テニス ボレー

ボレー

前に詰めてのドロップボレー、はなぜ決まりやすいのか?

ドロップボレーが甘くなる、なかなか決まらない・・・と、悩んでいるみなさん。

改めて、何度か書いてきた内容だと思いますが、「ネットに詰める」ことの重要性について。

ドロップショットはベースラインからも打つケースが多いので、ドロップボレーもつい、ネットから遠い場所から打つモノ、と考えている人もいるかも知れませんね。

前に詰めてドロップボレー、アナタの武器になるはず。

そのためには、しっかりその背景や理由を理解して欲しいんです。

 

前に詰めてのドロップボレー、はなぜ決まりやすいのか?

 

1.ドロップ系のショットとは、「時間を奪うショット」です

ドロップショット、ドロップボレー、テニスでは何を狙うのか。

それはもちろん、2バウンドさせること、ですね。

相手コートで2バウンドする、それまでに相手に触らせないようなショットが理想です。

これはつまり、時間を奪うということ。

相手が必死で走っても間に合わない、出来るだけ「2バウンド目を早くすること」が大事。

焦る必要はありません。

相手の走力、打ち方、考え方をしっかり自分で整理すれば良い。

打つ側ラケットワークのような技術的な部分も大事ですが、私はポジションイグを推奨したい。

それは誰にでも出来ること、ですからね。

 

2.相手が構え直す前に、コートに打ち返す

前に詰めてボレー、だと何が有効か。

当然、ミスが減る、攻撃力が上がる、ということはあると思いますが、一番はタイミング。

相手からすると、打ったと同時にすぐ返球される。

構え直す時間すらない、しかもそのボールがドロップボレーで浅い・・・となると、ここでもう勝負有り。

多少甘いドロップボレーでも、この意表を突いたような感じで決まるケースが多いんです。

ストロークのフォームが大きいような選手には、特に有効ですよね。

シンプルに、ネット近くで待って触るだけ。

コツは、本当にこの触るだけ、です。

 

3.目線を落として、低いボールを待って仕留める

アナタ自身、ネットに詰めて「ドロップだ!」と決めて待つ。

相手のボールは、ある程度速く低いボールを想定しましょう。

目線を落として、リラックスして待つ。

ネットは、自分の目の前30cmくらいまで近付くこと。

自分のボディや少し離れた場所でも、しっかり触ることが大事です。

ドロップボレーと決めて待つ、からショットの精度は上がる。

迷いがあると、それだけでミスにつながりますからね。

決断力、が大事です。

 

4.もし仮にミスをしても、収穫はあると心得よう

例えミスしても、良いんです。

ネット近くでボールに触る、ことが出来れば相手はすごく嫌。

ポーチにせよ何にせよ、相手は絶対に次からも警戒してくる。

「ネットにド詰めしてボレーしてくる相手」という称号を得たら・・・もうお分かりですね。

次に来るのは、ロブしかありません。

ここに先回りして、動いていく。

思い切ったポジショニングは、全てのテニスの戦術において先手の基本、です。

 

5.失点を活かすテニスとは、こういうこと

私が何度も繰り返しているのは、このポイント。

テニスの試合、どんなに強い選手でも全部を得点に結びつける、なんて無理。

だったら、失点を次のポイントの材料にしていく、ことが大事だと思いませんか?

成功だけに目がいっていると、自分の失敗を活かすという発想が生まれない。

そして、相手側の心理にも立てない。

テニスの試合は、失点に落ち込んでいる時間なんてありません。

動いて失点、したらまず考えるのは、「今ので相手、どう思ったかな・・・?」ということ。

この癖は、絶対に身に付けて下さいね。

 

相手も良く見えるから、嫌なんですよ・・・ネットにしっかり詰めて来る相手って。

みなさんも、そうじゃないですか?

例えドロップボレーが失敗したとしても、「今の、入ったら取れなかったよな・・・」と思うと怖くなる。

怖くなるから、ロブで逃げようとしてしまう・・・。

その時点で、もう後手、なんですよね。

テニスの試合では。

それだけ、前に詰めるというのは価値がある。

私はそう思いますよ。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス 調子

    ボレー

    ネットプレーでアウトが多いのは、「深く打とうと意識し過ぎ」ているから

    ネットプレーに取り組んでいるけど、自分のボレーアウトで終わることが多い…

  2. テニス コントロール

    ボレー

    試合で使えるネットプレーでのコントロールは、「コート全体の1/64」を最低限の目安にして、自分に厳し…

    テニスの試合で「コントロールが良い」とは、どの程度を指すんでしょうか?…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰めたハイボレーなら、ラケットを振るよりむしろ「引く」感覚が大事

    ネットに詰めて、ハイボレー!これをチャンスと見るのか、そうでな…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットにド詰めの相手には、正面アタック!

    ダブルスの試合では、ものすごく前に詰めて来る相手、もいます。男…

  5. ボレー

    ハイボレーをいつもふかしてアウトする人は、「テイクバックのときに膝が伸びない」ようにチェック!

    テニスの試合で、ミスして落ち込むのがハイボレー。ダブルスでもシ…

  6. ボレー

    ネットプレーでのラケットセットの位置は、「ネットから近くでは上、離れれば少し低め」、に構えると安定し…

    ネットプレー、ボレーと一言で言っても、テニスで求められる技術は様々です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 上達

    テニススクール

    コーチが楽しまないで、どうやって生徒がテニスを楽しむ?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    他人からの挑戦を「楽しめる人か、引いてしまう人か」が勝負
  3. テニス スライス

    ストローク

    「覚えておいて損はない、スライスショット」コンパクトに抑え込むとテニスの試合では…
  4. ダブルス

    「ポーチされないクロスショット」テニスのダブルスの試合では逆転の発想で勝てるよう…
  5. テニス アームカバー

    テニス知識

    暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
PAGE TOP