テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの前衛の基本ポジション、理解出来てる?

ダブルスの前衛のポジション、ただ前にいれば良いと思っていませんか?

同じ前でも、その数十cmの差で大きく変わってくるのがテニス。

前に詰める、少し下がって守備をする、という前後差は自分で調整していかないと。

特に、前衛ですからしっかり攻撃、は意識したいですね。

 

ダブルスの前衛の基本ポジション、理解出来てる?

 

1.ロブを打って来ない相手、もたくさんいる

結論、相手によって細かく変えましょう、という話です。

ロブを打って来ないような相手、には、どんどん前に詰める。

前に詰めれば、クロスのボールも自然に触れるようになるのがテニス、です。

当たり損ないのボレーでも、ネットを超えてくれる。

これが、ロブがある相手だと後ろをケアしないといけないので、そこまで前には詰めれないですけどね。

打って来ない相手、ストロークに自信がありそうな相手には、どんどん前に詰めていきましょう。

 

2.触れなかったら・・・下がる?

雁行陣の基本として、これを習いますよね。

前衛に居て、自分が触れなかったら下がって守備、基本です。

でも、ここで私から一つ、要素を加えておきたいのは「その時の味方の後衛の状況」にも寄るということ。

相手のストロークが強力で、押されているなら確かに下がらないといけない。

でも、自分の味方が攻撃出来そう、押していけそうなら、そこまで下がることは無いでしょう。

むしろ、その次のボールを仕留めにいくのが前衛であるアナタの仕事、ですよね。

どんな相手でも、どんな場面でも「これでOK」なんてポジションは無い。

相手に応じて変えていく、その幅を自分で持つようにしておきましょう。

 

3.それでも、もっとポジションは前で良い!

と、私は思いますよ。

強い相手こそ、です。

前衛のアナタ自身がネットから離れていると、その隙間に沈められることも増える。

それに、クロスのボールをポーチで触っても、ネットから遠い位置だと相手も怖くない、決定力も無い。

前に詰める、というよりも、いつもの基本ポジションをしっかりネット近く、に設定しておくようにしておきましょう。

基本ポジションを前、にしておくだけで、必ず相手にはプレッシャーがかかります。

これは、強い相手ほど効くはずです。

 



 

4.存在感のある前衛に、実力は関係無い

「でも、ボレーは苦手だし、そんなに出しゃばっても・・・」と思う方ほど、前に詰めて欲しい。

前に詰めることに、実力なんて関係無いんです。

例えボレーが苦手な人でも、前に詰めて触られると嫌ですよ、強い相手でも。

ネットから遠い位置で触ってくれている内は、全然怖くないんですけどね。

自信が無いなら、相手により見透かされないように、前に詰める。

基本のポジション、もっともっと、前にして良いと私は思いますよ。

それがダブルスの醍醐味、でもありますしね。

 

前衛が上手い人って、こういう小さい勇気を持てる人。

女性でもシニアの方でも、ネットに詰める勇気を持てばミスも減るし自信になります。

相手がロブを打ち始めたら、その後調整すれば良い。

基本となるポジション、見直していきましょう。

きっと試合の中で、存在感のある前衛になれると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスのパートナー選びは、実力より信用に尽きる

    ダブルスのパートナー、みなさんはどんな人と組んでますか?そのき…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスで、前衛が「ポーチに動いたけど、触れなかった」ときに、後衛はまず時間を稼ごう

    これは、実は基本中の基本、ですね。ダブルスの試合で、前衛が動い…

  3. テニス フットワーク

    ダブルス

    フォアハンドの逆クロスが得意なら、雁行陣の後衛でどんどん回り込んで自分のゾーンを作ろう

    テニスの試合、強い選手は自分の武器を有効に使っている。それはス…

  4. テニス サーブ

    ダブルス

    相手のスマッシュの場面では、しっかり声掛けしていこう

    ダブルスの試合での、守備の基本。相手のスマッシュチャンス、にな…

  5. テニス 前衛

    ダブルス

    ただ走り回るだけの男性では、ミックスダブルスで勝てない

    これ、私もよくやってしまうんですよね・・・。頑張ろうと必死にな…

  6. テニス 団体戦

    ダブルス

    ダブルスの試合、ペアで会話するなら対戦相手についてが基本

    ダブルスをどう戦うのか、についてペアと相談する。ポイント間でも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「下半身を使ったストローク、よく分からない…」人は、まず骨盤を意識して反応させて…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で、「女性に強く打てない…」と感じている男性がいれば、それ…
  4. その他

    「こんな奴とはテニスの練習をしたくない!」と感じてしまう人の特徴4つ
  5. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう
PAGE TOP