テニス サーブ

ダブルス

ダブルスの試合でのサーブは、「いかに前衛を使うか?」に目的を絞るとダブルスらしいサーブになる!

ダブルスは2人で1組、連携したプレーが求められます。

でも実際のコンビネーション、イマイチよく分からない、実力が発揮出来ない・・・と悩んでいる方も、多いと思います。

連携について考えるときに、例えばサーブではシンプルにこう考えてみませんか?

「サーブ側が前衛を使う」と割り切ると、ポイントも獲りやすくなると思います。

 

ダブルスの試合でのサーブは、「いかに前衛を使うか?」に目的を絞るとダブルスらしいサーブになる!

 


 

■強いダブルスペアは、サーバーが前衛を上手く使える

ダブルスと言えばまずポーチ、それから誘ってのストレートケア、ロブをスマッシュ、など前衛は結構忙しい。

サーバーが良いサーブを打ってくれれば活躍出来る・・・と思っていると、実は落とし穴にはまります。

サーブの良し悪しなんて水物だし、そもそもファーストサーブが入らないとリズムが取れないですよね。

前衛にいると色々考えてしまいますが、サーバーが明確に「こうやってポイントを獲ろう!」と伝えてくれると前衛はスッキリします。

一番シンプルなのは、「センターにサーブを入れるから、ポーチ頼むね!」という作戦。

これも前衛を、使っていると言える作戦例。

良い意味で、ダブルスの前衛はサーバーに「使われる」という感覚も大事です。

 

■「前衛を使う」と考えると、サーブもリラックスして打てる

私はいつも、ダブルスのファーストサーブも60%くらいの力で打っている。

その代わり、前衛にしっかり作戦を伝えて支持を出す、前衛に決めてもらうためのサーブに徹する。

もちろん自分も任せっきりではなく、しっかり後衛としてゲームメイクはしていきます。

ですがまず、サーブからリターン、の次のボールが一番のチャンスなはず。

しっかり前衛に活躍してもらえるようなサーブ、コース、回転量、意識して練習してみませんか?

 

■「遅い」「深い」「コントロールが良い」が、前衛を使える三拍子揃ったサーブ!

「えっ!?遅いサーブ?」と思った方、まだまだダブルス脳が足りませんね。

速いサーブのほうがリターンが苦しいから前衛は活躍しやすい・・・と、思いますか?

速いサーブにはそれだけ速いリターンが返ってくる。

逆に遅いサーブであれば、自分が動ける時間もあるし、それが眼に入ったリターンの選手はプレッシャーに感じてくれるはず。

深さがあれば踏み込んでのリターンが難しいし、コントロールが良いとファーストサーブの確率が高まるし作戦を実行しやすい。

この三拍子、ぜひダブルスのサーブでは意識してみて下さい。

 

人を使う、人に使われる、ということは経験しておいて損はありません。

ダブルス以外でも、部活での細かい仕事や社会に出てからも、人間同士で何かを進めるときには良い経験になるはずです。

どうやれば結果的に、自分のサービスゲームがキープ出来るのか・・・を、考えてみる。

そうすると自然に、前衛をどう使うかに私は着地しました。

アナタは・・・どうですか?

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    「ペアと仲良く」テニスのダブルスの試合で分担する為に、基本的な優先権を確認する

    ダブルスの試合中、パートナーと声を掛け合っている?もちろんポイ…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    長くダブルスを組んでいるペアは、仲間が助けて欲しい時を知っている

    試合の中で苦しいとき・・・たくさんありますよね。例えば、私はサ…

  3. テニス リターン

    ダブルス

    「譲り合って、結局返せない」ペアは、あの基本から見直そう

    ダブルスの試合を観ていると、「あ~」と思ってしまうポイントがある。…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛のボールか後衛のボールか、分からない・・・」人はこうやって判断しましょう

    ダブルスの試合では、陣形に関わらず「前衛と後衛」で役割が異なります。…

  5. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルスの試合中に後輩を勇気付ける、先輩の一言集

    先輩とダブルスを組んで、試合に出る。学生ならよくあるシチュエー…

  6. ダブルス

    ポーチに出ないと発生する、ダブルスでのデメリット5つ

    ダブルスの前衛は、動きましょう!これが、私からずっと発し続け…

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件
  2. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使えるテクニックにするために、「ドロップボレーはアングルボレーに」すると、…
  3. ダブルス

    4アップの状態になって、ズルズル下がる癖を止めよう
  4. テニス 雨

    メンタル

    テニスの練習で「自分は怒られてばかり・・・」と愚痴を言っている人は、怒られて成長…
  5. テニス メンタル

    戦術

    「とにかく、試合で何をしたら良いか分からない」人は・・・?
PAGE TOP