テニス メンタル

ストローク

攻撃していく場面で「打ち方が変わる」人は、いつまで経っても中級者

試合に強い人、攻撃をしっかりポイントにつなげることが出来る人は、ここが違う。

少しのチャンスを逃さない、チャンスを拡げる力を持っている。

でも、それって特別なこと?特別なショット?

では無いはず、なんです。

きっと皆さんの周りの強い人こそ、そうじゃないですか?

 

攻撃していく場面で「打ち方が変わる」人は、いつまで経っても中級者

 

1.楽な感じで、攻撃的なショットを打ってない?

試合に強い人って、攻撃がすごくリラックスしている。

浅いボールをアプローチショット、で攻撃していくときも、すごく力が抜けている。

むしろ、後ろで通常のボールを打っている時よりも楽そうに打っている・・・ような気さえしますよね。

これは、受ける方の選手はたまらない。

攻め急いで、多少のミスが出るくらいの相手なら粘れるけど、攻撃していく中でミスの雰囲気が無い・・・ような相手は、こちらもミスが早くなる。

こういうチャンスこそ力が抜けるような選手、に皆さんもなって欲しいんです。

2.どこかで打ち方が変わってしまっていないか?

浅いボール、は特にそうですね。

打ち方が変わってしまう、となかなか上手くいかない。

当然、浅いボール=ネットから近い位置ですから、回転量は多く与えて相手コートにボールを入れていかないといけない、のは確かです。

でも、ベースラインからのストロークと、大きく変える必要は無い。

少しグリップを厚くする、くらいですかね。

あとはコントロール勝負。

ボールをスピードアップさせる必要も無いし、その後のネットプレーでプレッシャーをかければ良い。

それくらい楽な感じで、攻撃していく姿勢を持ってみて良いでしょう。

 

3.回転量は増やした方がリラックス出来る

「でも、チャンスではいつも緊張して・・・」

「ラケットが振れなくなって・・・」

と、悩む方は、まずボールの回転量を増やしましょう。

スピンでもスライスでも、回転量を多くすればラケットを振り切ることが出来る。

これが出来ないと、いつまで経ってもアナタは中級者を脱することが出来ない、でしょう。

浅いボールに、回転をかける。

慣れるまではかなり難しいでしょうが、一度「アウトするくらいのつもり」で打ってみて良いと思いますよ。

試合でも、ラケットを振ってコートにおさまるような感覚、身に付いていくはずです。

 

4.1発で決めようと思わないで、相手を動かすつもりで

テニスはそれでも、なかなか簡単にはポイントは決まらないスポーツ。

リラックスしてラケットを振って回転をかけて、攻撃していく。

その結果、相手を動かしていく、くらいの意識でちょうど良いでしょう。

ボールに触らせない、とか思い出すと、もう力が入って来て上手くいかない。

1発で決めよう、なんて全く思う必要は無い。

相手を動かして動かして、結果的に3球くらいでポイントを取る。

くらいの意識があれば、打ち方だってそう変わらないでしょう。

 

自分で試合の動画を観ると、違いが分かるはずですよ。

チャンスで力が入っていると、どこが変わってくるのか。

グリップ以外、も大きく変わっていると、それは普段「練習していないショット」になりますからね。

ミスが増えて当然。

攻撃のときに、自分が何も変わらない、平常心。

これだけで、テニスの試合は強くなれるはずです。

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    「ストロークでズルズル後ろに下がるアナタに、未来は無い!」くらいの危機感が必要な理由

    テニスの試合で、ストロークが強い相手に押されて後ろに下がってしまい・・…

  2. ストローク

    深いストロークの、軌道の頂点はどこ?

    深いストロークを打ちたい・・・でも、アウトも怖い。この葛藤、…

  3. ストローク

    浅いボールの打ち込みも、軌道は山なり

    試合で浅いボールを、相手コートに打ち込んでいく。この何気ない…

  4. テニス 準備

    ストローク

    ストロークに必要な速い準備とは、「相手が打ったボールがネットを越える前」までが勝負です

    ストロークで問題を抱えている人の、ほとんどは構えが遅い。構え・…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、テイクバックの形でパワーが決まる

    片手バックハンドストローク、もっとパワーが欲しい。私もそう感じ…

  6. テニス スライス

    ストローク

    テニスの試合では「浅いボールにいかに早く気付けるか」が、ストローク戦の結果を大きく左右する

    相手とストロークでラリーをしているときに、試合に出ているか、出ていない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスパートナーとの話し合い」テニスの試合で必要な、情報共有のポイント5つ
  2. テニス メンタル

    ストローク

    両手バックハンドストロークで、しっかりスピン回転をかける基本5つ
  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    クロス方向へのスマッシュは、「スライス回転をかけるとバウンド後に逃げていく」軌道…
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    練習中にコート上に落ちているボールの数だけ、アナタのチームの弱さである
  5. 戦術

    練習すること、が目的になってないか?
PAGE TOP