戦術

男子ダブルスのボレーは、振るより押し込みで

男子ダブルスの、ボレー戦。

この打ち合いを制することが出来れば、しっかり戦えるはず。

速いボールを、シンプルにボレーすること。

最近私が意識しているのは、振るより押し込みの意識、です。

 
 

前にセット、そのまま前へ

私が意識しているのは、前にセット、そのまま前。

とにかく、ラケットが前にある状態を維持すること、が大事です。

男子ダブルスのボールは速いし、少しでも打点が後ろになると、弾かれる。

この危機感、が大事です。

少しでもラケットを引いたり、ヘッドが倒れるような感じになると、危ない。

前にセットして、そのまま前で押し込んでいく。

イメージは、相手のボールの勢い、力を利用していくことだと思います。



ラケット動作は、極力シンプルに

上手い人って、ほとんどラケットが動かない。

動かないように見えるけど、しっかりボールは飛んでいく。

これって、ボールの勢いの向きを変えるだけ、で良い。

自分から力を加えていく必要は、ほとんど無い。

相手が打って来る力、をしっかり使うこと。

それから、前にセットしてボール自体を恐れないこと。

極力シンプルに、ラケット動作を小さくしていく。

意識して練習すれば、必ず身に付くはずです。



グリップを握るタイミングが、肝

私が意識しているのは、これです。

前にセットして、前で終わる。

グリップをしっかり握ること、そのタイミングを意識してみて下さい。

本当に、ボールが当たる瞬間に、キュッと握る。

握って負けないラケット、に変えていく。

これが早いとボールの勢いが死ぬし、遅れると飛び過ぎてアウトになる。

難しいところですが、これにさえ慣れてしまえば大丈夫、でしょう。



相手が攻撃して来る、それ自体を好きになろう

ネットプレーが好き、になるにはこれが決め手になります。

相手が打って来る、速いボールで攻撃して来る、これに対して好きになる。

男子ダブルスの試合に出ていても、ボレーで参加出来ない人って多いですよね。

打たれるのが怖い、という自分に気付いて、ブロックボレーをしっかりする。

前でさばいて、次にも対応出来るように。

相手が攻撃して来る時は、チャンスなんだと。

ぜひ、発想から変えてみて下さい。

   


お勧めの練習法

普段は、やらないくらいのスピードでのボレー対ストローク。

ストローク側は、速いボールを打つことを意識してみて下さい。

ラリーがつながらなくてもOK、横から球出しも速めに出す。

この練習の目的は、直線的な速いボールのボレーに慣れること。

ですから、無理につなげようとしない、特別な練習だと思って下さい。

そしてボレー側は、要所で見極めてアウトボールは触らない、ウォッチするという準備も大事。

ぜひ、チームで特別なボレー練習をやってみて下さい。



速いボールに、備えておく。

練習で目と身体を慣らしておけば、試合でもしっかり押し込んでいけるでしょう。

振るんじゃなくて、押し込んでいく。

この姿勢が、大事です。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    アナタに苦手なショットがあるなら、試合では「最低限のプレー」を見せれるよう、手堅さを磨こう!

    テニスの試合の中で、気になること・・・私は以前、「自分の苦手なショット…

  2. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合では、「ボールの滞空時間を作り、奪い合うこと」が勝利への鍵になる

    テニスのラリーの中で、意識して欲しいのは時間の奪い合い。ここに…

  3. 戦術

    自分たちの弱みを、最小化出来てる?

    テニスの試合、その現場では割り切りも大事。対戦する相手が初め…

  4. 戦術

    みんなテニスのおけるコントロールの精度を、甘く見過ぎ

    ベテランテニス、のみなさんと試合をするようになって、感じること。…

  5. 戦術

    セオリーだけでは、脅威に成り得ない

    どこかで、試合の中ではみ出してみる。こういう意識、アクション…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「頭の良いテニス選手」に共通する5つの特徴

    テニス選手としての頭の良さ。これって、皆さんはどんなところに感…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. その他

    テニスの草トー大会ほど、残酷なものは無い
  2. ボレー

    ドライブボレーは、相手の心を打ち砕く
  3. テニス リターン

    ストローク

    バックハンドストロークが弱々しい時、後ろ足が上がってませんか?
  4. テニス 雨

    その他

    テニスの実力は凄くても、周りに人が集まらない人の特徴10パターン
  5. テニス 不器用

    メンタル

    「試合慣れしていない人」とは、いつも同じ景色しか見慣れていない人
PAGE TOP