テニス サーブ

ダブルス

ダブルスの試合、「冷静にクロス勝負での実力差」を考えて前衛は動こう

ダブルスの試合で、アナタが前衛にいるとき。

まず冷静になって、クロスの選手、つまりは後衛同士の実力差を考えてみましょう。

そうすることで、前衛としてどういうプレーが有効なのか。

きっと見えてくるはずです。

 

ダブルスの試合、「冷静にクロス勝負での実力差」を考えて前衛は動こう

 


 

1.ミックスダブルスでは、特に必要な考え方

ミックスダブルスでは、どうしても男性と女性がラリーする場面が増える。

ラリーの前に、サーブとリターン、ですね。

普通に考えれば、女性が男性にまともに対抗するのは難しい・・・。

つまり、前衛が効果的に助けにいく、守備でサポートする、という考え方は必要。

任せっきりで失点して、何も知らん顔・・・な前衛は、最悪です。

 

2.自分のペアが押していける!ときには・・・?

前衛にいるときに、自分のペアの選手が相手の後衛の選手よりも強い、押していける!

ときには、積極的にポーチに出ていきましょう。

ですが、当然相手も考えてきます。

まともにクロス勝負してくれない、頭を使った作戦で来る可能性もあるので、ストレートケアも必要ですが・・・「速いストレートのボール」は来ない可能性が高い。

ポーチに出るか、ストレートロブを張るか。

後衛が押してくれているなら、前衛がしっかり仕事をしないとですね。

 

3.自分のペアが押されているときには・・・?

さぁ、ここが前衛としての力の見せ所。

味方ペアが押されている、相手が強いときにどうするのか。

私はあえて、「ポーチに積極的に出る」を実践します。

だって、そのままクロス勝負になって厳しい訳ですから、前衛が前で触った方がチャンスがある。

受け身に回ってしまうこと、が一番まずいはずです。

ダブルスの雁行陣なら、前衛も前に、後ろに・・・と、クロスラリーに合わせて守備と攻撃を繰り返しますよね。

もちろん、これは基本。

ですが、相手が強いときには、時に「守備を捨てて」思い切ってクロスのボールにポーチに出る。

その勇気、大事だと思います。

 

冷静に戦力分析、が出来れば戦い方が見えてくる。

自分が前衛にいるなら、「誰と、どこで、どんな武器で」戦えば良いのか。

勝利する確率が高い方法は・・・?

全くリスクを取らないで勝つ、なんて楽な道はありません。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. ダブルス

    【試合前・保存版】ダブルスの試合で、ペアと確認しておくこと5つ

    皆さんからいくつか寄せて頂くメッセージの中で、「試合前に観て、結果が出…

  2. テニス リターン

    ダブルス

    「譲り合って、結局返せない」ペアは、あの基本から見直そう

    ダブルスの試合を観ていると、「あ~」と思ってしまうポイントがある。…

  3. ダブルス

    ダブルスの試合で、前衛がドロップボレーから攻める方法

    今回は、シンプルな作戦を確認しましょう。相手のバックハンドにサ…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、シンプルにまず「相手のどこを狙っていくか」を確認して試合に入ろう!

    ダブルスの試合。序盤は皆さんどんな意識で試合に入っていますか?…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    困ったときのロブ頼みの癖を直さないと!

    ダブルスの試合、一般やベテランの皆さんの試合を観ていると感じること。…

  6. ダブルス

    ダブルスでパートナーが、完全に外に追い出されたら…どうする?

    ダブルスの試合で、自分のパートナーがコートの外に追い出される。…

特集記事

  1. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、並行陣にこだわり過ぎていると「並行陣慣れ」しているダブルスペアに…
  2. テニス アクセス

    その他

    2017年2月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスのストレートリターンは、精度よりもタイミングと駆け引き重視で
  4. サーブ

    センターへのサーブのコントロール、を磨く方法5つ
  5. メンタル

    「自分のテニスのモチベーションが上がらないとき」に実践したい4つのこと
PAGE TOP