テニス メンタル

ストローク

攻撃していく場面で「打ち方が変わる」人は、いつまで経っても中級者

試合に強い人、攻撃をしっかりポイントにつなげることが出来る人は、ここが違う。

少しのチャンスを逃さない、チャンスを拡げる力を持っている。

でも、それって特別なこと?特別なショット?

では無いはず、なんです。

きっと皆さんの周りの強い人こそ、そうじゃないですか?

 

攻撃していく場面で「打ち方が変わる」人は、いつまで経っても中級者

 

1.楽な感じで、攻撃的なショットを打ってない?

試合に強い人って、攻撃がすごくリラックスしている。

浅いボールをアプローチショット、で攻撃していくときも、すごく力が抜けている。

むしろ、後ろで通常のボールを打っている時よりも楽そうに打っている・・・ような気さえしますよね。

これは、受ける方の選手はたまらない。

攻め急いで、多少のミスが出るくらいの相手なら粘れるけど、攻撃していく中でミスの雰囲気が無い・・・ような相手は、こちらもミスが早くなる。

こういうチャンスこそ力が抜けるような選手、に皆さんもなって欲しいんです。

2.どこかで打ち方が変わってしまっていないか?

浅いボール、は特にそうですね。

打ち方が変わってしまう、となかなか上手くいかない。

当然、浅いボール=ネットから近い位置ですから、回転量は多く与えて相手コートにボールを入れていかないといけない、のは確かです。

でも、ベースラインからのストロークと、大きく変える必要は無い。

少しグリップを厚くする、くらいですかね。

あとはコントロール勝負。

ボールをスピードアップさせる必要も無いし、その後のネットプレーでプレッシャーをかければ良い。

それくらい楽な感じで、攻撃していく姿勢を持ってみて良いでしょう。

 

3.回転量は増やした方がリラックス出来る

「でも、チャンスではいつも緊張して・・・」

「ラケットが振れなくなって・・・」

と、悩む方は、まずボールの回転量を増やしましょう。

スピンでもスライスでも、回転量を多くすればラケットを振り切ることが出来る。

これが出来ないと、いつまで経ってもアナタは中級者を脱することが出来ない、でしょう。

浅いボールに、回転をかける。

慣れるまではかなり難しいでしょうが、一度「アウトするくらいのつもり」で打ってみて良いと思いますよ。

試合でも、ラケットを振ってコートにおさまるような感覚、身に付いていくはずです。

 

4.1発で決めようと思わないで、相手を動かすつもりで

テニスはそれでも、なかなか簡単にはポイントは決まらないスポーツ。

リラックスしてラケットを振って回転をかけて、攻撃していく。

その結果、相手を動かしていく、くらいの意識でちょうど良いでしょう。

ボールに触らせない、とか思い出すと、もう力が入って来て上手くいかない。

1発で決めよう、なんて全く思う必要は無い。

相手を動かして動かして、結果的に3球くらいでポイントを取る。

くらいの意識があれば、打ち方だってそう変わらないでしょう。

 

自分で試合の動画を観ると、違いが分かるはずですよ。

チャンスで力が入っていると、どこが変わってくるのか。

グリップ以外、も大きく変わっていると、それは普段「練習していないショット」になりますからね。

ミスが増えて当然。

攻撃のときに、自分が何も変わらない、平常心。

これだけで、テニスの試合は強くなれるはずです。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. ストローク

    タイミングだけで、打ってない?

    練習では良い感じ、だけど試合で勝てない人。結構、こういう人が…

  2. テニス リターン

    ストローク

    バックハンドストロークが弱々しい時、後ろ足が上がってませんか?

    ストロークで押されて失点する時は、ほとんどバックハンド。バック…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    「バックハンドストロークが安定しない!」人はチェックして欲しい5つのポイント

    テニスを初めてまず最初にぶつかるのが、バックハンドストロークを安定させ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、テイクバックの形でパワーが決まる

    片手バックハンドストローク、もっとパワーが欲しい。私もそう感じ…

  5. テニス 打点

    ストローク

    「相手が打ったら、準備を速くする」ことで得られる、5つのK

    何度も繰り返し、で書いてきたのでもう聞き飽きたか方も多いと思いますが、…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    ボレーヤーの足下に沈めるストローク、ラケットを低い位置でフィニッシュ!

    相手の足下に、ストロークでボールを沈める。しっかりスピンをかけ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    サーブ

    試合でサーブが安定しない・・・と感じている人の問題点は、「軌道が低くて直線的」な…
  2. テニス 団体戦

    戦術

    テニスの試合で成功したことは、どんどんフォーマット化しよう
  3. その他

    今の状況になって、気付いたこと
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    背が高い人がスマッシュ上手、とは限らない
  5. テニス メンタル

    その他

    今すぐに「カッコイイ、可愛い髪型」になるには、どうすれば良い?
PAGE TOP