テニス知識

テニスの試合に、不文律はあるのか?

最近、野球界で話題になっているこの件について。

ある程度リードを奪ったら、相手を打ちのめすような攻撃は慎まないといけない、という暗黙の了解?のようなもの。

盗塁をしない、3ボールノーストライクからは打たない、というルールが物議を醸してますよね。

これ、テニスではどうでしょうか?

暗黙のルール、みたいなものがあるのかどうか。

私なりの経験や考え方、を書いてみたいと思います。

テニスには、基本無し…!

だと思います、個人的には。

ミックスダブルスでサーブ&リターンの性別を揃える、のはもうルールのようなものとして成立してますからね。

ラリーになれば男性が女性を狙うなんてことは、当然の手段ですし…まぁ身体を狙ったり、怪我させないように注意するのは当然のマナーですが。

テニスはルール上、どんなに大差がついても「リードしている側が、これをやってはいけない」というのは基本的に無いと思います。

私が経験した主審でも、大会側や選手側から特にそういう話はありませんでした。

と、いうことは…?

テニスという競技は、ルール上「いつでも逆転できる、逆転しやすい競技なんだ」ということが言えると思いませんか?

最大でも3ポイント差、しかつかない

1ゲームの中でのポイントを、考えてみましょう。

15、30、40、その次がゲーム…と考えると、最大でも3ポイント差しかつかない。

その後は、また新しいゲームになって0-0からスタート。

そう考えると、「大差で負けている感覚」はテニスだと持ち辛いかも知れませんね。

ゲーム差も、最大で5ゲーム。

でも例え0-5でリードされたとしても、その次の6ゲーム目はまた0-0から始まりますからね。

リードしている側も、あまりリードしている感が持ち辛い。

主審をしていて、0-5から逆転されるセットも多く観て来ました。

テニスのルールは、本当に「逆転しやすい」仕様になっていると思います。

ゲーム内のポイントは、チャラになる

例えば、5-0でリードしている試合で残り1ゲームでセットが取れる!と思っても。

6ゲーム目を、デュースで落とすと、どうでしょう。

ゲームカウントが5-1になるだけ、です。

そのゲーム内のポイントは、積み重ねが出来ないですよね。

5ゲームに乗せたのに、あと1ゲームがどうしても取れない。

ポイントは取れるのに、マッチポイントまでは握れるのに…取り切れない。

こういう流れが続くと、試合って逆転されがちなんですよね。

ゲーム内のでのポイントはチャラになる、だから相手も「多少は失点しても良いんだ」と思って、攻撃的にプレーしてくるのがテニス。

だから、リードしている側も本当に気が抜けない。

不文律のようなルールは存在しない、それがテニスの面白いところでもあると思います。

リードしている側が「やってはいけない」という不文律はありませんが、当然多くのマナーは存在します。

ネットインしたら相手を気遣ったり、ファーストサーブとセカンドサーブの間はあまり空けないようにリターン側が意識したり。

そういうルールには書かれていない、マナーの部分はテニスでは本当に大事です。

もし、野球の不文律が「試合を面白くするため」に存在するものだとしたら、テニスはどうでしょう。

私は、しっかりと相手を気遣うマナーを学び、受け入れて実践していくことで、「お互いに良いプレーが出来て、試合が面白くなる」と思います。

テニスではとことん、勝負に徹して良い。

但し、マナーを守り相手を気遣いながら、ですね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス知識

    【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

    今回の企画は、テニス専門のプロトレーナーとして活躍する、村上弘平さん…

  2. テニス知識

    TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

    トレーニング用のラケット、と聞いてみなさんイメージは湧きますか?…

  3. テニス知識

    飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

    まだまだ寒い毎日、が続いています。テニスの試合の朝も、結構キツ…

  4. テニス イレギュラー

    テニス知識

    リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

    テニスの試合で、イレギュラーバウンド・・・どの程度あるでしょうか?…

  5. テニス スマートフォン

    テニス知識

    iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

    テニスの試合を動画で撮影すること。この重要性、何度も書いてきた…

  6. テニス 縄跳び

    テニス知識

    テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

    効率的にトレーニングをしたい、それも1日5分くらいで筋力、持久力までし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ミーティング

    メンタル

    みんなが望む結果は、テニスの試合では得られない
  2. テニス 気付き

    戦術

    テニスの試合でも、8割の人は「トラブルが起きてから」しか対応を始めない
  3. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合は「相手と会話するようにラリーを進める」と、リラックスして弱点も見え…
  4. リターン

    リターンダッシュを仕掛けて「相手にプレッシャーを与える」ことで獲られるメリット4…
  5. テニス メンタル

    テニス知識

    「この暑さを乗り越える!」テニスの試合で必要な熱中症対策5つ
PAGE TOP