ボレー

ネットに詰めたら、上段の構えが基本

これは、私が前衛で意識していること。

以前に男子ダブルスの試合で、経験した「ポーチに出たけど、弾かれる」という反省を活かして。

ド詰めしたら、もうラケットセットは上で良い。

なぜなら、ネットが自分を助けてくれますからね。

 

ネットに詰めたら、上段の構えが基本

 


 

1.ネットより低い位置には、来ない

ネットにしっかり詰めたら、ネットは味方。

ネットより低い位置、自分の足下にはボールは来ない。

だから、ラケットセットの位置は少し上げる、くらいで良いでしょう。

私は、グリップの位置を胸くらいまで上げる。

剣道の、上段の構えみたいな感じですね。

これで、ハイボレーでもしっかり上から抑えられる。

ポーチに出て一番まずいのは、相手のボールに弾かれる、ということ。

これを避けるには、セットの位置を高くすることが一番です。

 

2.準備が高ければ、ラケットは引けない

準備の位置が高いと、こんなメリットが。

ラケットを後ろに引く、というようなことが無くなるんです。

上のセットして、そのまま上からボレー出来ますから。

これが低い位置だと、どうしてもラケットを引いてしまうんです。

これでは、ボレーとして安定しないし、振り遅れたポーチになる。

セットの位置が高い上段の構えなら、自然とシンプルになるから便利。

すごく、ポーチも安定しますよ。

 

3.弾かれないボレー、を基本にしよう!

振り遅れて、アウトする。

これって、相手の力を受け止め切れていない、ということですから。

ミスのようで、ミスじゃない。

何度も繰り返す自分に気付いて変えないと、ずっと弾かれてばかりですよ。

私は、ボレーで打点が遅れている人は、あえてハイボレーでこの「弾く感じ」を狙います。

ハイボレーで振り遅れている、からすごく楽なんですよ。

アウトするくらい、でも勝手に触ってミスしてくれますからね。

こうなってしまったら、もうダブルスの前衛としては仕事が出来ないでしょう。

 

4.ラケットセットの位置、をポジションによって変えること

ネットに詰めたら、上段の構え。

ネットから離れている時には、通常の構えで良いでしょう。

ネットから遠い位置では足下のボレーも多いですからね。

大事なのは、自分で状況に応じて変えること。

ラケットセットの位置、を自分でしっかり意識しましょう。

ネットに詰めているのに低い位置、で待つ必要は無いですからね。

 

ポーチボレーでアウトするなら、何かを変えないと。

肘を曲げて、リラックスして高い位置で待つ。

これで、きっとハイボレーも安定するはず。

ダブルスの前衛、どんどんポーチに動ける自信が身に付くはずです。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーの基本、「手首をコックしてリラックス」の態勢を作ろう

    ボレーの基本、もうみなさん「分かってるよ・・・」と思うことかも知れませ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    身体近くのバックハンドボレーは、「逆クロス方向」に流せばOK

    ボディに近い位置でのボレー、難しいですよね。「正面のボレーは、…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットプレーでは相手の「緩急」に気を付けないといけない

    ネットプレーで大事なポイント、皆さんどの辺りでしょう?速いボー…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    低い位置でのボレー、基本通りだと打ち辛いと思う

    テニスの技術の中で、難しい技術の一つ、ローボレー。足下の低い位…

  5. ボレー

    バックボレーで前に踏み込む、ことが出来れば試合でも勝てる

    ボレーの上達に悩んでいる方の、ほとんどがこれを克服できていません。…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ローボレーをサイドスライスに変えれば、ダブルスでコートを広く使える

    もしかしたら、基本から逸脱しているかも。でも、実際に私は必要だ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「声を出してうるさい相手」ほど、黙らせれば楽に勝てる
  2. テニス ポジショニング

    シングルス

    シングルスでのネットプレー、ファーストボレーはどんなイメージ?
  3. テニス ボレー

    ボレー

    相手のスライスは、全てポーチチャンス!
  4. ストローク

    テニスの試合で、「自分よりも実力は下」と判断したら徹底したバックハンド攻めで序盤…
  5. ストローク

    バックハンドストロークが苦手な人は、「失敗しても振り切るスウィング」から練習して…
PAGE TOP