戦術

男子ダブルスのボレーは、振るより押し込みで

男子ダブルスの、ボレー戦。

この打ち合いを制することが出来れば、しっかり戦えるはず。

速いボールを、シンプルにボレーすること。

最近私が意識しているのは、振るより押し込みの意識、です。

 
 

前にセット、そのまま前へ

私が意識しているのは、前にセット、そのまま前。

とにかく、ラケットが前にある状態を維持すること、が大事です。

男子ダブルスのボールは速いし、少しでも打点が後ろになると、弾かれる。

この危機感、が大事です。

少しでもラケットを引いたり、ヘッドが倒れるような感じになると、危ない。

前にセットして、そのまま前で押し込んでいく。

イメージは、相手のボールの勢い、力を利用していくことだと思います。



ラケット動作は、極力シンプルに

上手い人って、ほとんどラケットが動かない。

動かないように見えるけど、しっかりボールは飛んでいく。

これって、ボールの勢いの向きを変えるだけ、で良い。

自分から力を加えていく必要は、ほとんど無い。

相手が打って来る力、をしっかり使うこと。

それから、前にセットしてボール自体を恐れないこと。

極力シンプルに、ラケット動作を小さくしていく。

意識して練習すれば、必ず身に付くはずです。



グリップを握るタイミングが、肝

私が意識しているのは、これです。

前にセットして、前で終わる。

グリップをしっかり握ること、そのタイミングを意識してみて下さい。

本当に、ボールが当たる瞬間に、キュッと握る。

握って負けないラケット、に変えていく。

これが早いとボールの勢いが死ぬし、遅れると飛び過ぎてアウトになる。

難しいところですが、これにさえ慣れてしまえば大丈夫、でしょう。



相手が攻撃して来る、それ自体を好きになろう

ネットプレーが好き、になるにはこれが決め手になります。

相手が打って来る、速いボールで攻撃して来る、これに対して好きになる。

男子ダブルスの試合に出ていても、ボレーで参加出来ない人って多いですよね。

打たれるのが怖い、という自分に気付いて、ブロックボレーをしっかりする。

前でさばいて、次にも対応出来るように。

相手が攻撃して来る時は、チャンスなんだと。

ぜひ、発想から変えてみて下さい。

   


お勧めの練習法

普段は、やらないくらいのスピードでのボレー対ストローク。

ストローク側は、速いボールを打つことを意識してみて下さい。

ラリーがつながらなくてもOK、横から球出しも速めに出す。

この練習の目的は、直線的な速いボールのボレーに慣れること。

ですから、無理につなげようとしない、特別な練習だと思って下さい。

そしてボレー側は、要所で見極めてアウトボールは触らない、ウォッチするという準備も大事。

ぜひ、チームで特別なボレー練習をやってみて下さい。



速いボールに、備えておく。

練習で目と身体を慣らしておけば、試合でもしっかり押し込んでいけるでしょう。

振るんじゃなくて、押し込んでいく。

この姿勢が、大事です。

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスというルールの中で、自分の土俵を作れば試合に勝てるはず

    なぜかいつも、相手の作戦にはまってしまう・・・。試合の後に気付…

  2. テニス 準備

    戦術

    テニスにおいても、「目に見えないもの」は軽んじられやすい

    「何だかよく分からないけど、強そうな相手」って、皆さん試合した…

  3. テニス 気付き

    戦術

    テニスの試合でも、8割の人は「トラブルが起きてから」しか対応を始めない

    一事が万事、ですね。テニスも日常生活も、私はすごく近いと思って…

  4. テニス メンタル

    戦術

    準備する戦術が、アナタ自身の勝手な願望になってはいないか?

    試合前に、準備を整える。これは、テニス選手として必要なことでしょう…

  5. 戦術

    試合で使える「チップ&チャージ」の基本5つ

    細かい技術だけど、試合で使えると「お!」となる技。スライスから…

  6. 戦術

    技術が無い選手こそ、躍動するポジショニングが必要

    何となく、上手そうに見えないんだけど試合に強い人。そういう人っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ミックスダブルスで上のレベルで勝ちたければ、「女性の守備力」は絶対に必要です
  2. サーブ

    安定感のあるスピンサーブを身に付けたいなら、「ボールを捉えてから手のひらを外側に…
  3. テニス ミス

    その他

    テニスの成長の過程では、「立ち止まっているときにしか見つからないもの」が絶対にあ…
  4. テニス ポジショニング

    メンタル

    「人に合わせるテニス」だと、いつも他人のせいに出来る
  5. ボレー

    テニスの試合の中で「身体の正面にきたボレー」をしっかり返球できるようになるコツ4…
PAGE TOP