テニス メンタル

メンタル

「刺激を求め続ける選手であれ」テニスの試合を勝ち抜くには、現状に満足しない向上心が不可欠

今自分がいる環境、みなさんはどう捉えていますか?

「環境は恵まれている」「良い仲間がいる」「コーチがいまいち、相性が良くない気がする・・・」など、色々な意見があるはずです。

ただその背景にあるもの、それが刺激を求める向上心であれば、アナタはまだまだテニスが上達できるし試合でも勝てるようになる可能性を秘めています。

しかし、人間は知らず知らずのうちに、今いる環境に馴染んで甘えてしまうモノ。

学生だから、社会人だからは関係なく、自分の向上心について一度考えてみて下さい。

 

「刺激を求め続ける選手であれ」テニスの試合を勝ち抜くには、現状に満足しない向上心が不可欠

 


 

■「頭を殴られるくらい」の刺激を受ける体験、最近ありましたか?

衝撃を受けるような感覚、最近アナタ自身味わっていますか?

テニスの試合において、成長においては感受性と発見は不可欠です。

試合会場でとんでもなく良い選手を観た、このままじゃ自分はまずいと感じた・・・そんな経験は、頻繁では無くとも定期的に必要なもの。

自分のテニスを鍛錬するだけでなく、意識して外の世界との接点を作り刺激を求める。

大きく成長するには決意を持って環境を変えて、思い切って飛び込んでみることも大事なのです。

 

■人間、誰しも楽して上手くなりたいけど・・・

テニスだけでなく、スポーツ、勉強、仕事・・・全て効率的に、上達したり結果が出ればそれに越したことは無いかも知れない。

それでも、「こうすれば確実に強くなる、上手くなる」という保証は、テニスにももちろんありません。

では、どうするか。

現状を変えたい、満足しないという向上心を行動に変えることが、アナタの全てを変えていきます。

刺激を求めている人のもとに、刺激とチャンスは訪れます。

 

■今いる環境の中でも、工夫次第で刺激は創れる!

「でも今は部活に入っているし、時間も限られているから無理・・・」と思う方もいるでしょう。

まずは自分が今いる環境の中で、何が出来るかを考えて行動に移すことも大切。

練習がマンネリ化しているようであれば、他の学校がどんな練習をしているのかを調べてみる、観に行ってみる。

自分で考えて部内に提案してみる、というように、行動で現していくことが第一のスタート。

「そんなの自分に出来ない・・・」と思う前に、できることから探してみませんか?

 

出来ることから行動に移していく、ことが大事です。

大きなことを興そうとすると、最初少し上手くいかないだけで心が折れて挫折しそうになりますが、まずは身近なことに疑問と問題意識を持つことが大切。

「この練習は、本当に意味があるんだろうか・・・?」と。

そしてそれを言葉に出した人を受け入れる、そんな土壌豊かな部活をぜひ、みなさんの手で作っていってもらいたい。

今回はそんな願いも込めた、記事でした。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    アナタ自身が真剣にテニスを続けていれば、「たまに辞めたいと思う」のは自然なことです

    いつも前向きに、テニスも仕事も勉強も、プライベートも充実している。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    備えあれば、憂いなし!「雨の日のテニスの試合」で有効な戦い方5つ

    まだまだ梅雨で雨の日が続いていますが、オムニコートでのテニスの試合は小…

  3. テニス 客観視

    メンタル

    自分の敗戦と正面から向き合える人は、実はすごく少ない

    この連休でテニスの試合で出た、またはこれから出る方も多いと思います。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    精神的に未熟な人は、試合前に「練習をしていない自分」をいつも言い訳にする

    「最近練習、出来ていなくて・・・」「まだ今年、テニスが3回目で…

  5. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスにおいて良い攻撃を続けていく覚悟は、10球連続でも足りないくらいです

    テニスの試合の中で、本当に強い選手は見た目のショット、では判別出来ない…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    隣のコートからボールが入って来たくらいで、自分のリズムは崩さない覚悟を

    これは、覚悟の問題だと思います。草トーの大会や、市民大会、学生…

特集記事

  1. テニス 走力

    フットワーク

    コートカバーが上手い選手は、歩幅が大きい
  2. テニス 不安

    その他

    テニスの部活やサークルの中で、「周りが自分に合わせてくれる」ことをどこかで期待し…
  3. 戦術

    試合でプレッシャーを、小さくする方法
  4. テニス メンタル

    戦術

    暗くてボールが見えない、ときのテニスの試合の戦い方について
  5. その他

    あるレベルからは、「自分の色を出していけないテニス選手」は淘汰される
PAGE TOP