたのが、アナタのファーストサーブです

    「ファーストサーブを入れること」の重要性は、何度も書いてきました。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインはフラット、という勘違い
  2. テニス リターン

    その他

    真剣にテニスに取り組んでいれば、「理由無く人から嫌われることだってある」ことを覚…
  3. ストローク

    「フォアハンドストロークでエースを決めろ!」その為に意識したいポジショニングにつ…
  4. テニス 練習

    水分補給

    「まだまだ暑くなる夏に向けて、さぁ準備」しっかり準備対策を取れば、熱中症は防げる…
  5. 戦術

    自分がしっかり満足出来るショット、なんて1試合で3球くらい
PAGE TOP