テニス知識

テニスの試合に、不文律はあるのか?

最近、野球界で話題になっているこの件について。

ある程度リードを奪ったら、相手を打ちのめすような攻撃は慎まないといけない、という暗黙の了解?のようなもの。

盗塁をしない、3ボールノーストライクからは打たない、というルールが物議を醸してますよね。

これ、テニスではどうでしょうか?

暗黙のルール、みたいなものがあるのかどうか。

私なりの経験や考え方、を書いてみたいと思います。

テニスには、基本無し…!

だと思います、個人的には。

ミックスダブルスでサーブ&リターンの性別を揃える、のはもうルールのようなものとして成立してますからね。

ラリーになれば男性が女性を狙うなんてことは、当然の手段ですし…まぁ身体を狙ったり、怪我させないように注意するのは当然のマナーですが。

テニスはルール上、どんなに大差がついても「リードしている側が、これをやってはいけない」というのは基本的に無いと思います。

私が経験した主審でも、大会側や選手側から特にそういう話はありませんでした。

と、いうことは…?

テニスという競技は、ルール上「いつでも逆転できる、逆転しやすい競技なんだ」ということが言えると思いませんか?

最大でも3ポイント差、しかつかない

1ゲームの中でのポイントを、考えてみましょう。

15、30、40、その次がゲーム…と考えると、最大でも3ポイント差しかつかない。

その後は、また新しいゲームになって0-0からスタート。

そう考えると、「大差で負けている感覚」はテニスだと持ち辛いかも知れませんね。

ゲーム差も、最大で5ゲーム。

でも例え0-5でリードされたとしても、その次の6ゲーム目はまた0-0から始まりますからね。

リードしている側も、あまりリードしている感が持ち辛い。

主審をしていて、0-5から逆転されるセットも多く観て来ました。

テニスのルールは、本当に「逆転しやすい」仕様になっていると思います。

ゲーム内のポイントは、チャラになる

例えば、5-0でリードしている試合で残り1ゲームでセットが取れる!と思っても。

6ゲーム目を、デュースで落とすと、どうでしょう。

ゲームカウントが5-1になるだけ、です。

そのゲーム内のポイントは、積み重ねが出来ないですよね。

5ゲームに乗せたのに、あと1ゲームがどうしても取れない。

ポイントは取れるのに、マッチポイントまでは握れるのに…取り切れない。

こういう流れが続くと、試合って逆転されがちなんですよね。

ゲーム内のでのポイントはチャラになる、だから相手も「多少は失点しても良いんだ」と思って、攻撃的にプレーしてくるのがテニス。

だから、リードしている側も本当に気が抜けない。

不文律のようなルールは存在しない、それがテニスの面白いところでもあると思います。

リードしている側が「やってはいけない」という不文律はありませんが、当然多くのマナーは存在します。

ネットインしたら相手を気遣ったり、ファーストサーブとセカンドサーブの間はあまり空けないようにリターン側が意識したり。

そういうルールには書かれていない、マナーの部分はテニスでは本当に大事です。

もし、野球の不文律が「試合を面白くするため」に存在するものだとしたら、テニスはどうでしょう。

私は、しっかりと相手を気遣うマナーを学び、受け入れて実践していくことで、「お互いに良いプレーが出来て、試合が面白くなる」と思います。

テニスではとことん、勝負に徹して良い。

但し、マナーを守り相手を気遣いながら、ですね。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス知識

    「テニスコーチング研究部」始めます!

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。このT-PRE…

  2. テニス 練習

    テニス知識

    自己流テニスで上達して来た人は、どこかで技術を削ぎ落とす作業を

    まず、私自身、自己流テニスに私は大賛成です。そもそもテニス、ス…

  3. テニス サッカー

    テニス知識

    心から勝者を讃えたら、もっと強くなれる

    「お前、負けを認めてないだろ」こう言われた言葉、今でも鮮明に覚えて…

  4. テニス ガット

    テニス知識

    モノ、マルチ?ポリ、ナイロン?ガットの種類の基本を覚えましょう

    たくさん種類があって、どれを選んだら良いのか・・・。ガットは本…

  5. テニス知識

    【プロが教える】自宅で出来る!テニストレーニング Vol.1

    今回、YouTubeチャンネルでも色々とご一緒させて頂いている村上ト…

  6. テニス

    テニス知識

    急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

    テニス選手にとっても、また学生、社会人の皆さんにとっても、体調管理は重…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュの攻撃力をアップしたいなら、「スマッシュを打つ機会」をどんどん増やす意…
  2. シングルス

    テニスの試合では、「前のスペースを潰す」ことにもっと神経質になろう
  3. サーブ

    40-0で、とっておきのサーブを
  4. テニス メンタル

    メンタル

    何度やられても、「繰り返す力がある」選手が強い
  5. テニス ダブルス

    ストローク

    ショートラリーからライジングショット、が現代テニスの基本
PAGE TOP