戦術

男子ダブルスのボレーは、振るより押し込みで

目次

男子ダブルスの、ボレー戦。

この打ち合いを制することが出来れば、しっかり戦えるはず。

速いボールを、シンプルにボレーすること。

最近私が意識しているのは、振るより押し込みの意識、です。

 
 

前にセット、そのまま前へ

私が意識しているのは、前にセット、そのまま前。

とにかく、ラケットが前にある状態を維持すること、が大事です。

男子ダブルスのボールは速いし、少しでも打点が後ろになると、弾かれる。

この危機感、が大事です。

少しでもラケットを引いたり、ヘッドが倒れるような感じになると、危ない。

前にセットして、そのまま前で押し込んでいく。

イメージは、相手のボールの勢い、力を利用していくことだと思います。



ラケット動作は、極力シンプルに

上手い人って、ほとんどラケットが動かない。

動かないように見えるけど、しっかりボールは飛んでいく。

これって、ボールの勢いの向きを変えるだけ、で良い。

自分から力を加えていく必要は、ほとんど無い。

相手が打って来る力、をしっかり使うこと。

それから、前にセットしてボール自体を恐れないこと。

極力シンプルに、ラケット動作を小さくしていく。

意識して練習すれば、必ず身に付くはずです。



グリップを握るタイミングが、肝

私が意識しているのは、これです。

前にセットして、前で終わる。

グリップをしっかり握ること、そのタイミングを意識してみて下さい。

本当に、ボールが当たる瞬間に、キュッと握る。

握って負けないラケット、に変えていく。

これが早いとボールの勢いが死ぬし、遅れると飛び過ぎてアウトになる。

難しいところですが、これにさえ慣れてしまえば大丈夫、でしょう。



相手が攻撃して来る、それ自体を好きになろう

ネットプレーが好き、になるにはこれが決め手になります。

相手が打って来る、速いボールで攻撃して来る、これに対して好きになる。

男子ダブルスの試合に出ていても、ボレーで参加出来ない人って多いですよね。

打たれるのが怖い、という自分に気付いて、ブロックボレーをしっかりする。

前でさばいて、次にも対応出来るように。

相手が攻撃して来る時は、チャンスなんだと。

ぜひ、発想から変えてみて下さい。

   


お勧めの練習法

普段は、やらないくらいのスピードでのボレー対ストローク。

ストローク側は、速いボールを打つことを意識してみて下さい。

ラリーがつながらなくてもOK、横から球出しも速めに出す。

この練習の目的は、直線的な速いボールのボレーに慣れること。

ですから、無理につなげようとしない、特別な練習だと思って下さい。

そしてボレー側は、要所で見極めてアウトボールは触らない、ウォッチするという準備も大事。

ぜひ、チームで特別なボレー練習をやってみて下さい。



速いボールに、備えておく。

練習で目と身体を慣らしておけば、試合でもしっかり押し込んでいけるでしょう。

振るんじゃなくて、押し込んでいく。

この姿勢が、大事です。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、技術はあってもそれを「使える」人は意外と少ない

    先日のニュースで、「日本には頭の良い選手があまりいない」という発言が話…

  2. 戦術

    キャンプイベント 参加者アンケート

    先日はキャンプイベントにご参加頂き、ありがとうございました今…

  3. テニス 計算

    戦術

    テニスの試合、チャンスボールをミスしてしまう人は「逆算力」が足りないだけ

    チャンスボールを決めることが出来る人、ミスしてしまう人。この違…

  4. テニス 楽天

    戦術

    初対戦相手の試合こそ、その人の本当の強さが出る

    初対戦の試合って、みなさん得意ですか?苦手という方、の方が実際…

  5. テニス 団体戦

    戦術

    テニスの試合で成功したことは、どんどんフォーマット化しよう

    テニスの試合に、強くなっていくということ。それは、実際にはこう…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「ミスしようがナイスショットだろうが、次、次」と無表情が基本

    試合中に、出来るだけ意識したいこと。それは、相手に自分を悟られ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニススクール

    今テニスコーチに戻ったら、レッスンはこうやりたい
  2. テニス サイト

    その他

    会場に着いたらざっと確認したい、「テニスの試合で必要な準備」7つ
  3. テニス 吹き出し

    メンタル

    いつまで経っても、「テニスの試合に勝てない人」の口癖4つ
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「自分が対戦相手より格上か、格下か?」を測るには、セカンドサーブが良い基準になる…
  5. ボレー

    シングルスで「いきなり相手がボレーに出てきても、慌てない!」正面への緩いショット…
PAGE TOP