テニス フットワーク

ダブルス

ダブルスの前衛に絶対必要なのに、実践出来ている人が少ない「前方向へのスプリットステップ」について

前衛でしっかりポーチに出たかと思えば、ストレートもしっかりブロックできる。

何よりネットに詰めてくる威圧感が凄い・・・そんなプレーは、理想ですよね。

これ、実はポジションとステップの改善だけで、誰でも身に付けることができる技であることは、あまり知られていません。

味方のサーバーがサーブを打つときに一工夫、ひと手間加えるだけで、アナタのテニスは見違えるほど相手にとって「嫌」なものになるでしょう。

 

ダブルスの前衛に絶対必要なのに、実践出来ている人が少ない「前方向へのスプリットステップ」について

 


 

■やればそれだけで、ポーチ名人に近付く!

プロ選手のダブルスの試合、前衛に注目して観てみましょう。

必ず、味方の選手がサーブを打つ時にワンステップを入れて前に踏み込んでいませんか?

なぜなら、サーブの後リターン、その次のボールは最もチャンスになりやすい。

そしてそのチャンスを一番に決める優先権を持っているのは、サーバー側の前衛であるアナタ自身なのです。

この事実を、まずはしっかり認識しましょう。

 

■スプリットステップの本質を理解すれば、その必要性は見えてくる

スプリットステップについて、しっかり考える機会は少ないかも知れません。

何となく、次への反応を良くする為にやっているけど・・・という方が、実際はほとんどでしょう。

本来は、一度動き出してリズムを取る、そして伸縮する筋肉の自然の作用を活用して、次への「積極的な反応」を手に入れる為のもの。

前にステップしていくことで、どちらかの斜め前に確実に反応しやすくなる。

ぜひ一度、練習の中でやってみて下さい。

いつもの前衛ポジションから、1~2メートル後ろのポジションでスタート。

味方がトスアップをした瞬間に、前に動いてスプリットステップを踏む練習から、前衛らしい動きのトレーニングが始まるのです。

 

■前方向に進む力を、軸足キックでさらに加速させていく

さらに、「ポーチに出る!」と決めたときには、しっかり軸足でキックできると理想です。

片足スプリットステップのようなイメージで、しっかりコートを蹴って加速できるようなイメージを持ちましょう。

前への動きを加えているので、しっかり動ければかなりネットの近くまでポジションを移動できるはず。

そうなれば、もう触るだけでコートに落ちてボレーが決まるようなポーチも可能に。

ここまでして初めて、相手のリターン側の選手に有効なプレッシャーをかけることが出来る、と考えましょう。

 

テニスの実力は、細部に宿ります。

それも、ボールを打っていないときの動きが、試合の中ではほとんどの割合を締めるのがテニス。

前衛の動きは、アナタが思っている以上にボールを打つ前の動きで、その結果が左右される。

であれば、ちょっとした工夫はどんどん試してみる・・・価値があると思いませんか?

前方向へのステップを入れる、きっとそれだけでパートナーのサービスキープ率が改善される・・・かも。

そんなイメージで、ぜひダブルスの中で取り組んでみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. ダブルス

    抜かれても良い、前衛が動けば試合が動く

    先日、私も年内最後の試合に出て来ました。そこで、感じたこと。…

  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須

    ダブルスの試合、どうしても厳しいボールはロブを使うことも良い選択。…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスダブルスに必要な、「斜め後ろに下がりながらポーチ」を使える男性は強い

    ミックスダブルス、しっかり女性をサポート出来る男性、カッコイイですよね…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「一喜一憂しないこと」が、ダブルスパートナーへの信頼の証

    ダブルスパートナーとの、信頼関係。みなさん、しっかり築けている…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    相手の前衛が消極的なら、雁行陣からでもどんどんセンター狙いでいこう!

    ダブルスの試合、実際は結構雁行陣での戦い、が多いですよね。学生…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    コントロールが良いサーバーは、前衛の動きを見れば分かる

    ダブルスの試合のときに、試合の序盤で感じること。「あ、このペア…

特集記事

  1. テニス 評価

    日々の雑記

    部長やキャプテンの代が交代する・・・時期ですね
  2. フットワーク

    一番試合が多いオムニコート、の戦い方ってどうですか?
  3. テニス 戦術

    メンタル

    自分には応援してくれる人がいる、ということを忘れてはいけない
  4. テニス メンタル

    戦術

    「挽回っ!」という言葉だけ出す癖、負け癖への第一歩
  5. ダブルス

    テニス部としてダブルス強化を狙うなら、「ペア練ローテーション」を!
PAGE TOP